« あと一日 | トップページ | カタクリ家の招待 »

2008年2月21日 (木)

健康であること

時間に囚われずに寝てやっと生き返りました。。。

忙しさもあったのでしょうが、多分ダラダラと動かざるを得ない状況が続いて、座っている時間がほとんどない十数時間×一週間だったせいもあるかとsweat02

ああ、これでやっとジュリーを正視できます(苦笑)

でも忙しいしんどい、って、落ち着いて考えて見ると贅沢なことなんですよね。
動きたくても動けない人々がたくさんおられる中。
風邪も見事にひいてないんだからhappy02
健康であることはありがたいと。

でも、もちろん休むことも大切。(よく分かっているけどムズカシイ現在)
私自身もちょうど2年前、がむしゃらにカニシーズンやっていて、シーズン終わったちょうど4月1日に倒れたもので、
なんかね、ジュリーの謹慎時の気持ちがわかるような気がするんですよね。
このまま休んでしまって、復帰した時に、元のように仕事できるんやろかと。

ま、私はお気楽な性格なので、何も考えんとボーッとしようとすぐに切り替えましたけどcoldsweats01
ホント、仕事のことはほとんど考えなくて、復帰直前に考え出したというか。。

ジュリーの場合1ヵ月でしたし、アノ頃の風潮として「休んだらアカン」というものがあったでしょうから、完全に頭をスッカラカンにしてというところまではいかなかったような気がしますね。テレビを見ることで気を紛らわしておられたとか。

ちょっと世間から離れてひとりっきりになってみると、ふと思いついたりするもの。

テレビを客観的に見ることで、今までくだらんと思っていたが、そんなコト関係なくどういう具合に楽しむかということがみんなにとって大切なんじゃないかと。

それで、「面白がってやってもイイじゃない路線」に転換されるわけなんですよね。
そして同時に事件起こして休んでしまったことで、これ以上ないほどの恥はかいたわけだし、仕事の上での恥なんて大したことないって思えるようになり、結果的に、この期間を境にして、テレビで見るジュリーは違ってきたわけですよね。
ステージ上ではすでにやっておられたけど、化粧されたりイヤリングつけたり・・・

毎日なんだかんだといいながらあくせくしているけれど、いいように取らないといけませんね。別にテレビに出てどうこうするわけではないけれど、
ジュリーが奮起しなおして頑張られた結果の77年の末にはとってもステキなご褒美を頂いたわけだし。
きっと今こうしてやっていることが報われる日もくるのではと。
(ひょっとして前夜祭で前払いされた??)

ハハハ、でも何より健康が一番です。
その有り難味が分かる現在。

|

« あと一日 | トップページ | カタクリ家の招待 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと一日 | トップページ | カタクリ家の招待 »