« 当たりもハズレも | トップページ | 愛情のちがい? »

2009年5月15日 (金)

今日の雑感

田舎にも無事インフォが届きました☆

プレプレCDは

6月5日より一斉発売。

聴こうと思えばね聴けるんですよねライブ前に。
発売日、ライブ初日に買いに行ってどっかで♪とりこんで(笑)
ただ、これじゃあジュリーが望まないと思うんやねcoldsweats01
いつも言われとるビビットな反応すよ。
こーいう経験も、なかなかできへんやろうし。
ワタシだけやなく、ほとんどの人がおはつやから、スゴイことになるんちゃう?

ジブンもどーいう反応する生き物んやか、検証しときたいし?

どんな曲が飛び出すかわからんし~
そん中で新曲がまざっておるからな。

一回で覚えられんワタクシにとってはとっても難易度が高いよーなshock

でもとっても楽しみやったりして。。ウフheart04
(どっちやねん!)

とりあえず、サワカイで一枚頼んどいて、当日山野さんに行けるよーであれば店頭で買ったらエエよね♪
おっ、二枚。
貢献しまっさ!

追加公演は。あっこれまた大阪は一泊二日できるよーにワタクシにとっては平日のウレシイ構成(^^)
しかも千秋楽ちゃうの?
昔は大阪で千秋楽というのもあったんよね?
最近は大宮とか渋谷でやったから、大阪で二日間だなんてジュリーも目を向けてくれてうれしいワイ。
ほいでも
カレンダーよお見ると翌日から9月版ゴールデンウイークやね(+_+)
ま、まあ「千秋楽でんねん。すまんのう」とみんなに言うていきまっさ。
てか、その前にチケットとれるんやろーか(ーー;)とりあえずふりこんでまいりやす。

やっぱね。いろいろと楽しみ(それこそPleasure)をもたらしてくれて、ホンマ感謝しとりますよ。
ジュリーイベントなかったら、ホンマ荒れ野をフラフラ歩いとるだけやったかもしれんもん。

昨日はBSであったよーやけれど、テレビでみようと思えば見れたけど録画できるような配線技術がなく、あきらめえ・・・
というとるうちに、家から祖父が亡くなったと電話があって、スケジュール考えとったらいつの間にか寝てしまっていたし><
祖父は入院していたけれど数時間前までフツーに人と会話して誰もいない間にぽっくりと亡くなられたそーな。
多分松雄さんと同じくらいの年齢やったから、長生きしてほしかったんやけどね。
先日のキヨシローさんはもんすごく悔しかったけど、
ここまでいったら大往生だから。
当たり前のコトだろうけど、こーも人によっておなじ「死」でも違うんだよな。受け止め方が。

|

« 当たりもハズレも | トップページ | 愛情のちがい? »

Julie」カテゴリの記事

コメント

御爺様…大往生だったんですね。
私は職業柄お見送りすることが多いんですけれど、大往生は90過ぎればほぼ100%のような気がします。
ぽっくりと逝きたかったら90まで健康で生きようね!

投稿: まめっち | 2009年5月15日 (金) 14時29分

ヘンな話かもしれませんが。人間として生まれたら、「ぽっくり」が理想ですよね。
普段は遠めに見るばかりで、久しぶりのお葬式ですけれど、ちゃんと現実に向きあってこようと思います。

投稿: Nasia | 2009年5月15日 (金) 16時50分

若い者を送る葬儀は悲しみにくれますが、天寿を全うしたものの葬儀は宴会になります。

投稿: まめっち | 2009年5月15日 (金) 21時26分

☆『死』の受け止め方が人それぞれに違うように、
『悲しみ』は外からもわからないと思います。
『天寿』(と他人からみたら)でも
悲しみにくれてる人が居るかもしれません。
どんなお葬式でも『悼む』心で参列したいものですね。
ジュリーは、それをとても大切にしてますよね。
だから?日頃ド○でも(><)!人として信じられるし
そんなジュリーだからこそ、私は好きなんだと思います。

投稿: 零子 | 2009年5月16日 (土) 09時55分

まめっちさん

先ほど帰ってきました。
宴会まではいきませんでしたが、父母含めおじさんおばさん方は気丈にふるまっておられ、無事に送り出すことができました。自分の心では悲しみより「おつかれさま。ありがとう。みんなきてるよ。よかったね。」というなんだか晴れ晴れとした気持ちになりました。

零子さん

ジュリーのド○は根っからのものではないですよね。ジュリーの何気ない言葉や行動から、彼は誠実で真面目な人なんだということがわかりますし。
みんなそうですけれど、亡くなられた人の分だけ、精一杯生きないといけませんね。がんばらねば!

投稿: Nasia | 2009年5月16日 (土) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たりもハズレも | トップページ | 愛情のちがい? »