« ウマイといわれた曲 | トップページ | 熱中時代 »

2008年11月 6日 (木)

ご褒美に♪

「世界はボクらを待っている」を流しながら、トッポの寝ているシーンを待ちながらお届けしております(笑)

この頃のジュリーはホント忙しかったそうで、
1日2回を年間120本。

ボクの喉は元々強かったけれど、この頃に鍛えたんだろーなー

JULIEⅢというのがあるけど、これはアルバムではなくて、日生劇場で初めてやったリサイタルを収録したもの。
調べましたら、71年の12月18日~20日にやっておられました。
ちょうど越路吹雪さんのリサイタルの合間、夜にやらしてもらったという、今では考えられない綱渡りな^^;

初めて一人でやって、終わったときにはものすごく腰が痛かったそーです。
こんな一人でやるってことは大変なことだと思って。

だからイヤだって言ったでしょ!><(やる前に言っとったんかいcoldsweats01

「許されない愛」もヒットして地方のお客様も増えて、そのご褒美♪ということで、
『JULIEⅣ 今 僕は倖せです』を作らせてもらった。

何から何まで全部ジュリーが作って。
お遊びでございます、と。よくこんなことをさせてもらったな~

趣味に走った(笑)アルバムということで、地味なジュリーが溢れとります(笑)

いろんな人との出会いがなかったら、「派手なジュリー」と言われるようなことはありえなかったという。そういう派手なコトも、人に言われるままに、アイデアを出してくれた人に負けまい、と対抗心を燃やしてspa頑張った。だけど、「好きにやりなさい」と言われるとこういうものしか作れないという^^; 今は違いますけどね。今はだいぶ変わってきましたけど

今回のツアーの冒頭曲『不良時代』は、中学生の時から世に出るまでの、プロ野球選手にはなりたいという思いはあったけれど、自分たちの実力を思い知らされ、諦めて他に何かやりたいなりたいという夢はなく、お父さんのようにサラリーマンにもなりたくないし、音楽の道に入ったからといってスターになれるわけがない。

タイガースになるメンバーに会わなければ何にもなかったんですから。

フツーな、地味で目立たない沢田少年(本人曰く)
世に出たとき、中学、高校時代の同級生が「うそやん!」とみんなに言われた(笑)

でも、この頃って、ジュリーが自分のことどう思われているかと周囲が思う印象と若干ズレがあるような気がしますが・・・はてさて

|

« ウマイといわれた曲 | トップページ | 熱中時代 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウマイといわれた曲 | トップページ | 熱中時代 »