« 意外と恐怖なし | トップページ | あなたの笑顔 »

2008年9月30日 (火)

生きないと

話は先になりますが

やっぱ電車止めたくらいやから、
新聞載るんやろうな~
でも、「旅館の女性従業員(31)」くらいかと思ったら、

ほぼ全紙、小さく扱ってるところまで名前までちゃんと載っとりましたshockバレるがな
新聞によっては電車と車が写った写真付で・・・・・

私は詳しくは目を通しておりません。
親はしっかり保管しとりますがbearing

田舎でよかったですよ。まだね。
単線だし、影響も200人程度だったというし。
これが都会のこっちでいう快速電車やってみ。
何本も電車止まって、影響がウン千人って。
そうなると、いくら保険に入っていてもまかなってもらえなかったかも。
それに、電車に乗っていた人もケガ人が出ることもなかったですし。

悪いこともあれば、いい、というか運が良かったこともあり、こういう時でも、ちゃんとバランス良く与えられてるんだなと。

見てた人やその辺の詳しい方のお話によると、
もちろん私がよりによって電車に遭遇し、私も気がつかなかったのは運が悪いのですが、
ほんとゼロコンマウン秒の差だったと。
遅ければ私の体はバラバラになってたかもしれませんし、そこまでならなくても、しばらくは社会復帰なぞできへん、もちろんジュリーに逢うこともできなかったことでしょう。

車と同時に右に倒れた(であろう)私は右頬を5針縫い、事故後しばらくしたら右耳上にこぶができたのですが、
CTで調べたところ、そこの表皮が内出血したということで、「外傷性くも膜下出血」で、様子見で入院したという流れです。

31にして、初めて救急車に乗り、
ヘルメットのようなもので頭を固定され、あごのあたりもグッと。
首が損傷しているかもしれないから・・・
これがイチバン苦しかった。。車酔いみたいになるし。
事故をしたより、この時がイチバンしんどかったです・・・

なんかもう日がたってしまいましたね。
入院中は時間が止まっているような感覚ですから、あのときの事がつい前という感覚で。
まだ今日は警察に行って現場に行って検分するのか、調書をとるのかわかりませんが、行かないといけないし、早く仕事に復帰したいのですが、顔が半ばおいわさんのカワイイバージョン(ジブンで言うな)になっとるし、どーするかですけど。

車一台パーになってしまいましたが、
生かされたんですよね。結局。
正直、しんどい時、死にたいなと思わなかったといったら嘘になりますが、生きろということなんですよね。

そしてなんといっても、ジュリーにお礼を言いたいです。
あなたに出逢えたからこそ、こんな事があっても、冷静に、後ろ向きに最低のコトから考えても(笑)落ち込むことなく、「目の前にある現実を逃げることなく受け止めて対処していこう」と。
普段からどーこ言われているから、というわけではなくても、歌を聴いて自分なりに感じ取っていたこと。
終始落ち着いた心境でいることができましたよ。

これからもお世話にならなくちゃねhappy01

|

« 意外と恐怖なし | トップページ | あなたの笑顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

驚きました。ブログを更新されているということで、なにより、ご無事で本当によかったです。警察のことやお仕事のこともあるかと思いますが、まずは休息できる時間があること、そして、早く傷が回復されることを祈っています。前厄もこれで早々に落ちたと思うので、これからの1年よい年になると信じています!

投稿: Mai | 2008年9月30日 (火) 00時37分

Maiさん
ありがとうございます。
入院中はリラックスしすぎやろという位、爆睡しましたから、打った部分の痛み以外はピンピンしております。
大殺界に前厄・・・信じるとすると、運悪く重なっていて、悪いことが起こらない方がおかしかったかもですよね。これがおっしゃるとおり、厄が落ちたということになればよいのですが。

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 00時49分

今PC開いてびっくりしていたところです。ほんとにご無事でよかった!
おけがの方も軽傷との事・・・護られてますね。
みなさんがおっしゃっていることと同じですが、お仕事少しセーブされて疲れている時は「疲れた!」と言って休めばいいのです。仕事はなんとでも上の者がすればいいのです。そのための上司なんです。
Nasiaさんのブログ大好きです。
これからも続けてくださいね。
ドームでジュリー祭り楽しみましよう!

