« 懐かしくなりつつ | トップページ | 船出の朝 »

2007年11月22日 (木)

器の大きな人間に

会社に提出する課題がありまして、
“あなたの将来の目標は?目指す姿は?”他・・・でして
一度書いたんですが、具体的に書いてないとダメ出しをされちゃいまして。

きっと相手は人の上に立ってバリバリ働くような視点で書いてほしいのでしょうが・・・

なんせワタクシヒネクレテおりますので、イヤイヤそうじゃないよと、本音が出るギリギリラインまでに文章を抑えさせてもらいまして、再提出ですわ(笑)

ていうか、私自身のモチベーションを知りたいためなんでしょうが、正直いうて、なんでこんなコト人に知らせな、分からせなあかんの?って言いたいですね。

好きでなかったら、同年代の女性の正道(まあ結婚して子供産んでですね)にとっくにいってるって。休み週一で早朝から晩までほぼ休みなしで働かへんて(爆)とっくに辞めちゃってますよ。

再考しているうちにふと思ったのが、たとえ社長であれ旅館であれば女将であれ、なったとしても通過点にすぎないということですね。
そんなことは通り越して、人間としてその後にどれだけ悲喜こもごも大きな心持で受け止められる器になっているかということなのではと。

今の私にとっては、目指す究極のお方=ジュリーじゃないのって。
頂点を極めたお方なのに、目線は庶民と同じ。(イヤ庶民よりまとも)
いろんな経験を通してそれが今の言葉に、歌に表現されてみんなを包み込んでくれる。


そして「生きてたらシアワセ」って思わせてくれる。

あっ、こんなこととても課題には書けませんけどね(苦笑)

きっとここまで彼にハマってしまったのは、外見よりも内面で共感できることが多かったせいかもしれません。
インタビューやラジオ番組のコメントなど、「わかるわかる!」「その感覚好きだなあ」っていうことが多々ありますもの。

人に知られなくってもいいの。

あっ、ちょうど「明日」に今のワタクシの言いたいことを表現してくれてるじゃありませんか!
うれしいなぁー

ホンネは言わない しがらみ面倒
だから愛想笑いもしない
誤解は極力 避けたいけれど
理解されるのもごめんだ

|

« 懐かしくなりつつ | トップページ | 船出の朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジュリー語録って、胸突かれるものだったり、その通りと相槌を打つ言葉であったりとその辺のタレントと違い奥深いですよね。
CD「告白」には離婚の頃のジュリーの想いが重く語られてますね。
皆が辛かったんでしょうが、ジュリーのお父上や息子さんに対する心情は、聴くたびに何か感じるものがあります。
今年のお正月コンサートでも「護り給え」歌ってましたね。

投稿: KH | 2007年11月22日 (木) 16時55分

はい。私もその「奥深さ」にハマってしまいました(苦笑)
「告白」あたりを聴くのは最後の方にしようと思ってたのですが、ブームが訪れ入手困難なCDになってしまいました><
是非是非、来年にあのあたりも含めて再販してもらいたいものです。

投稿: Nasia | 2007年11月23日 (金) 04時42分

「理解されるのもごめんだ」と言われた後になんなんですが・・・同じようなヒネクレもんとしてはちょっと手を挙げずにはいられず。
自分も世渡り下手だと言われようが、何と言われようがそういう生き方しかできないもんで。
こういう人間にはジュリーの言葉がひどく染みるのかもしれませんね。
ふと、あれほどのことを成し遂げてきたジュリーと自分を一緒にしちゃいけないか、と思うこともあるんですが、ジュリーはそうやってレベルを分けようとは考えていないよなと。これは自分にもあてはめていいんだよなと思ったりしてます。
そっか、「告白」か・・・なんだか俄然欲しくなってきました。

投稿: カッシーナ | 2007年11月24日 (土) 20時13分

あっ、カッシーナさんも同類ですね(笑)
私はカッシーナさんのようにうまく表現できないので、感覚的な捉え方しかできないんですけど、ジュリーに日々感謝の毎日を送っています。なんか人間って考え方次第ですごく楽になるんだなあと。

投稿: Nasia | 2007年11月25日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしくなりつつ | トップページ | 船出の朝 »