« 事故の瞬間 | トップページ | 生きないと »

2008年9月29日 (月)

意外と恐怖なし

こーいう状況に陥った人って、それぞれどーなんでしょうね?
つまり気がついたらありえん状況になった直後というのは・・・
まさか自分がいきなりこーなるとは思ってませんでしたが。

私の場合恐怖とか、そんなんじゃなく、
目を覚ますと、体は車内で車はつぶれてはおらず、
でもとーぜんガラスは割れとるは壊れているわけで・・・
ありえん状況に?????となったあと、
とりあえず外に出ないといけない。

なんですが、
今振り返って、
やっぱ私ヘンやねと思ったのが。

とりあえず、もったいない?からエンジンをPにし
髪が落武者のようになっとったから(笑)
あの場で何を思ったのか、見た目をまず気にしたというか、
落ちてるゴムや髪留めをひろい

髪を整えとりました(+_+)

その後、なぜか車のキーが気になって探そうとしとるジブン・・・><アホや

それから必死になって?いや意外と落ち着いとるジブン?
手に血がついたので、どこかから出血しとるなと気づき、
四肢は怪我はしてなさそうで、動くようだし、
脱出しないと。

上のドア(つまり運転手席のドアね)を開こうとしたけれど開かず、
かけつけたどこからかきたおっちゃんがそばにおって、「後ろが空いていると」

それで外に出た私が目にしたものは

止まっとる電車。
(ウワ~~電車止めてしもた・・・)

横倒しになって原型はとどめているものの、使用不可能になっとった私の車

横が国道なので、どうぶつかったのか石がごろごろ飛び散っとるし・・・

それで、本当に申し訳ないのが
迎えに行ったおばちゃん。

私なんて、直前まで気がつかなかったから、怖かったでしょ?と言われても
ウソやなく、全然なんですが、
あの光景を全て目にしておられるわけですから、
泣き崩れておられまして・・・
大変な心の傷を負わせてしまったと。

今でもそれだけですね。
まだ私が無事だっただけでも。

|

« 事故の瞬間 | トップページ | 生きないと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ビックリしました。  
目撃してしまったおばちゃんのことはモチロン大変だけど。 なにより貴方の命が大事!
仕事だの周りのことなんて、どんなに大変だってナントカなります。ナントカしてもらえます。
余計なお世話だと思うけど。これを機会に、頑張りすぎる生活を見直して、(人に何と言われても)自分第一で考えてみてもいいんじゃない?
とにかく。。。。たった3日で退院できたなんて。。。。ホントに奇跡だわ。

Julieもね、横浜でも仰ってました。「自分がここまで続けてこれたのは奇跡だ」って。 ←関係ないか(笑)

私はブログを通してだけのお付き合いだけど。ここを読んでる、た~くさんの人達も、元気を分けてくれると思いますよ。
無理せず、ゆっくり元気になって。いつものNasiaさんに戻ってくださいな。元気になるためにお手伝いできることがあれば何でも言って下さいね。メールでもコメントでも。 オバチャンもがんばるから(笑)

投稿: しろねこ | 2008年9月29日 (月) 21時54分

驚きましたよ
無事でよかったー
こんなこといってもしょうがないかもしれないけれど
あなたの代わりはいるけどあなたは一人しかいないんだよ
あまり突っ走るのはやめときなさい!

投稿: むぎ | 2008年9月29日 (月) 21時58分

更新がないので心配しておりました。
ご無事で本当によかったです。

julieも言っています。
皆さんもどうか無事でいてくださいって。

本当にお大事になさってくださいね。

投稿: anpu | 2008年9月29日 (月) 22時08分

マジで勘弁して~Nasiaさんっっ!!
いま見て息が止まりましたよ~。
しろねこさんの仰るとおり、頑張りすぎです。
ジュリーが27日にくれぐれも皆さん
体を大事にしてくださいって、
感情をこめて本当に心配してくれたんですよ。
くれぐれもゆっくり休んで、体調に気を配ってください。
少しでも痛いところがあったらすぐ病院ですよっ!!
本当にそこんとこ宜しくお願いします。
東京ドームにNasiaさんが来れますように。

