« スゴイ付録 | トップページ | 最低ライン »

2008年2月24日 (日)

研二&慶子

パッケージ見た段階ではよーわかりませんわね。
どんな映画か。

「災難は、歌って踊ってやり過ごせ!」って。。

現実はそーはいかんのよtyphoon

そーはいかんのよってわかってても、割り切って、こういう考え方もアリだなあと。ごまかしながらでも思ってしまいます。
いいじゃん、虚構の世界なんだからnote

とにかくイの一番に目についちゃうのがKata001_2

「研二&慶子」さんですわねheart01

慶子さんは「愛の水中花」バリ(いや、その当時を明らかに意識されたお衣装)
ジュリーは、本人曰く中条きよし風に

きっとこんな映画だし、ジュリーも出てるし、ストーリーとは関係なく歌を作って売り出したいって思ったんでしょうね。

しっかし、なぜか昭和30年代を髣髴とさせる「ムード歌謡」
歌詞はひどく現実的というアンバランスさ。

もちろん、ジュリーにとってもこういう歌を吹き込むのは初めてだったようで。
(かといって、実際にこういう歌はジュリー個人として発表してほしくないな)

劇中では夫婦のお二人。
一旦埋めた死体を「埋めなおさないと」という話をしている時に(爆)、慶子さんの「ミナサンもご一緒に」という呼びかけとともにいきなりはじまってしまう・・・・
オイオイッcoldsweats01てな

さっきも書いたように、ムード調なんだけど、歌詞が現実的なものだから、個人的にはちょっとなあ。。
流れとしては悪くないけど、もっと歌詞を川内先生バリに「男と女の真実の愛」的なもので、映画の中の現実と幻想との落差をつけられたほうがよかったのではと思ったり。

慶子さんは、お色気ムンムン出しながら歌っておりますが。
ジュリーはきよしやりながら なんぜか

復員兵sweat02

もやっとります Kata002

慶子さんまで巻き込んでおります(爆)

二人が築き上げていく原点から~という表現をしたかったのでしょうが、そこまでさかのぼらんでもいいんじゃないすか(笑)

このアイデアは三池さんじゃなく、あらまあジュリーでして
彼の頭の中で「ここは復員兵だろ」とイメージが浮かんだんですかねえ。。

あと、ヒデとロザンナのヒデのように「ハモり」たかったそうです。
そしてそのフリがあの壁塗り~~
慶子さんのソロサビ部分でいきなり復員兵ジュリー登場して
「ア~アアア~~」(爆)
てなわけで、こうやって字面ならべるとかなりメチャな映像やん!と

ところがどっこい。
不自然じゃない??eye
(カッコイイまではいかんけど)

オソルベキジュリーマジックspade

|

« スゴイ付録 | トップページ | 最低ライン »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スゴイ付録 | トップページ | 最低ライン »