« 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール② | トップページ | 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール④ »

2007年10月 1日 (月)

生きてたらシアワセ@フェスティバルホール③

今回は2階席ということから、双眼鏡を駆使しまして、拝見いたしました。
さすがに2階席は誰も立ち上がる人はなく・・・・
開演前ちょっと?と思ったのが両サイドの一番前から3列×3ほどがぽっかり空いていたコト。直前に誰か来るんだろうかと思っていたのですが、誰も座ってなさそうでした。
あんな1等席をあけとくなんて・・・それか主催者側の意図でしょうか。
それにフェスって、席がけっこう分かりにくい。ワタクシも座席表を頭に入れて行ったものの、いざ中に入ろうとするとどこだっけ?と躊躇してしまう。
そのせいか、開演も5分ほど遅れました。

上からのぞき見るような形なのでよーくわかるんですが、1列目と舞台ってものすごーく近くないですか?手をのばしたら、足をバッとつかめそうな近さ・・・
ヘンな話、あのお方が手前で歌われておられたら「おつば」がかかってきてもおかしくないですね(笑)
2階も急でせり出しているような形なので、ジュリーからしてみれば、大観衆を間近で対峙しながら気分よく歌えるんじゃあ。好きなトコロだっておっしゃっているだけあります

「ヤッホー ヤッホー ヤッホー いか焼き!」
(ハハ・・・確か阪神百貨店の名物ですね。コレ。)ではじまり、
「いとしの惑星」
マイクを通して声はばっちり聞こえるんですが、音響的に京都会館のほうがよかったなあと。席にもよりけりですね。
ジュリーも元気そう、早歩きのペースだけど左右にあっちこっちと。
声もちゃんと出てました。
2階なんで、みんなも拍手程度。1階前方見ると、みんなスタンディング!さすが

さっきも書いたのですが、ジュリーが出てきて彼が歌っているところを見て、こう胸がジワーッ
としたわけです。それで涙目になっちゃって、「ホンマジュリーのこと好っきやワ」って。
これからはもう観賞モードでした。

「希望」
「L」「ピース」2階だから、やる人見かけなかったハハ・・・

「お嬢さんお手上げだ」
の前後でした。(記憶あいまい)いつものように、簡単にごあいさつ。

「まいど!○○○(←ジュリーお尻をさす)まいど!○○○」
○○○=おいどはお客さんに言わせていました。1階席さすが!こっちにも声が聞こえてきましたから。2階席無言(苦笑)ワタクシも京都で聞いているのに、気づくのが遅かったッ!
「今日は足元の悪い中、お越しいただいてありがとうございます」
と。

“お手上げポーズ”は基本は片手。間奏の時に両手でされたこともあった。
もう
とってもカワイイの♪
あまり動き回らない曲なので、これから首にかけていた双眼鏡で拝観。
まあね。世間は○った○った・・・言ってるけど、実際はそれほどじゃないよ。
と声を大にして言いたい(笑)
ウチの父親くらいじゃん(と言ってもわかんないな)
小太りだけど病的ではないっていう・・・(あーあ、もうっ実際見てっ!)
それよりもあの声量よ!これを生で聴いたらもうカクッよ(謎)

「魅せられた夜」
コレよコレ
「あぁ あなたはそのー」の「あぁ」の声の出し方がお気に入りなの。
今回もオオッ!\(~o~)/
ジュリーはこういった歌い上げる曲になると本領を発揮しますね。
会場が大きいからとか関係ないですわ。あの圧倒的なお声で包まれるの。

「女神」
照明が神秘的なこの曲。照明効果を見るには2階席がいいですね。京都では気がつかなかった効果を観ることができました。
最初は一瞬、このカッコウで女神はどうなんだろう?って思ったけど、照明が最低限の明るさでジュリーを浮かび上がらせるから、別の衣装を着ているよう。見ていて衣装の不自然さは全くありませんでした。

「いくつかの場面」
上着をはおりなおして・・・
今回も歌いながら泣いておられました。特に2番目かな、当時のCDでも泣きながら歌われていたところ。何十年たっても感極まる部分は同じみたい。
「離れない」の高音もかすれ声ながらちゃんと通っていました。
ジュリーは「だんだん高音もでなくなって・・・」と仰られていますが、聴く限りはしばらくは大丈夫じゃないかと。そうあってほしいと。。

「YOKOHAMA BAY BLUES」
ココは横浜じゃないから、順番は他と一緒(笑)
今日気がつきましたけど、この曲の発売当時のキーより低かったです。
それで「本牧埠頭から ah」の「ah」が低く感じたんだぁ。と妙に納得。

上着は「おいらはマドロスだぁ~」とでも言いそうな最初は右肩にひっかけて。
それで途中は上着をかかえるようにして歌われておられましたが、なんだかその上着がどこぞかのペットに見えたんです(笑)
思わず「あのペットになりたいっ!」なんて思ったり(爆)
最後手をふりすぎ・・・ですっ(笑)

「あの日は雨」
考えてみれば「新しい想い出」買わんかったなあ・・・
京都のときも今回も売り場のぞいてみたけど、前後のCDはあってもこのCDだけなかったもの。ひょっとして渋谷で売り切れたんだろうか・・・
今日もきれいな裏声♪
順番に・・・いつかは購入して聴きたい曲。

「green boy」
バラード続きだったから、久々にノリのいい曲が出てきたって感じ。
greenだから照明もgreenです。
この曲はライブDVD見た時は、それほど興味を持たなかったんですけど、これを通じて、事前に何回か聴くうちに好きになりましたね。
京都のときにタイミングをはずされていたサビも普通に歌われていました。

「God bless you」
これからアルバム曲が多くなりますが、仕方ないかなぁ、歌詞忘れ、口は開けているけど声が出てこない(苦笑)等、アルバム曲で特に目立ってました。
でも、ジュリーは若い頃の完璧主義でなくなったとしても、客席に歌声をちゃんと届けるという意識は変わらない(と信じている)ので許してあげてください。少なくとも私は許します。

「黒いピエロと黒いマリア」
どこぞかのコメントに「ジュリーがこの曲で目をクリクリ回していた」と聞き、美しいといわれている照明をケッてでも双眼鏡でずっと表情を追っていました(笑)
クリクリはなかったけど、とっても表情が豊かで、遠くからでは決してわからない。
なんですか、あの“不敵な笑み”(爆)
一応ジュリーのいろんな表情見てきたつもりだから、アノ笑みは裏道いってマスよ。ピエロとマリアさんを微笑みながら見つめているジュリーという設定なんでしょうが、ワタクシの好きなアノ眼差しじゃなくて(ブログサブタイトル「あなたの笑顔が最高」参照)、「ムフフ・・・なーにやってんのかなぁ」みたいな。
0710012
ジュリー自分で作詞されて、一体ナニを考えておられたんでしょうか?
ハハ・・・もう書いちゃいましたよ。うまく表現できないからぁ→

この曲はDVDになったら必見ですわ!

|

« 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール② | トップページ | 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール④ »

Live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール② | トップページ | 生きてたらシアワセ@フェスティバルホール④ »