投稿: のんきち | 2008年9月29日 (月) 22時26分

良かった~!
あんなに更新がないんだもの、病気か事故じゃないかと思っていました。
本当に、そんな状態で、軽症で済むなんて、奇跡としか言いようがありません。
頑張ってるあなたを、神様が護って下さったんですね。
側で目撃した方の気持ちを思うと、本当に大事にならなくて良かったと。
やっぱり疲労が溜まると、注意力が散漫になります。
もっとゆとりが持てるように、上にお願いするべきです。
とにかく無理をしないで、更新もぼちぼちね。
なにはともあれ、お帰りなさい。
淋しかったよ。

投稿: choco-j | 2008年9月29日 (月) 22時56分

びっくりしました。よくぞご無事で!
私もついこないだ、警報音に気づかず踏切に進入してしまい(一時停止はした)
遮断機にフロントを叩かれてびっくりしたことがありました
それだけでもめちゃめちゃ怖かったです

でも生きてたらミスは取り返せますね。
きっとNasiaさんは今後の人生で事故は起こさないと思いますよ

しかし、事故った後まずエンジンを止めた、って…
私といっしょ(^^ゞ(踏切進入とは別件)
みんなそうなのかなあ

投稿: メイ | 2008年9月29日 (月) 23時30分

Nasiaさん
本当にビックリ仰天いたしました!!
更新がないのは超多忙なため?と思ってはいたものの、それでも気になって今日あたりメールしてみようと思っていたところでした。
あ〜〜文字通り九死に一生、『生きてたらシアワセ』ってこの事かしら? 県民ホールで『奇跡』という言葉を出したジュリーに『護られている I love you』だったのね。(おふざけしてる訳ではないのですが…)
軽く済んで本当に良かったです!
でも、引き続きお大事に〜気をつけてくださいね☆

投稿: ミュウ | 2008年9月29日 (月) 23時48分

読んでいる私の方がゾッとしました。
でも本当に本当によかったです。
Nasiaさんを護ってくれた「何か」に感謝します。
もう、あんまり無理はしないで下さい。

投稿: maccya9 | 2008年9月30日 (火) 00時03分

本当に、本当に大変でしたね。
でも、しっかりされてるので安心しました。
ゆっくり、心も体も治して下さいね。

私も事故(正面衝突)に合った時の自分の意識や行動が、今もって不思議です。
でも、Nasiaさんみたいに冷静な判断はできなかったわ。生きていて良かった、と気づいた時
(車は大破・・目撃した人からは信じられない?自分でも後でウソだと思うくらい?の軽症で済みましたが)
何故か無性に悲しくなって!大泣しましたもの

これから未だ大変だと思いますが、*奇跡*の軽症ですもの!
*運*は、いっぱいNasiaさんに味方してます。元気を出して下さいね。
ジュリーファンみんなで応援してますから!

投稿: 零子 | 2008年9月30日 (火) 00時08分

しろねこさん
いつもいつもご心配おかけして申し訳ありません。横浜Lに水をさしてしまいましたね。
そうですね、すぐとはいかなくても、私の今の勤務地でやっていこうと思う目的は、それぞれが人間らしい勤務時間で勤務できること、それを創り上げるまでは・・・という部分もありまして(苦笑)でないと、本当にお客様に笑顔で接客できませんもの。
私もあまり頑張りすぎずに、できたらいいですけどね。

むぎさん
手厳しい御言葉。まさにそのとおりです。ありがたいです。
10月はとりあえず暇な時期ですから、この間に一部の人間だけがしんどい思いをする。という体制を改めていかないと、と思っています。

anpuさん
ジュリーの御言葉ですもの。守らないとバチがあたりますよね。

のんきちさん
ありがとうね。無理をしない状態で復帰して、ドームには是非元気な状態で行きたいものです。じゃないと、長時間体が持ちませんものね(笑)

choco-jさん
ただいまです。
ご心配おかけいたしました。
体は元気ですが、なんせ即入院でしたし、携帯はなぜか旅館の事務所にあるし?更新もなんもできなかったんですよ。
救われたということ、無駄にしてはいけないな、と思いました。

