« 君だけに愛をin紅白 | トップページ | 女神in紅白 »

2007年12月 7日 (金)

DOWNin紅白

昨日は「徹子の部屋」で阿久さんと山口さんの追悼をやっておりましたね。
阿久さんは「時過ぎ」が一番好きな歌だと。
このこと、知ってたけど、何度言われるのを聞いても嬉しくなる。

もちろん阿久さんと今のジュリーと仕事をしてもらいたかったって思うけれど、もはや叶わない以上、ジュリーにはもらった大切な宝物を歌い続けてほしい。

さて、続けてます。

ファンのミナサマにとっては一度で二度オイシかった89年の紅白。
第二部は、通常の内容に。

ジュリーはまだシングル発売前の新曲『DOWN』で出場・・・
と、思いきやすでに発売されいたアルバム『彼は眠れない』の中で歌っておられて、同タイトルのツアーも年をまたいでやっておられる最中。ファンであればとっくに知ってた歌ですね。
ちなみに、『DOWN』のシングル発売が翌年の2月というのがちょっと疑問です。
アルバム発売から4ヵ月も経っているというのに。
いわゆる
“紅白記念”のようなもの??

一部のタイガースのジュリーが「白王子様」であるならば、二部のジュリーは「黒王子様」(笑)

間わずか2時間にしてこの変身ぶりはタイシタものだわ。
バックバンドは結成して間もない
「jazz master」
カズさんやポン太さんや吉田健さんの姿もありますね♪

みーんなナナ
D1メで冠かぶってるの。

ジュリーはここでは なぜか「京都府出身」になってる。他の回は「鳥取」なんだけど。
タイガースで「鳥取出身」って表示したからだろうか(笑)

ジュリーはスタンドマイクを傾けながら歌う、ほら、ロッカーがやるスタイル。
そうよ。ここでのステージは
ロッカージュリーッ!

歌い方も「君愛」と全然ちゃいまして、ガナっている感じだけど、これって声が出てないんじゃなくて、この曲はあくまでもロック
。「声も曲調に合わせてちゃーんと変えまっさ!」と言われてるようだ。

D3ちょっとヒキで撮られると、暗黒の世界から来たヤツらが、そこらでワーイ!とワルサやっているようにも見える。
ジュリーがスタンドマイクを握っている姿は、バイキンマンが黒い鉾を握っているようにも思えるのはワタクシだけか(笑)
アンパンマンはどこだっ?!

失礼、暴走しすぎましたっ・・・

D2



とにかく、暗黒イメージであっても、王子様には変わりございません。



D4

でも、地上の空気が合わなかったのか、王子様はとうとうご乱心を起こしてしまいます。 上着を脱ぎ捨て


大事な王冠までも・・・
D5






脱ぎ捨てーたらおーいでっ!
(曲違うしっ><)

またまた何かとこ忙しい週末がやってきました・・・
こういう時はジュリーにかぎるっ!

|

« 君だけに愛をin紅白 | トップページ | 女神in紅白 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君だけに愛をin紅白 | トップページ | 女神in紅白 »