投稿: きらら | 2008年9月30日 (火) 01時05分

Nasiaさん!!今年はどうしたことでしょう?!大殺界?!
もうビックリしてまともにコメントが打てない…。
ジュリーも私たちジュリ友もついています。
早く元気になってください。
北西に向かってお祈りしています。

投稿: おにおこぜ | 2008年9月30日 (火) 01時19分

仕事に関する支障への心配がおありかと思いますが、御自身の身体が本当にどこも損傷がないかどうかを病院で確かめが済んで安心なさってから仕事に復帰されたほうが良いかと思います。でないと、もし痛みを無理して仕事したとして、後遺症が出てから度々病院へ通うことになった方があとあとやっかいなような気がします。ともあれお大事に。

投稿: タジリ | 2008年9月30日 (火) 08時09分

きららさん
ありがとうございます。
私の文章が悪いですね、ケガをしたのは私だけで、他の人には迷惑をおかけしたものの、ケガをされておられる人はおりませんで、それだけでもよかったと思っています。
ジュリー祭りにむけてちょっとでも気持ちをきりかえないと。ですね。

おにおこぜさん
スミマセン、ご心配おかけしました。
細木さん的には今年まで大殺界です(笑)
まだ右の上半身を打って痛いので、倉敷までには元気になっていたいです。

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 08時24分

タジリさん
ありがとうございます。
こういうことがあったなあと、私自身記録として書いておきたかったのに皆さんが読んでくださっていろいろコメントいただき、本当に感謝しています。
タジリさんの仰るとおりですね。救急に運ばれた直後レントゲンやCTをとりまして、頭以外は異常がありませんでしたので、痛みの自覚が薄まれば元のように仕事をしてもよさそうです。もちろん顔がマズいので(笑)裏方でしばらくしようと思いますが。
そういうところも今日仕事場にあいさつに行って話してこようと思っています。

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 08時29分

朝になってPCあけて もうびっくりです。
更新がないので みなさんと同様心配していました。
Nasiaさんのファンが 私とおなじ気持ちを
いっぱい書いていらっしゃるので これ以上は と思いますが とにかく今は
ゆっくり休んでください。
すべては それからだと思います。

大丈夫 ジュリーは待っていてくれますよ。
あぁ・・・今頃になって ドキドキしてきました。

投稿: 恵 | 2008年9月30日 (火) 08時40分

>顔が半ばおいわさんのカワイイバージョン
しばらくは傷も目立つでしょうが、その位で済んで良かったです。

なぜ、遮断機も警報機も付いてない踏み切りをそのままにしておくのでしょうね?
その二つがあれば多くの事故が防げるのは周知の事実なのに…

「生かされている」本当にそうですね。
私がジュリーに戻ってこれたのも死んでいたかもしれない病気をしたからなんです。
このタイミングでジュリーに再会できるチャンスを与えられたのは運命だったと思ってるんですよ。coldsweats01

投稿: maccya9 | 2008年9月30日 (火) 08時47分

なにをどう、書いていいのやら?読んでいて私の方が、ドキドキ致しました。何はともあれ、大事に至らずに、こうしてブログ拝見できて、とりあえず、ホッとしております。運を使っただなんて、そんなこと絶対ありません。使えば使うほど、きっと強くなっていきます。だってジュリーと、ジュリーファンは、護られてるんですもの。そして相互で護りあって、強くたくましく、なってきたんだもの、
 でも無理だけはしないで、下さいね。
傷は日にち薬、ですから。とりあえずお見舞いまで
とっ散らかった文章で、ごめんなさい。

投稿: maron | 2008年9月30日 (火) 13時05分

恵さん
驚かせてしまいスミマセンです。。
ジュリーは・・・とびきりの笑顔で待っていてくれました!
今は表現したくてもPC上でしか表現できないのがツラかったりします(苦笑)

maccya9さん
そのようなきっかけで・・・
やっぱりジュリーは特別な方ですね。
こうしてみんなを救ってくださってシアワセにしてくれて。
あっ、本人は自覚があまりおありでないかもしれませんが(笑)

maronさん
ご心配おかけしました。
きっと私だけでないと思います。ジュリーに「護られてるな」と感じているのは。だから、日々感謝できるんですよね。
私もまた鍛えさせてもらいました。まだまだこれからだけど。

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 17時12分

今PC開いて驚きました!正直更新なんかしてる場合じゃないのでは?
でも本当に命あってのものだねですから。帰って来ることができて良かった!!
本当に良かったですね。
もう運十年も前の話になりますが、母が交通事故にあったことを思い出しました。
表からはわからない損傷もあり、回復まで数年もかかりました。
Nasiaさんはまだお若いですから回復は早いかもしれませんが、決して無理をしないでくださいね。
本当にジュリーが護ってくれたのかも…
くれぐれもお大事に。

投稿: きき | 2008年10月 3日 (金) 02時45分

ありがとうございます。
私はまだ両親が健在なので、代わりにいろいろしてくれているので助かっています。
(だからこうして更新もできてますし)
事後処理も、後遺症も時間をかけて向き合わないといけないですね。
少なくともショックとか精神的ダメージは少ないので無理をしない程度でがんばっていけそうです。

投稿: Nasia | 2008年10月 3日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と恐怖なし | トップページ | あなたの笑顔 »