メイさん
おっしゃるとおり、生きてたらミスは取り返せますよね。
ジュリーの「生きてたらシアワセ」という御言葉が胸にしみます。スゴイな。

ミュウさん
ご心配おかけしました。
ジュリーの御言葉を皆さんから聞いて、改めてしみじみとしています。
私にとってもですけれど、皆さんにとっても。
ジュリーを慕っておられる方々はみんな護られてますよ☆ネッ!

maccya9さん
はい。無理をしないように、頑張ります。
ジュリーに怒られますから(笑)

零子さん
ありがとうございます。
同じような体験をされたんですね!
でも軽症ですまれて、今も元気に生きておられて。貴重ですよね。
本当、ジュリーのファンでいて良かったですよね!

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 00時42分

本当に恐ろしい体験をなさっていたのですね。ご無事で(怪我はなさいましたが)生還なさったことは何よりでした。多くの方々コメントを書き込まれているのを拝見するにつけ、Nasiaさんのブログひいては御本人の存在の大きさを思います。なにごとも命あっての賜物です。
忙殺されすぎないよう、真面目なご性格と推察されますが、会社や周囲への気配りは十分すぎるほどと感じますので、どうぞ御自身の体調管理についても御大切になさって下さい。助かって本当によかったです。

投稿: タジリ | 2008年9月30日 (火) 07時56分

はじめまして。
いつもブログを読ませていただきながらNasiaさんが心身ともに臨界点ギリギリのところにいらっしゃるようで、気になっていました。
書くことでかろうじてバランスを取っていらっしゃる状態じゃないかな、とか。

更新がないのでどうされたのかと思いました。
事故でしたか…。
まずはお命に別状なく、よかったです。
でもまだ後遺症などに要注意な時期ですから、どうぞご無理のないようにと思います。

>事故の瞬間
>最後の記憶
列車が右横に迫ったところでぷっつりとぎれていると。
そうなんですよね;;;
自分の左横に大きなバイクが迫ってきたところでぷつんと記憶が途切れています。
意識がないうちに病院で応急措置をされているときに口走った内容は、あとから人づてに聞いて「そう言えばそんなこと言ってたっけ?」みたいな感じで。

>気がついたらありえん状況になった直後
そうそう(笑)←笑い事じゃないんですけどね。

>意外と恐怖なし
助かるかどうかわからない段階だっていうのに、恐怖感はなくて。
ベッドに固定されて「痛いんだけど、どこが?なんで???」みたいな。

>あの光景を全て目にして
ね。。。。
わたしの時はお友達が目の前で見ちゃったんです。
警察に呼ばれて色々聞かれたのもお友達のほうで。
今で言う、PTSDになってしまって(-_-;)

Nasiaさん、きっとものすごーく“運”の強いお方です。
呉々も予後を大事になさって、ブログ更新も無理なさらずに。
あ、でも!!
Nasiaさんのページ、楽しみにはしているんです^^
頑張らないで、ね。

投稿: T | 2008年9月30日 (火) 11時43分

Tさん
おっしゃるとおり、書くことでバランスを保っていました。でも、ご心配されているより、本人はこの事故でも分かるとおり、おっちょこちょいでボーッとしとりますので(笑)そんなに深刻な心境ではなかったですよ。
Tさんも同じような体験をされたんですね。
周囲の方々には迷惑をかけてしまいましたが、お互い無事でジュリーのファンでい続けることができてよかったですよね!

普段周囲に語れるファンもおりませんので、また相変わらずやっていければと思います。
つたない文章ですが、よろしくです。

投稿: Nasia | 2008年9月30日 (火) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事故の瞬間 | トップページ | 生きないと »