« ぼんち@新神戸オリエンタル劇場① | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場③ »

2008年4月26日 (土)

ぼんち@新神戸オリエンタル劇場②

んでまあ、こんなステキな方々に囲まれて、
ジュリーのコトね♪

ワタクシの席からはお顔のこまごましたモンはうまーく修正されてましたが(笑)
んでも、やっぱアップも観たいんで、双眼鏡でたまーにチラーッと  アアッ~
んで、2回ほど目線がこちらに向いてるっちゅう感触も味わいましたし。
(エエもんね。どうせ勘違いだろーけどフンッ)

今「生きシア」DVD観ながらだけど、この時よりは○フはとれとりましたpouch

東京組の方が書いておられたように、横顔がシュッとしてたしい。
んで、同じく書いておられたように○○○はポンポコリンjapanesetea

んなもんで、前半はシリアスなトコロはあんまりなかったせいか、
ホントジュリーがカワユクてカワユクて(笑)
何もオモロイことしてなくても、存在自体がカワユイ。
今風でいう「萌え」とりましたwww
やっぱ好きやわ~

後半はアノシーンあり、ジュリーの演技力をまのあたりにしたシーンもあり。
見所満載でした。
見とるとね、半ば忘れかけていた昨年の春さん思い出しましたよ。
大阪のオトコはん演じている。こーいう感じやったなあと。

この役はこの人でないとアカンと言われるのは、
すんごく役者冥利に尽きることだと思うんですよね。
ジュリーのすんごいトコロは、歌手というシーンにおいても、トップスターで輝かれた。
そして、役者という面でも、「大阪のオトコはん」を演じたらこの人!っていう定石を築かれた。
しかも、片意地張って必死になってじゃなくサラッとね。

ああ~感慨が・・・

いつもならフンコーで文章がオモロヘンになるんですけど(笑)
見てていろいろ考えちゃってね。
ちょっと堅苦しいなあ(スマソ)
きっと、ジュリーならそんな深く考えんでもエエよって言われるかもしれへんけど、なんか考えたいのね。
どーした?

さっ、気を取り直して
(今までのはなんだったんや!)

カーテンコールは
ジュリーのハアトheart01も見れたし、いつもやっておられたのかな。
コンサートの最後のように左右真ん中と、出演者全員お辞儀されて。
んで、アンコールはね、
ワタクシ諦めかけて拍手せんかったけど(オイッ)
ススーッと幕があがってやってくださいました。
声は聞こえなかったけど、きっとありがとうございましたと言っておられたハズ。
両手フリフリも少しやったけどやってくれて。
神戸はどーでしたか?(あっ、まだ過去やないね)

そんじゃ、思い出すままに印象シーンをっ
(半ば個人的な記憶用や)

もうっ、いのイチバンってったら、
やっぱ気を揉んでたアノシ~ンやね。

もふ、ちゃう(←ホンマ、打ち間違えた)、モウッあんな風にムギューッとされたイッ!!
DVD画像とは違い、笑顔で後ろから幾子はんをlovelyじゃが。

「好きやで~」

アアッ、思い出すだけで、またドキドキしてきおったっ・・・

ほんでもって、トドめは。その直前の例の会話シーンですわ。
ホンモノ食べとるんか、双眼鏡でちゅーもくしとりましたが(笑)
パクパク・・・パクパク ご飯だけやけど。

もうっ、なんてカワユイ~~オモロイ~~
思わず笑いが噴き出すのを必死にこらえとったところにですよあ~た
いきなり喜久ぼんが
「好きや」っていうセリフなんやけど、食べながらのせいだったからやろね

「ちゅきや」って

ウオオオ~~~(爆死)

その後もパクパク・・・
あっ、少量ずつよ。
会場からは失笑(よーわかっとる)

んで、すぐあとのムギュまで少し間をおいとったから、ジュリーも風のうわさを耳にしたんかもしれんね。(悪口は聞こえるよーだから)

しんばらく萌えさせといてくれえhappy02

|

« ぼんち@新神戸オリエンタル劇場① | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場③ »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼんち@新神戸オリエンタル劇場① | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場③ »