« 嵐の日 | トップページ | 贅沢な日 »

2009年10月 9日 (金)

一等賞☆

ベストテンのコトが頭にあったのでhappy01
ベストテンの本読んだりして。
以前買った「ザ・ベストテン」という本。
あっ、もちろん今日はジュリーのトコロだけしか読んでへんけどww

[沢田研二の一等賞発言]

沢田研二さんは『ザ・ベストテン』で、いろいろ話題を提供してくれた。
“一等賞”という言葉も、そのひとつだ。
第1回放送で「憎みきれないろくでなし」が6位にランクインするなど、つねにランキングしていた沢田さんだが、なかなか第1位にはなれなかった。そのことを久米さんが質問した時、沢田さんが、

「早く一等賞を取りたいですね」

と発言したのがキッカケだ。運動会ぐらいでしか耳にしない一等賞という言葉が、司会の久米さんと黒柳さんには大受けとなり、以来、沢田さんの第1位の話題になると“一等賞”という言葉が飛び出していた。

もうひとつ、沢田さんが提供してくれた話題は“折れ線グラフ”だ。一等賞への道のりを折れ線グラフで示し、登り曲線ならば「来週こそは・・・」と沢田さんが期待の言葉を述べるのだった。

本の最後のほうにベストテンランキング表というのがのっていて、ジュリーの最初の“一等賞”は番組開始から第6回目1978年2月23日「サムライ」だったんですね。
(番組開始時は、「憎みきれない・・」が1位になるという設定やったのにねcoldsweats01

そんで、1位の時のジュリーはどんなんやったやろ?とふと思って、
探したらダンディの時のがありましたわ。

1979年3月8日。

カサブランカ・ダンディは初登場いきなり5位と好調で♪
翌週4位、そしてとうとう!!
(ちなみに、翌週以降はHIDEKIのYMCAにやぶれ続け・・・><)
まあ、それはおいといてcoldsweats01

01

やっぱ1番上ちゅうのがエエわshine

ミナサマの祝福の中、ジュリー登場!!




ジュリーもトクベツな日とあって、いつものとちゃって、正真正銘“ハンフリー・ボガード風”

02
て:おめでとうございます!

じ:おかげさまで。一等賞でございますが
(半ばフンコー気味でごじゃりますw)

ホンマかどうか分かりませんが、この日のためにとっておいた衣装やそうで。。

03

恒例になってた(であろう)折れ線グラフも今日はやっぱり特別バージョンsun

今までのと、直近の1位になれんかったweep「LOVE抱きしめたい」のひと山があり、急な小山がもう一つ

04


ワ~イワ~イhappy01





05
思いっきり関西弁で
しい( ̄▽ ̄)V
(れにアクセントね~)


と、同時にくすだまが割れshine

オメデトーございます!!と感激の渦といきたいところじゃが

しかし、さすがジュリー、冷静に時間がないことが分かっていて、すぐ歌のほうに話をふりsweat01

そんで、ここからがスゴイアイデアやな~って思ったんやけど
↑のジュリーの目の前のはしごが重要アイテムでやして、
なんとジュリーがそのはしごをつかむと、はしごをつなげたプロペラ機でそのまま歌う場へ連れていってくれるという!!
前奏の間の時間を見事に計算されたGOODな演出やねgood
  06_2


衣装だけやなく、この時はボトルは持ってなくて、代わりにタバコを取り出して煙をプハ~~ッと、お酒がわりにはいとりました。

最近の歌番組は全然観れへんよーになったから、断言はできへんけど、
昔はこういう“粋”な演出が視聴者の目を釘付けにして楽しませてたんだな~と。
改めてエエ時代やったんやね。ワタクシ小さすぎて覚えてないけどweep

|

« 嵐の日 | トップページ | 贅沢な日 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐の日 | トップページ | 贅沢な日 »