« 告白 | トップページ | Newアルバム »

2008年1月19日 (土)

Rockerであれ

近年まれにみる(おそらく)スペシャルな正月コンサート“前夜祭”もいよいよ今日と明日で最後。 録画取りがないというのが、ほんと悔やまれますね。洋楽がネックなんだろーけど、そんなコトクリアにしてやってほしい・・・なんてワガママを言いたくなりますが(苦笑)

私も遠くからではございますが、とりあえず今日17:00~ですね、祈らせてもらいます。ジュリーが無事に歌うことができますようにって(^^♪

それで今日はちょっと今回にも関係があるのですが、時々取り上げている「スゴイ流れ」のコト。
今まで集めたジュリーのインタビューを読み返していて、「ああ、そうなんだあ」と思った文章があったので。

繰り返してしまうかもしれないけれど、以前98年の正月コンサート“RSF”のラスト2曲『愛まで待てない』→『LOVE(抱きしめたい)』の流れを見て大変驚いたわけです。「スゴすぎる・・・」って。
普通ならアップテンポノリノリでシメたいでしょ。みんな盛り上がった(果てた)という気持ちで終わりたいでしょう。

でも、ジュリーはそうさせない。
バラードを“あえて”後に持っていくことで、彼の世界に入り込み、迷い込み、堕ちていく・・・

終わってみると、逆に『LOVE』のほうが、生きて脳裏に残っているという・・・
彼にしかできないワザ(だと確信してる)

そして、今回の“前夜祭”ですよ。
私はなんとLIVEでこのワザを魅せつけられたわけ!
私の中では2回ありましたね。(あの席にいた分)
『ラジカル ヒストリー』→『来タルベキ素敵』(MC前)
『あなたに今夜はワインをふりかけ』→『You are so beautiful to me』(「ふろく」ラスト)

いやぁ・・・ヤラれましたもの。「これなんだ」って。

そのインタビューはそれこそちょうど「来タルベキ素敵」を出された頃のもの。
―――『耒タルベキ素敵』を聴かせていただいて思ったんですけど、やっぱり沢田さんには、バラードよりもロックが似合う(笑)。

「でもね、歌うたいになりたい人間っていうのは、絶対バラードが歌いたいのよ。僕ももちろんそうなんだけど、僕はヨレヨレになってハーハーゼイゼイいってる極致で歌うバラードが好きなのよ。いきなり最初からバラードだと、それはバラードじゃないだろうっていう。」

―――枯れた感じが出ないっていうか・・・・。

「それを通り越して、人間の本性ムキ出しになってるっていうね。プライドも何もかなぐり捨てた状態で歌うっていうのが、美しいんじゃないかと思うんですよ。そのためにビートものを多くして、バラードを引き立たせるようにっていう、そういう作戦に出るわけなんですけどね(笑)。バラードだけ歌うと、こっちも肩こるんですけどね。」

('00 COMPOSITE9月号)

やっぱり、ジュリーの「好きなカタチ」だったんですよね。

そして、還暦を迎えようとする今でも「Rocker精神」をちゃーんと固持して、私たちに魅せつけてくれている。
ものすごくステキだし、ウレシイ♪
きっと私が言うまでもなく、彼の中に「歌い続けられる限り、根はRockerや!」という誓いがあると思う。

いつまでも突っ走ってほしい!と。

|

« 告白 | トップページ | Newアルバム »

Julie」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!先日はつたないブログにお越しいただき
誠にありがとうございます:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 
ジュリーはもう小学生の頃から愛していたのですが(笑)
先日の初めてのコンサート…ジュリー、カッコよかったです
元気なうちにジュリーを見ておかなければ(笑)と挑みましたが
まだまだ現役でしたね ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ
還暦ROCKなんて、カッコいいじゃないですか!(笑)
また遊びにきますね よろしくお願いします♪

投稿: KAREN | 2008年1月19日 (土) 11時42分

KARENさん、こちらこそご訪問いただきましてありがとうございます!

ジュリー元気だったでしょ?
一瞬当たり前のように見てしまいがちですが・・・同世代の私たちの父親が同じようなことやってみ・・・できるかちゅーねん!(爆)ですよね~~

小学生からとはっ・・・!ウラヤマしいですよぉ。私なんてつい最近ですから、ホントジュリーを意識しなかった空白の二十年ばかしを埋めたい(戻りたい)なんて思ってしまいます。
ココでは、自分の生活さておき(笑)ジュリー中心のブログにしていく意向でございますので、ジュリーに飢えたらのぞいてやってください。何か見つかるかも(笑)

投稿: Nasia | 2008年1月19日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 告白 | トップページ | Newアルバム »