« ウラヤマシイ事 | トップページ | あと一息の合間に »

2008年3月10日 (月)

ジュリびいき

アルバム
「告白~CONFEAAION~」

イメージがね。
全く違った。このアルバム(苦笑)
タイトルがタイトルだけに、どんだけ重いんや!
と想像してたの。

むしろ明るい。
全体的にアップテンポ。

CO-COLOサウンドって、メンバーサマのお顔からして、
気難しいイメージがあったのだけど。
誤解しておりましたわさ(>_<)

むしろ心地よい。
ジュリーの透明感ある声とマッチしてんの。

全体的な印象として。
いい表現をしようとするのはムズカシイけれど一言でいうと
「笑い飛ばしている」
カンジかな?

必死に隠しとおしてエヘヘ。。と作り笑いしているんじゃなくて、
もうそんなことどうでもええやん!オレは一歩先行っとるよ。と
遠目で世間をあざ笑っている感じ?

常に人より一歩先を歩いてきたジュリーだもんね。
この当時ももちろん、今だって。

一番耳慣れている『STEPPEN' STONES』が間に入り、
“ワイルドボア”で歌われた『護り給え』でシメられている。


アルバムの中で特にこの曲聴きたかったのよ♪
この歌は、今のジュリーの声の方がイイね。
荘厳な感じがあって。本来はこういうイメージだと思うから。
ジュリーもワイルドボアで選曲のとき、もしかしたら、あの時はちょっと軽めな感じだったなあ・・・なんて思っておられたかも(笑)きっと当時の音源を聴きながら選曲されるだろうから。

時間(とき)を経て、もっともっと深く歌える曲たくさんあるよ。
と証明してくれた一曲ですね。

あーなんかアルバム聴きながらこうやっておりますと“ジュリーゆりかご”に揺られているようで眠たくなってきたっ!!!

イカンイカン。今日の準備や。

今日は、ちょっと逃避行~~dash

|

« ウラヤマシイ事 | トップページ | あと一息の合間に »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウラヤマシイ事 | トップページ | あと一息の合間に »