« 満喫・・・予定 | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場② »

2008年4月25日 (金)

ぼんち@新神戸オリエンタル劇場①

オオーッ!意外と近いんでないかい!?ほぼ8割くらい女性だわさ…
ドキドキ

前半ずいぶん笑わせてもらったよ〜。ジュリーがカ・ワ・ユ・イ!アノシーンは後半?

ただいま帰ってまいりやした。
やっぱり疲れましたよおcoldsweats02

ただ、地図もロクに見ないアバウトなワタクシの性格のゆえ、
帰り道を大幅に間違えた
プラス
トロ~イトラックが帰り場所直前まで前におった(約40k)
ということで、おそらく1時間は浪費しているであろー、燃料費と時間><

ま、いいや。

ジュリーを拝観できたんだから!

頭があんまり回ってないのですが・・・
思い出した順から書いていこうと。。

スマソ

新神戸オリエンタル劇場は、近くまでは行ったことがあったんですが、中に入ったのは初めてでして、写真で観るよりこじんまりしているのに、驚きましたわ。まずは。
想像するにサザンシアターより、若干広いなあくらいなんじゃないでしょーか?
だから、ワタクシ、前から9列目だったんですが、思うたより舞台が近い感じがして、そんでいて、幕が開くと全体も見渡せる。割といいお席だったです。

総評としてね。
あくまでも、ワタクシの意見なので、参考にすることはないですけど(苦笑)

原作読まなくても終わってみたら楽しかったと思う舞台だったんじゃないでしょーか。

最後はジュリーのシリアスな語りと歌で終わるのかと思いきや、
みんな出てきて「五代目はん~♪」歌われるし。
そんな中で、出演者が何人か一歩前に出て礼されるという、カーテンコールっていうんですか。もありますし。

うん、でも確かに、あらすじパンフもなく原作も読まず、だと、一回観ただけでは、呑み込めないっていう問題はあるかなあ。特に人物紹介はしていないから。
♪劇ゆえか、「ゾクゾクww色っぽいシーン」っていうのも少なかったから、(原作はけっこーあった)
そーいう面では消化不良??(←あとで効果が出てくるかもよ)

あ、手厳しいコト言っちゃったみたいですけど、あくまでも人それぞれ。
気にしないでくださいね(誰にいってんだか)

ワタクシはなんてったって一度きりですから、あれもこれもなんて欲張らずに観んと、バチあたるからね。

ジュリーはメインデイッシュrestaurantなので、おいといてhappy01

まずは前菜の(コースにせんでもええ)

共演者のミナサマのコトね。

ブログとか読ませてもらって、こっちも勝手に親しみを持たせてもろうとるんですが、
いやあ、想像以上に(失礼)
ミナサマステキshineでした!

特にセリフにつまられたなあとか、ハプニングもなく(←それを期待しとったんかい!)
劇場の規模が違うのに一日で、段取りまとめられるのは、さすがプロですよね。
どなたが、どんな役で出ておられたのか大体わかったのですが、
ワタクシ印象に残ったのが、
君香さんとお時さん。
あとはミナサンコミカルな感じも出しておられるのですが(笑)
このお二人は設定上、(踊られるシーン以外は)ピシッという空気が流れていて、とってもいいなあと。

一応、着物着て仕事しているということもあって、こういうピシッとしている演技を見ていると身が引き締まるような思いなんですね。

土田さんはもう・・・さすがっていう感じです。
こういう大ベテランさんがおられると、舞台もピシッと引き締まります。

ジュリーからすでにたくさん教えていただいているコトってあるんですけど、舞台観てね、改めて

テレビ出ている人たちだけが全てじゃない。名前知られなくてもステキな人達はたくさんいる。

と実感したわけ。

土居さんがブログに、「沢田さんが集めるメンバーはステキな方たちばかり」と書いておられたが本当にそのとおりで。
ジュリーはホント、ステキな魅力を持った人達を普段からよーく見ておられるんだなと。
この鑑識眼は昔からね。
彼の秀でた才能だと思います。

続きはまたあとで。

|

« 満喫・・・予定 | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場② »

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満喫・・・予定 | トップページ | ぼんち@新神戸オリエンタル劇場② »