« 名曲に出逢う | トップページ | 帳尻あわせ »

2008年6月20日 (金)

すべてはこの夜に

なんとなくタイトルにしてみました。
さっき聴いたところやったから。

またまた夜警でやんすmoon3

休みのときに思いッキリ寝すぎたせいか、目が冴えとります。

ようつべでいろんな時代のジュリーを観とったら、泣けてきました。

ちょうど、身近でジュリーを拝観できてから1年ということもあったんですけどね。

もうっっ、どれもOKなんですよ
体型なんて関係ないの(笑)

こりゃ生理的に好きとしか言いようがないっすわvirgo

贅沢ですが、どの歌もLIVEでうたってほしい。なんて。
無理なのは分かっているけどね。

ワタクシもジュリー暦1年ちょいで、いちおーいろいろ曲を聴かせてもらって、シングルA面の曲以外もたくさん知ることが出来たけど。

そんな中からお気に入りセレクトして集めてみると、やっぱ自分の好みちゅーのが見えてくるんですね。
今日のタイトルにした『すべてはこの夜に』、最新曲だと『やわらかな後悔』 
メジャーなものだと『許されない愛』からはじまり、『勝手にしやがれ』や、あっ、『十年ロマンス』『色つき』もだなあ。。ちょっとマニアック?だと『晴れた日』もエエなあと限りございませぬが。

つまり、アップテンポのちょっと暗めのメロディが好きなんやという。
選んでて改めて思った次第でして(笑)

そいでまた、タイトルの曲の話に戻るんやけど、
『すべてはこの夜に』
佐野さんの作詞・作曲ですね。
ジュリーの歌にしては珍しく、途中がメチャ早口なんですね。
それでただ早口だけではなく、けっこうキーが高いし。
ムンズカしい曲ですね~

「糸車」で観ることができましたが、
ジュリーガンバってるんだけど・・・
ちょっとキビシいかなcoldsweats01当時はね。
今はパワーアップしとるさかいわからんよtyphoon

それで、もお少し調べてみると、
同じ歌を吉川サンがうたわれておられるんですよね~
ジュリーが「佐野クンが書いてくれました~」って言っておられるから、
ジュリーの方が先に歌ったんだと思うけど。
どーいう経緯で吉川サンの手にも・・・だったんでしょ。

どちらも聴くことができましたが、やっぱりジュリーでしょ。

歌唱力というより、単なる声が好きか嫌いかということですけどねcoldsweats01

そーいう私もこの曲が入っている「ノンポリシー」はまだ聴いておりませぬけど・・・
ちょうど頼んで来たところなので、また休みになったら聴こおと。

BDまであと5日!

|

« 名曲に出逢う | トップページ | 帳尻あわせ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

『すべてはこの夜に』…吉川晃司がデビュー前の養成期間に、歌唱練習曲として与えられ,唄っていたそうです。
勉強のために佐野元春のステージを観にいく体験をさせてもらったり…。

ナベプロのスタッフから,ね。

投稿: 鉛筆 | 2009年5月 4日 (月) 02時41分

佐野元春の手より『すべてはこの夜に』が沢田研二のために が作られ渡されたのは1980〜81年の時期である。
当時、佐野は「この曲は、タイガース時代のジュリ―の歌いかたの特徴をレコードを聴いて研究して、つくったので、ぜひこの曲もレコードにしてほしい」 という意味の発言をしていた。
そして他の提供作品に遅れて、アルバム『NON POLICY』でレコード化された。

尚、吉川晃司が佐野元春のコンサートを観て触発されたのは,吉川氏がナベプロに関わる以前のアマチュア時代だとの説も在るので、投稿者の前コメント末尾文とどちらが真実かは、定かではありません。

投稿: 鉛筆 | 2009年5月 4日 (月) 07時52分

貴重なお話ありがとうございます。
また何かエピソードがございましたら、どしどしお書き込みくださいませ♪

投稿: Nasia | 2009年5月 5日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名曲に出逢う | トップページ | 帳尻あわせ »