« 飲み屋コント | トップページ | どん底だあ »

2008年2月 9日 (土)

24時間

どんな人でも、一日に与えられている時間は『24時間』
今、私はこれをとても“短い。足らん”と思ってしまう。

仕事拘束時間:一日約16時間(着物着たり、小休憩あるけど、なんだかんだとやってるし) 
寝る時間ひいた私事時間:約4、5時間

仕事拘束時間が長いせい・・・いや、違うこれは言い訳。
きっと、『時間に潔し』としていないせいだろう。

つまりまだ一人前の“オトナ”になりきれてないってワケだthink

でも、こんなんでもまだまだ「私事時間」はすべて自分のために与えられる分、シアワセなのかもしれない。ジュリーの歌や映像を毎日欠かさず観ることができるんだもの。

世間では家事も含めると、寝る時間以外全部仕事です!という人々も数多くおられることだろう。
だから、「これだけあるんだ!自由な時間が」と思うようにしなくちゃあと。

ジュリーはさすがオトナ!時間に対して非常に潔いようで

J:僕は24時間で短いとも長いとも思わないし、しょうがないことにくよくよしたり、もしこうだったらっていうのは好きじゃない。だから与えられた中で、適当に、・・・・だから無理に詰め込んで何かをやるより、自分でどうにかしようと思わないのがいいんだろうと思うんです。努力はするけれど出来なかった時は次の日に回すと(笑)。で、気持ちは、今日また残してしまった、という後悔をしない。これでいいの。しょうがないっしょ、っていうことで付き合ってるとしんどくないのかな。
(「プリンツ21」より)

「しょうがないっしょ」っていう、割り切り方がイイですね。

ここで大事なのは“努力する”という姿勢が前提にあること。

何もせずヌーボーと過ごしていては、上のような言葉は生まれないわけで、生きてても面白くないもんね。
ジュリーも仕事に関しては、人知れず努力。おやりになってきたんだろうと。

そして、こんつめてやらないといけない時でも時間は限りがあるのだから、ピシッと線をひいてみる。後悔なんてしない。とりあえず寝るとかね。

それに
しんどくないようにする→精神の安定
これ大事やね(笑)

なんでもかんでもやってしまおうとする。真面目になりすぎると、精神が持たない。人と笑顔で接することができなくなるしね。

ジュリーはおそらく今までものすごく努力してこられたんだと思うけど、そういう部分が見えないのは、自分というものを冷静に捉えて、「ここまでやってはかえってダメになるだろう」と、限界値を見抜いておられたんでしょうね。

私も頑張った上での、潔い取捨選択。心がけてみよう。

※今回の文章も、途中で眠くなって、よしっとパタッと寝た後に再構成いたしましたよ。あしからずhappy01

|

« 飲み屋コント | トップページ | どん底だあ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲み屋コント | トップページ | どん底だあ »