« わが心の旅(2) | トップページ | わが心の旅(4) »

2009年7月27日 (月)

わが心の旅(3)

  パリ・セーヌ川にかかるいくつもの橋。
中でも沢田さんは暮れなずむ頃のアレクサンドルⅢ世橋が気に入っています。
川面の夕日に日が沈むとライトアップされる橋。沢田さんは夜を待ちます。

入った入った!点いた点いた!

011先にあっちの街灯が点いて、あっちの橋がポッと点いて、「さあ来るぞ来るぞ!」って言ったらきましたね~


また一つ、セーヌ川の思い出ができました。

沢田さんはセーヌ川の下流、北フランスのルーアンに向かう列車に乗り込みました。
沢田さんはこの10年、歌手として活動しながら役者として舞台にも挑戦しています。5年前、沢田さん主演のミュージカルがルーアンの国際芸術祭に招待されました。
列車はセーヌ川に沿って走ります。

ノルマンディ地方の古都・ルーアン。街の中を河口まであと100キロメートルと迫ったセーヌ川が流れています。

012あー川だあとか思って、「あれ何川ですか?」って聞いたらセーヌ川です。ラ・セーヌ!こんな所まで伸びている。・・・・でっかいんだよねえ。



海外公演で訪れたこのルーアンで、沢田さんはパリの街以外に流れるセーヌ川を初めて知りました。

公演を行ったルーアン・オペラ劇場もセーヌ川沿いにあります。
5年ぶりに劇場を訪ねました。

入り口、アーティストの。

013当時の公演スタッフが出迎えてくれました。
絵本・100万回生きたネコを原作にしたミュージカル・DORAで、沢田さんは主役のスーパーキャットを演じました。
演出はフランスのフィリップ・ドゥクフレさん。1992年のアルベールビル冬季オリンピックの開会式で注目を集めた演出家です。

(当時の楽屋に通されるジュリー)
ここでした。
そうそうそう


当時沢田さんが楽屋にした部屋です。

そうです。ここです。
ここねシャワーが変わってるんですよ(笑)

(シャワー室を開けて)
そのままですね。

ここだけ。シャワーとトイレが付いてるの。ほかは全部そこがトイレだから。
一応ね、看板役者としてここだった。

(ステージに通されるジュリー)
014

うわあ・・・そう。
セットがないとすごい広いなあ。

この舞台は、沢田さんが役者として初めて海外公演をした場所です。
沢田さんが驚いたのは、今まで経験したことのない観客のストレートな反応でした。

(当時を思い出しながらステップを踏むジュリー)

この舞台では踊りに初挑戦しました。
演出家であり振付師でもあるドゥクフレさんは、沢田さんに厳しく踊りの稽古をつけました。

015ドゥクフレさんは得意な分野は踊りだから、絶対に踊らされるぞと。
案の定、踊らされましたね。でも、普通ね日本人の演出家の人だったら踊らせないんだよね。
見劣りするから(笑)
現地の人を相手にやるっていうのは、ああ、こういう反応の仕方ってあったよね~っていうことを知ることだけでも自信になるのかな。こういうことが。

劇場ってほんとこの人がいない始まる前がいいよな~
終わった後もなんだか・・こう人息霧がのぼっていて祭りの後って感じがするけど。

016ぼく~が マリ~と ああ~ったのは・・・

思わず口をついて出てきたのは、デビュー曲「僕のマリー」でした。

5年前、ルーアンでも沢田さんはホテルと劇場の往復だけでした。
公演の木立を抜けたところにある日当たりのいい広場。
この日は心地よい陽射しを求めてやってくるお年寄りの姿が目立ちました。

010まあ自分にとっても若い人たちを見てるのは自分の過去を思い起こすことなんだけれども。「若いっていいんだよね~」みたいな。「ねえ若人よ」っていう感じなんだけど。
じいさんやばあさんを見ていると、自分の未来があるんだよ。どういう具合になるかわかんないけれど、まあ(目の前を通る老女を見ながら)ああいうふうになるんだね。
レコードが売れなくなって・・・うーんまあ言うならば男の盛りを過ぎてしまえば窓際かな~
でも僕らは引退がないからね。ツブシきかないし。
50過ぎてね、業界の人間が期待しているとは思わないね。まそりゃテレビ出だしたりしててもそうだけど、僕は過去に頑張った人ということでしか見 てもらってないというのがよく分かるね。この年になったら自分で自分のことに期待するしかないんだね。まだなんか自分も知らない面があるだろうって本人は思ってるんだけど。
だから僕らは自分で自分の居場所っていうのを見つけていかないといけない。

009ルーアンを発つ日、沢田さんは街はずれの高台に登りました。ここからはセーヌ川が一望できます。源流から河口まで何度も蛇行を繰り返しながら776キロメートルにわたって流れるセーヌ川。



沢田さんはどこか心引かれるこの川を源流にまでさかのぼって旅を締めくくりたいと思いました。008

|

« わが心の旅(2) | トップページ | わが心の旅(4) »

Julie」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
この番組は、サワカイ様のインフォメーションの * TV * 欄に書かれてあったので、楽しみに待って 観ました(^^)v
それから…先ほど、サワカイ様から、茶色の封筒が届きました! shineCDshineの申し込み用紙と shineDVDshineのお知らせ。私どちらもサワカイ様で購入したんだけど(^^)またまた送ってくださいまして(^^;)申し訳ないような‥嬉しいような‥。と言いながら、ありがたくいただいちゃいます☆

ちょっと話題が変わります。。
今発売中の 「婦人○論」 (ランちゃんが表紙)に、…家族から笑顔をもらいつつ、前向きに…というランちゃんさんの記事があります。 ☆プレジャー・プレジャー☆ な、お話です(^-^)
チェイサー♪の舞台からず〜っと宴堂さん、あずきさんのブログを読ませて貰ってるんだけど‥ランちゃんも同じ匂いがしますcatステキ☆

投稿: cherry | 2009年7月27日 (月) 14時12分

茶色い封筒・・・ワタクシはてっきり「もう春団治の申し込みかいな!」って思っちゃいましたよ~coldsweats01きっと松竹はんもジュリー人気で早く席の配分をしときたいでしょーから。
それと同時に、「エライ羽振りがよーなったよな・・・」と思ったのはワタクシだけでしょーか。ガッポガッポdollar

投稿: Nasia | 2009年7月27日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが心の旅(2) | トップページ | わが心の旅(4) »