« 離れられない | トップページ | わが町に »

2008年7月 9日 (水)

煮詰まった挙句

フェスまであと一週間・・・・長いのう。

よしっ!

offの日でも精力的に行動されるジュリーに感化されまして、ワタクシ。

早朝4時半に出発して京都にイってまいりました(笑)


本当はね、25日に行きたかったんですよ。渋公に行けない代わりにせめて京都へはと。
でも、夜中じゅうフンコーしすぎて、疲れて行くのはあきらめまして^^;
なので、フェスまで動く予定はなかったのですが、ジュリーにはカナイマセヌ。。アウッ

車中ではモチロン、今度のLIVEの曲順をつめこんだCDで。歌いながら♪
おっ、意外と覚えとるじゃん!

かつてバイトしていたトコロでモーニングをとり、
お気に入りの地♪京都 大原 三千院~♪ですわ。

やっぱこーいうトコロに行くには開門すぐの時間に限ります。
時間たつと、観光客が多くなりまっしゃろ。
そうなると、風情もなんも半減しますわな。

三千院行く前に、トコトコ突き進み、奥の宝泉院へ。
ここは、額縁庭園として、京都でも人気のスポットでもあります。
ワタクシ行くのは三回目。

案の定、だ~れもおりませんでした(笑)080709


なので、こんな風情ある景色もひとり占めッ!
あっ、朝早いので、庭をはいているおっちゃんはおりましたが。

↑なんかポスターにしたい感じでしょ。(額縁部分も入れたらよかったなと後悔しておりますが)

ここでボーっと20分くらいおりました。
恋に疲れた・・・ではなく、煮詰まった女が1人(ーー;)

やっぱり来てよかったっす。

ちょうど朝雨が降って、大原についた頃は小雨になって降ってるか降ってないかだったんですね。
だから、緑が活き活きとしているんです。
緑のトンネルをくぐったり、苔の絨毯で癒されたり。。

贅沢な時間を過ごすというのはこういうことを言うのだなと。
ジュリーのことも含め、いろいろ考えとりました。
ワタクシ自身もいちおーちっちゃな転機を迎えようとしとりますから。

それと、この地に行きたかったのは、
ジュリーの今年の活動が無事に成功しますように、って
祈りたかったから。

三千院の“阿弥陀三尊像”に祈りを捧げて。
私にできることといえば、神様仏様頼みじゃないけれど、これぐらいしかないなあ。なんて普段から思っていましたから。

なんか胸につっかえていたものが取れたような気がいたしました。

そして、私事になりますが、帰る前に京都会館に寄りまして、
「京都のLIVE行けますよ~に」
とココロの中で祈ってまいりました(笑)
だって、8月23日といったら土曜日で、普通休むってまず無理ですもん。

実際に会館まで行くと、ゼッタイ行きたいって思っちゃったね。
どうなるかわかりませんが。やるだけのことはやりましたよ。

ポスターは多分張り出されてなかったな。
ちょうど掲示板のところに人がたくさん座っていたから、近くまで見にいけなかったんですが。
遠めで見て、ジュリーらしきポスターがなかったからね。

そんなわけで。
元々、金がっ・・・!ということでシブッとったこともあるので、
行くべきところに行きまして、
ソッコー帰りましたdash
なので、京都にいる時間よりも、運転している時間のほうが長かったという(^_^;)

でも、スッキリした、良き日でした。
感化されるって、ホントにイイことですね!

そう思ったら、
ジュリーが新潟や君津でもんスゴイ饒舌になっておられたのは、きっと落語にハマりはじめられたゆえだと思いますよ。

ワイも落語家さんになりたいheart04
と思われたかどーか分かりませんが。
明らかに感化されとるでしょう。ありゃ(笑)

そのテンション、フェスまで持たせてね!
爆笑プラス感動の(とりあえずの)フィナーレにしたいから。

|

« 離れられない | トップページ | わが町に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいなーっ!京都、大原どすか。額縁庭園…素敵、吉永さゆりが登場しそうな雰囲気。
日常から離れて深呼吸できる場所と時間は貴重ですね。
車でジュリー聞きながらというのもうらやましい。 私、悩んでましたが…やはりWドーム参加決めました!
遠征は初なので今からドキドキしています。

投稿: くろもん | 2008年7月 9日 (水) 22時05分

参加決心オメデトーございますっ!
ジュリーにとっても一世一代ですけれど、私たちファンにとっても、こんなデカイイベントはないかも。。。ですから、行ける可能性があれば、強気にならないと(笑)

やっぱ、行ってよかったどすえ!
ジュリーにはいろいろ感化され、そのたんびに人生の勉強もさせてもろうてますhappy01

投稿: Nasia | 2008年7月 9日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離れられない | トップページ | わが町に »