« 後悔せんよーに | トップページ | わかりやすく »

2009年3月 8日 (日)

舞台モード

まだまだきめ今の余韻が残っているというか、残したいんやけど、時間は待ってくれまへん。
加瀬さんはちょうど、あの「ジュリ~~ッ」って言うシーンをアップしてくださってたね。
はりゃ、なんとまあ。
内田夫妻のたくらみやったとは( ̄ー+ ̄)
見事キメてやりましたね!
って、わたしゃ生で観とらんけど(笑)
これからも楽しみにしてまっさ!

ピンクチラシ(しつこい)ばっか眺めていても仕方ないから、
(振込み先は決めたのさ)
今度はもう1ヵ月きってしまったチェーサーモードにせなあきまへん!
多分来週くらいに来るんかな・・
ワタクシは職業柄、金、土、日はムズイので、自動的に月、火で申し込んどるけど。
ホンマ2回は観んと、頭に入ってこんのよ~~><

最初は「へぇ?神戸が舞台で関西弁??ナハwww」なんて思ったけど、
考えてみると、そんな不自然やないことに気がつきました。
ていうのも、
学生時代、夜中によく勉強しながらKISS-FM(神戸中心のFM局ね)聴いとって、
1時間ほど、バーのマスターと入ってくる客との繰り広げられる人生模様っていうのか、
ジャズが上陸したトコロでもあって、そういう音楽を流しながら物語が進展していくという番組があったなあと。
まっ、その時のマスターは標準語やったけどね^^;

初めて会って、錦糸町の稽古場の近くで飲み会をやったときから言ってくれてた構想がようやく実現するんです。僕の歌の一曲をもとに芝居にする、それもちっちゃい小屋でやるのがいいんだって。

阿久悠さん作詞の「探偵」という昔の歌なんだけど、聴いた時にビビッときたらしい。「これは芝居になる」って。時代は昭和で、僕が探偵になるんです。ろくでもないやつでね。大都会の片隅のしょぼくれたところで、一人でその気になってる“自称探偵”(笑)。

『悲劇喜劇』より。

さてさて、どんなお芝居になるんでしょうねshine

|

« 後悔せんよーに | トップページ | わかりやすく »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後悔せんよーに | トップページ | わかりやすく »