« 甘いたわむれ | トップページ | 1ヵ月後に思いを »

2008年5月 2日 (金)

続けるために

ワタクシ一応大阪組やから(笑)
あくまで聞いた情報のみやけど。

エーッ、ジュリー・・・そうやったんや。
という内容だったみたいですね。

そんなん、前夜祭や先日の神戸でもほとんど感じなかったことだもの。

珍しくスポーツネタがなかったようで。
ファンのミナサマの期待どおりの内容だったかも。

大阪はあと1ヵ月後ですね。
いつもは強気の中でも弱気で、「6000円かあ、(仕事で)行けなくても仕方ないか・・・」

と諦めますが。

さすが24000円も払ってねえgawk
強気じゃないと、シャレなんないからね。

午前中は、連休突入前の最後のちょっと休みだったので、
ようつべで、ジュリーの「・・・の偶像」を。
まだ全部見てないですが、
こんな貴重なものを・・・ありがとうございます。

080501ジュリーがね。
まあこの頃すでに、テレビの特に歌番組からはすでに遠ざかりつつあったけど、
なんでテレビに出ない(出て歌われない)のか。はっきりと述べておられたんですよね。

総じて先に述べれば、すべては
「長く続けるため」
の手段であるということ。

テレビに出なくなったのではない、テレビに必要とされなくなった。
出続けたいがために、おいしく効果的に出るのは、犯罪に近い。そんなことをやっていたら絶対にしっぺ返しがくる。

観たい人だけ、観にくればいい。

そしてきっぱりと。
テレビで観たいという人は、ボクの望んでいるファンではないと。

テレビに出るとよくも悪くもいろんな人々からいろんなことを言われる。
続けたいために模索しているんだと。


人に快感を与える。
ひとりの力ではやってきてないということ。

つまりこうですわね。
ワタクシどもファン(スミマセン、当時はジュリーの存在さえも・・・だったとんでもねえジブンですが><)が、次はどーなるんやろ。こーやろ、あーやろ。とライブ前からすでに盛り上がって、ジュリーが出てきて「キャーッ!ジュリーッ!!」と絶好調♪になって。

そういったみんなの期待の“気”を感じとったジュリーが自らのオーラを存分に発揮させ、そこのみんなにすんごいカイカン!を与えるわけなんですね。


このような考え方はこのときから20年近くたった今でもそう。
ライブで言っておられたもんね。

個人的には、「んでもね、ジュリー」って言いたいこともあるけれど、
こういう仕事に対する信念を曲げずにずっと持っておられるところが、とってもステキだなと。

特にこんな芸能界なんて、いろんな私利私欲働く世界やん(想像)
ジュリーだって、稼ごうと思えば、いくらでも手段はある。
でも、自分の決めた道を、後悔しないように純粋に歩いていきたいんだよね。

|

« 甘いたわむれ | トップページ | 1ヵ月後に思いを »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甘いたわむれ | トップページ | 1ヵ月後に思いを »