« 94年のジュリーで楽しむ | トップページ | 20代最後の一日(結果は如何に) »

2007年9月12日 (水)

ありんこと暮らし

今年はありさんが多いと聞きます。
(このあたりだけでしょうか><)
うっかりお菓子をこぼしたまま部屋をあとにして、ありさんだらけになってしまった日以後、
ありさんはエサがなくても出現するようになり。
今ではすっかりお部屋の住人に・・・(白状なことをしているから、入れ替わりは激しいが)
危害は加えないけれど、思わず踏んでしまうから、かわいそうでしょ。
けっこう自然たくましいトコロに住んでいるので、
いろんな虫と触れ合いながら(イイもワルイも)タクマシクなれるという・・・

前置きが長くなりました。
今日も頑張ります。
あっ、例の番組の日ですね!
ワタクシにとっては念願の
「勝手にしやがれin日本レコード大賞」を観せていただけるだけで十分満足なんです。
なんだか、ゲスト歌手が多い雰囲気で、たったの2時間。。
あまり期待は持てませんが。
ヒトコト。

「一般ピーポーもジュリーをたくさん見たがってるゾッ!」

叫んでしまいました

あんじょう、進みましょうね。
「恋がしたいな」
ジュリーの透明感ある声がたくさん味わえる曲ですね。
いつか「俺たち最高」で書いたと思いますが、のばした時の声が好きなんです。
しかもちゃんとエコーがかかってくれているじゃありませんか。
あまり動き回ったり、歌い上げるということはなく、比較的軽く歌っておられるのですが、惹きつけられるという。
これって、なんなんですかね・・・
パチクリメイクにピンク髪なら、ヘンに映ってしまいがちなのが世の常なのですが、全く違和感がありません。
ホント、なんなんですかねえ・・・
そう、こういう魅力にいつのまにかトリコにさせられてしまったんですね。きっと(#^.^#)

そして、次の曲でさらに(驚)となるわけで。
「さよならを待たせて」
あー、これはミナサマに観てもらいたいですね(丸ごと)
照明もよし、撮影技術もよし、そしてジュリーももちろん◎
actシリーズ、観たことございませんが、きっと彷彿させるのではないでしょうか。
(今年の「黒いピエロ・・・」のよう)

この曲で冒頭で脱ぎ捨てた白いコートを再び着るのですが、さっきのは「着て」いて今度は「はおっている」の。
それだけの違いなんですけど、「違うコート?」って目を疑っちゃいました。コートまでジュリー色に染まっちゃったのかしら(苦笑)

とにかく、ジュリーがとってもイイんですよ。
最近はとみに昔のジュリーの映像を拝めることができるんですが、
どれだけ体型がナハハ(謎)になろうとも、周囲の空気までも巻き込んで、一つの舞台(ストーリー)を創り上げ引き込ませる力は変わらない。それぞれの時代のジュリーに感服してしまうわけです。

王子様、お手上げです

上:1番の間奏中、軽く微笑。この微笑む瞬間がイイ 
下:遠くを見つめて、その遠くを名残惜しみながらゆっくりと逆方向を向き暗転。
動きに合わせて照明がだんだん暗くなってますから。計算なのでしょうが、そうではないと思わせないのが、憎いヤツ

 Anjyo06
 Anjyo07Anjyo08

|

« 94年のジュリーで楽しむ | トップページ | 20代最後の一日(結果は如何に) »

Julie」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ジュリーのことを調べていたらたどり着きました。
実は私もつい最近ジュリーファンになりました。どこのサイトもベテランジュリーマニアの方のものが多くて敷居が高く(ような気がして)コメントできなかったのですが、なんか勝手に親近感を覚えてコメントしています。私の場合は先月の初めにお仕事でおつきあいのある方から「怪傑ジュリーの冒険」を見せていただいたのがきっかけです。一瞬でノックアウトされました。以来、頭の中のほとんどをジュリーが占めていて苦しくてしかたがない日々を送っています。いや、楽しいのかもしれないですけど私の場合は苦しいに近い気がします。それで、やっぱりなんで今まで気づかなかったのだろうという後悔ですよね。私は1966年生まれなのでリアルタイムにジュリーを知っているのですが当時小学生だった私にはあの色気は理解できなかったのです。今頃になって少しずつDVDやCDや写真集を集めています。でもまだ一ヶ月ちょっとなのでほんの少しだけです。でもNasiaさんのお話を読んで次に買うDVDは「あんじょうやりや」に決めました。

投稿: kijitora | 2007年9月12日 (水) 13時04分

kijitora さん、コメントありがとうございます!!
ようやく念願がかなった想いです!
というのは、ワタクシも初心者ゆえ、やはり大先輩方のサイトやブログには顔を出しにくいっ・・・でもジュリーのことはみんなに知ってほしいという思いから立ち上げたこともあり、私なりの解釈で「ホラ、ジュリーってこんなにスゴイんだよ!」っていうことを初心者の目線からお伝えしたかったんですよ。

なんだかどんどん「ジュリーの輪」が広がっているようで、最近ムフフ顔(^^♪
これからも応援していきましょう!

投稿: Nasia | 2007年9月12日 (水) 13時21分

早速のお返事ありがとうございます。ほんと、輪が広がったらいいですよね〜。私は今月末初めてジュリーのコンサートに行きます。今からドキドキ楽しみです。でもいっしょに行ってくれる人がなかなか見つからないのが悩みのタネです。今回はほとんどむりやり友人につきあってもらうことにしましたが「怪傑ジュリー」にも無反応の人なので今後はつきあってもらえるかどうか。Nasiaさんはいつもどなたとコンサートに行かれるのですか。これもジュリー初心者の悩みです。

投稿: kijitora | 2007年9月12日 (水) 13時43分

こんにちは。
京都は一人で行きましたよー
けっこうマニアの皆様も一人で参戦する方が多いようですので、一人で行かれても恥ずかしがることはないと思います。
ちなみに、私は一人好きなので、何とも思いませんでしたが(苦笑)
今度行かれる方も楽しんでいただけたらよいのですがね。もう、生でジュリーを観ていただくしかないですね(笑)

投稿: Nasia | 2007年9月12日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 94年のジュリーで楽しむ | トップページ | 20代最後の一日(結果は如何に) »