« 前夜祭@フェスティバルホール1日目② | トップページ | 前夜祭@フェスティバルホール1日目④ »

2008年1月10日 (木)

前夜祭@フェスティバルホール1日目③

「つづくシアワセ」
このタイトルどおり、ワタクシも(^・^)をニコーッとさせながらユラユラ揺れておりました。
本当は双眼鏡出さんとこーって思ったんだけど、
なんかお姿見ちゃうとね、ついつい食指が伸びてしまうわけで・・・
ホント、ジュリーもシアワセそうに歌ってるでしょ。
顔もシアワセそうでしょ(いろーんな意味含め)
もうっ、カワイイ。より今回はカッコいい!
隠し撮り禁止だけど、透明人間さんが現れてパシャツと撮ってもらって(ちょっとナメで)販売して欲しいくらいだ。

「勝手にしやがれ」
後ろにあったスタンドマイクを正面に出され、
ワタクシ曲順しっとったから、いよいよだぞ!ってココロの中で準備して
前奏で場内大盛り上がり!(だったと思う)
アアッ、壁塗りが生でジュリーと共にできるなんて・・・思ってませんでしたっ!
一応予習はしたんだけど(したんかい!)
お隣さんと近いからすぐにぶつかるのよ。
コレやるなら端の席がいいよなあなんて、どうでもいいことを考えながら、
それでも一緒にやれてヨカッた!

「灰とダイヤモンド」
調べてないけど、コンサートでこの曲歌われるの久しぶりですか?
ワタクシ、未だに紅白のあの時のムチ白ジュリーが忘れられませんわ。
なんだか、因縁があるのか?
紅白と同じところで間違えちゃいましたね(苦笑)
今回は
「酒に飲まれ に飲まれ~~」
確か「愛」って聞こえたケド・・・
(だって即座でワタクシ心の中でオイッってつっこんじゃったから)

それで、この曲の時に上着を脱がれたんですよ。
その下のお衣装も、タイガース時代によく着てたんだろーなと思わせるようなもので、
フツーなら(よくたとえてしまうんやけど)
おこちゃまが着るようなパジャマのように見えちゃうんだけど、
ちゃーうの
ジュリーのもんなの(^J^)
(また言ってしもた・・・)

まあつまり、どーんな服装されたって(派手目だろーが、地味目だろーが、ジャージだろーが)
着ちゃえば自分のもんにしちゃうんですよ。それが言いたかったの(^^)

「Nowhere man」(ビートルズ)
「Ruby Tuesday」(ストーンズ)
「She loves you」(ビートルズ)
と、二大グループの曲が並びます。
きっとタイガース時代によく歌われてたんでしょーね!
今では動画サイトで全部見ることができるから、便利やわね。
ジュリーもビートルズの曲の時はちゃーんとエアーギターされておられて。
私も初めてだったけど、手拍子だけはちゃんとしちょりましたっ!

「時の過ぎゆくままに」
あのイントロが流れてきて~~
本当はここでカズさんを見んとあかんのに、ジュリーばかり見てゴメンネ~~
場内からは拍手。
これは手拍子いらずだから、ワタクシも双眼鏡でしっかりと。
阿久さんは、本当にジュリーにいい歌を残してくださいました。
当時は「耽美的」と言わしめた、ジュリーのガラスのような声にみんなウットリしたものですが、
今は今で、時代を走り抜けてきたからこそ出せる表現力で、包み込むように歌われ。
それでね、ワタクシから見るとジュリーがほぼ真正面なんですよー
フェスの客席知っている人ならわかるだろうけど。L2だからね(エヘン)
目線もちょっと斜め下くらい。
ジュリーも真正面向いて歌っておられるでしょー
だから、そう
勘違い光線いつでも浴びれます!
状態で(ウワッ)
双眼鏡向けて目が合うたびにウワッと思い
それでも目力でなんとかガン返して(オイッ)

ワタクシが今まで以上にヤられたのは、このせいでもあるわけで(モジモジ)

「ヤマトより愛をこめて」
これも前曲と同じ雰囲気のままで聴ける曲。
なので、双眼鏡ごしではあるが、アノ光線受け続け状態は変わらず・・・
本当にいいのか6000円てな。

最後の方は私もウルルンと来てこう双眼鏡がくもって・・・
いやワタクシの眼がくもってしまって・・・

ジュリーは何もなかったかのように、歌い終わられたら静かに去っていかれました。

衣装替え~~で再登場!
ミナサマのお噂どおり
似合いすぎちょりますっ!
(ちょっと恰幅よいけど。まだまだ王子様イけます!)
ここでも金色のボタンがキラキラと。
胸には金で刺繍があしらっちょりました。

確かにイメージとしては「サムライ」歌われておられた服装のイメージですね。
それで、タテノリできるあの曲
「ジャストフィット」
これはワタクシもマニアを買った当時からお気に入りの一曲でしたよ~~
空中蹴りはなかったけど、
「タップダンス踊ってたぁ~~」でちゃーんとタップ踏んでくれたし。
アノ間奏に入るまえの「アーーッ」という溜息もちゃーんとやってくれたし(涙)

それで、今更書くのもなんだけど、
ワタクシ1階席のほぼ真後ろから見てるから、1階席だけだけど、みんなの盛り上がりようがよーわかるのよ。
冷静に考えて、これが「もうすぐ還暦を迎える人のコンサートかいな?」って。
若いアーティスト並、イヤそれ以上の盛り上がりですよねwww
みんなももちろん若いけど、
メインのジュリーがそれ以上に若いんだよね。
そりゃはっきり言って、ジュリーってワタクシの父親とそー変わらん年なのよ(ジュリ兄と一緒)。
でも、ステージで熱唱していると、そんなことちっとも考えられない。考えようがないんだわ。
今まで恥ずかしながら、ロクにコンサートも行ったことがないような人間がここまでみんなと一緒に盛り上がることができるなんて、こんなシアワセをくれたなんて。本当に感謝してもしきれないんですよ(感涙)

「淋しい雨」
大阪に着いて、ホテルに荷物預けてとりあえず向かったのがタワレコ。
この曲がタイガース40thメモリアルベストに入ってるって知ったから。
仕入れて、何度か聴いて乗り込みましたわ。
邦題だけれど、歌は英語なのね。

「サムライ」
これはすごかったなーー(これ「も」だけど)
畳の上でやってほしかった!
阿久さんの歌を歌われている時に、なんだか阿久さんが乗り移っておられるのでは?と思ったのは私だけでしょうか・・・
とにかく、カッコよかったの!
カッコよすぎるの!
歌い終わった後、私の横の古参のファンの方が「ジュリーっ!カッコイイーッ!」って叫んでたもの。

これがまた、今日も見れるなんて。しっかり見なきゃ!

|

« 前夜祭@フェスティバルホール1日目② | トップページ | 前夜祭@フェスティバルホール1日目④ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前夜祭@フェスティバルホール1日目② | トップページ | 前夜祭@フェスティバルホール1日目④ »