« 転換期 | トップページ | ワインをふりかけて »

2007年10月24日 (水)

大切な普通

昨日はお休みで、DVDデッキも直って。
TUTAYA行って、久しぶりにDVD借りたら、カードの期限が切れてた><
よく考えたら6月以来借りてなかったよーな。。
で、借りたのが
「いつか読書する日」
なんですね。ハハ・・・
裕子さんと一徳さんの共演。04年公開ですが、撮影は03年だったそう。

正直ちょっと迷っちゃいましたね。
どうしても彼の方が頭によぎりますから(笑)

でもそういう雑念は捨てて、無性に裕子さんを観たくなったんですね。女優としてステキな方だっていう印象はあるけれど、考えてみるとじっくり彼女の演技を観たことがないなあって。(あっ、「寅さん」あったけど、一応除外)

やっぱり私の期待は裏切らず。裕子さんはステキな50歳の女性を演じておられました。

生活のために朝は牛乳配達、昼はスーパーのレジ係。フツーの生活なんだけれど、人には知られたくない恋の炎を秘めている。
その恋の対象というのが、一徳さんで。幼なじみで学生時代、こっそりと付き合っていたけれど、お互いの父親と母親が一緒に自転車に乗っている時に事故に遭い死亡(この設定はどうか?と思ったけど) 二人も疎遠になり・・・約30年。

そんなお二人は、お互い引っ越すわけでもなく同じ街の下で暮らしています。
あることがきっかけで、それぞれの秘めた思いが・・・

これ以上書くとけっこうネタバレなので控えますが、今の私の感想としては、どこかしらん遠い話なんですよね。当たり前ですね。今からわかってたらヘンだ(苦笑)
でも遠目ですがこういう「大人の恋」に憧れているという部分もあって。
なんだか不思議と涙を浮かべてしまいました。

生きるというのは、何かを強く思うことだと思う。何かを強く思っていれば、その人は生きているんだと。

監督の緒方のこのお言葉に共感を覚えます。

ジュリーのファンの方々はやはりいろいろと考えちゃうかもしれませんが、個人的にはこの映画を観て、彼女のほかの作品も観たいなあと思いました。
珍しい裕子さんのインタビューです。
「へえーっ!」と思いました。
ホント飾りのない方だなあと。

|

« 転換期 | トップページ | ワインをふりかけて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

女優・田中裕子さんの貴重な記事を拝見することができ興味深かったです。ありがとうございました。
なんと申しますか、驚くべき女優魂をごく自然に「普通」と隣り合わせにあわせ持つ方ですね。たおやかな、という言葉が似合いそうな素敵な方ですね。(映画「いつか読書~」のなかにもあった)女学生のようでありながら、(だからこそ?)すごい役者さんでもあるのだなと感じました。

「いつか読書する日」私も今年になって(ビデオ)観ました。静かだけな日々の中に心にひびく時間があって(中略)、好きな作品でした。寅さん、観てみたいと思いつつ、まだ観ていないので、今日レンタル屋さんに行ってみようかな。

投稿: タジリ | 2007年10月24日 (水) 08時59分

タイトルにした「大切な普通」というのは、ジュリーの2001アルバム「新しい想い出」の一曲です。この映画を観ていて、ずーっと頭によぎっていたのがこの言葉で。
ともかくも、ジュリーからいろんな方の存在や活躍を知ることが出来、自分の知識として蓄えることができ(それを人生に生かすことまではまだまだですが・・・)ることは、本当にありがたいことです。

投稿: Nasia | 2007年10月24日 (水) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転換期 | トップページ | ワインをふりかけて »