« 無口のハズが | トップページ | keep on running »

2008年2月 2日 (土)

La Seinu

またまたようつべネタになりますが。。
短い間ですが、何もかも初めて見るのでオオッ!という新鮮な驚き。
(未見の方は「セーヌより愛をこめて」でくぐられてください)
02年にジュリーはBSの企画でフランスに行かれてました。
そこで、『忘却の天才』のアルバムの中の「我が心のラ・セーヌ」を作られたわけです。
いやー、これは濃いっすね!何もかもが

・詞を考えて思いをめぐらすジュリー

・おもむろにギターを取り出し、作曲をしだすジュリー

・歌詞を書き出すジュリー
(あの独特な字体も、昔と変わってないのね)

そして
ギターを弾きながら歌う!ジュリー

ワアッ。。。こんなん見たことないし、もう見ることもできないだろうという貴重な映像ですね!
あれだけ弾ければ、人前でバッチリできると思うのですが(苦笑)
その“人前で弾く”というのがイヤらしいのです。この方(-_-;)
ジュリーにとって自分でギターを弾くというのは、作曲をするためという、限定があるようです。
ここでは、「セーヌ川を題材に曲を作ってください」。という企画の流れから、特別公開(※正倉院レベル)になったんでしょーね。

それでここでちょっぴりエピソードがあるんですけど、
おフランスで作って弾きながら歌っているこの曲の冒頭を聴いてみると???
アルバムに収録されている同曲と微妙に音階が違う。
収録時、かその前あたりに、お馴染みの白井さんが、昔の名曲「夜来香(イエライシャン)」の出だしと一緒じゃないかと気づかれて、「盗作や」と言われたらかなわんから(笑)、お直しをして、今のこの曲にされたそうです(笑)元々のほうがよかったのに・・・って

なので、聞き比べますと
「誰が知るだろう あのせせらぎたち~(元は「あの大きな河」と歌われて)」と太字部分の音を変えておりました。ということは、この映像を持っている方々、とっても貴重すよ!ええなあ(-_-)

|

« 無口のハズが | トップページ | keep on running »

Julie」カテゴリの記事

コメント

うふふっ。
その番組、キッチリ録画して持ってます!(って、自慢してどーする・・・・)
ステージで見るJulieとは別人でしたね。
それにしても、あのギターの大きさと形は不思議な感じじゃなかった?

投稿: しろねこ | 2008年2月 2日 (土) 23時34分

確かにステージのジュリーとは別人ですが、カッコいいですよね。このジュリー!
MCでは「ジジイ」なんて言っておられますが(汗)、普段はきっとステキなオジサマだなという雰囲気なんじゃないでしょうか(ウン、そこがいいんだなあ)

ジュリーはギターは作曲用にあったらええんや程度だそうなので、ああいう大きさなのではと。楽器って、いろいろ種類がありますもんね。

投稿: Nasia | 2008年2月 3日 (日) 05時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無口のハズが | トップページ | keep on running »