« 楽しかった時間 | トップページ | ほお~~っ »

2008年6月 9日 (月)

『我が窮状』に想う

シングルの『我が窮状』

タローさんのCDと共に我が家(ちゅーか我が部屋)に来てくれた黄ちゅいか、実はしばらく熟すまで寝かしとりました・・・いえいえ(笑)、本当に「聴きたい」と思う時まで置いていました。アルバムも方からじっくり♪なので、聴いたのはつい最近。

最初聴いたとき、早稲田の混声合唱団バージョンというのは知っておりましたが、

「こ~んなにジュリーの御声と合うなんて!!」

と、想像以上の壮大さに驚いてしまいました。
特に夜のシーンとした中で、聴くと心が洗われるようですね。

そして、昨日のあの事件を知り、暗い気持ちになったのですが、その時頭の中に浮かんだのがこの曲というわけで。。

彼はきっと「麗しの国、ニッポンに生まれたという誇り」はなかったろう
彼はきっと「英霊の涙にかえて授かった宝だという意識」はなかったろう

いや、元はあったとしても、生きていく環境の中で消え去ったのかもしれない。

そして、「許し合い、信じ合え」れなかったんだろうなと、
これはちょうどカニシーズンの忙しい最中、従業員同士、人間関係にトラブルがあって、私がその頃いつも思っていたこと。
少し違うけど「許し合い、認め合おうよ」って。
それが、トラブルの解決の手段だと思っていた。
だから、ジュリーが実際にこのように歌にしてくれたのを聴いて、ドキッとしたし同じように考えておられるのが嬉しかった。

彼の肩を持つ気は毛頭ないけれど、きっと人を信じられなくなったんだろうね。
じゃないと、普通の精神状態であんなことはできるもんじゃない。

一方で、倒れている人を懸命に救命しようとされている多くの人々。
こんな時代になってしまった。。。といって嘆いてしまいがちだが、まだまだ捨てたものじゃない。

我が窮状、守りきれたら、残す未来輝くよ

音楽は世の中たくさん氾濫しているけど、
『人の為になる歌』というのがどれだけあるのか。
今こそ彼の歌を。
と想う。

|

« 楽しかった時間 | トップページ | ほお~~っ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
初トークショーレポ、お疲れ様でした。
久しぶりにのぞいたら、怒濤のレポにびっくり!(笑)
全部読まさせてもらって、すっかり参加した気になっております。
私は、第一回目に参加したのみです。
一回目は福岡でもあったんですよねぇ。
どうですか?
無理して行って良かったでしょう?
益々、ジュリーが好きになったでしょう。(笑)
黄スイカはまだ開けてません。(パッケージが割れてて、気を削がれたというか)
でも、素晴らしいハーモニーを聴いてみたくなりました。
開けてみようかな。

投稿: choco-j | 2008年6月 9日 (月) 23時43分

ああっ、そんなコトが。。
ジュリーのきちょーなちゅいかになんてことを!ですよね(怒)

版面が傷ついているならともかく、パッケージだと返品するのもめんどくさいですしね(-_-;)
やっぱり出す時はちゅーいしてほしいものです。
でも、めげずに是非聴いてください!

自分も合唱団の一員に加わりたいッて思いますよ。
ホンマ、反戦を願う曲として取り上げてほしい。もったいないです。。

投稿: Nasia | 2008年6月10日 (火) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しかった時間 | トップページ | ほお~~っ »