« ストイックに | トップページ | ココロの支え »

2008年3月15日 (土)

ひと夏の経験

ここ二日、もう雪は降らんなあという陽気。
もう降らないとなると、ホント今年は降らんかったという印象。
だって長靴はかないとアカン!と思ったのが2回だけだったもの。

さて、
ショーケン本が発売されるけれど、もう少し早く発売されていたら京都の本屋さんで立ち読みできたのになあと。(買う気はないcoldsweats01
ジュリーの項もあるそーだが、現在の交流はおそらくないとしても、悪くは書いてないだろーと想像。

日比谷の映像だっけ?二人仲良く地下鉄乗ったり酒飲んでたりしてたもんね。

最近、タイガースの『A-LIVE』と同時期に買ったのがPYGモノでして、ベスト版と、田園コロシアムでの『FREE with PYG』

1年をかけて、コレでジュリーの全時代をかいつまんで聴いたことになるぞ。
自分の中でいろいろまとめていくのはこれからの膨大な作業となるけれど。あくまでも頭の中で。本当は時間があれば、非公開のmy Julie's page を作りたいくらいだ。

買うまでそもそも『田園コロシアム』ってどこにあるんや?と知らなかったのですが、今はテニスコートになっているそうですが、世田谷の田園調布にあったのね!と。これは意外だった。
そこで主にスポーツですかね。特に格闘技系の。
今の街のイメージとは違うような施設があったわけで。

それで、その『田園コロシアム』で、昭和46年の夏(お盆開けの8月16日)にライブをされたわけですね。

ジュリーも毎年のようにライブをやっておられるけれど、PYGとしては、おそらくこれが最後の野外ライブになってしまったわけで。残念だよね。
救いとしてこうやって音源もちゃんと残っているし、ジュリーにとってもいまだに思い出に残っているステージに違いないとと思う。

購入してビックリ。

“前夜祭”で歌われた「to love somebody」「I put spell on you」が入っているじゃないの!と。

特に「I put」は洋楽を歌われた中で、一番衝撃を受けた曲だから、ドキドキしながら聴いた。

ちょっとケダルイ雰囲気の中でのジュリーの魂が伝わってくるよう。。
録音のせいか、いささかボリュームダウンに聴こえたけれど、ワタクシもあの時のことを思い出しながら聴いたよ。

改めて思うに。

なんて贅沢なんだ!と。

40年近い時を越えて、おんなじように衝撃を受けながら聴けるというのは。

ジュリーが歌い続けてくれる限り、贅沢な時間が続くのね。note

|

« ストイックに | トップページ | ココロの支え »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストイックに | トップページ | ココロの支え »