« ヤマ越え | トップページ | yellowJulie »

2007年9月25日 (火)

「なぜ」続き

このあたりも、今日やっと昼間でも「涼しいなぁ」と思える気候になりまして。。
これならコンサートの日はもっと涼しいんじゃないか?とか、でも中は暑いだろーから半そでで行こうかなとか。
新しい予約システムが導入されるにあたり、明日からはそれを覚えるのに必死になりそう・・・

一度下がったジュリーは、アブナイチョッキを脱いで乱れたシャツとネクタイ姿で登場。

次の曲は「sur←」アルバム曲の一つ
「君が嫁いだ風景」ですが、なぜか曲名を言われてから、曲がはじまった。
そして
なぜかスタンドマイクでまさに“直立不動”で歌われた。(多少は手を動かされたが)

ジュリー作詞で、作曲が井上タカユキさんなんですよ!コレ。
それだけでもいろいろ思っちゃうのに・・・


そんでもって、きっと当時ファンのミナサマは歌詞をご覧になられて、いろいろと余計な(笑)想いをめぐらしたに違いない・・・と思えるような内容。(今年の「天使・・・」の反応に近いかな?)
ワタクシもちょっと思っちゃいましたがな。


89年のあの日、どうしてもアノお方とツーショットでの出雲でのお写真を(-_-;)

「君がコン!と鳴き 狐につままれた♪」

ホント、失礼ながら似てるんですけど・・・アノお方に
白粉を塗られているから、真っ白なお顔で、この世の方とは思えない妖艶さでしたわ。

まあ、嫁いでいく元カノを元カレが優しみの目線で思っている歌なんでしょうが、アア、どうしても思っちゃいます。89年のことを(笑)

なんだか、いろんな「ナゼ?」と思ってしまう不思議な歌でございました。

「あなたへの愛」
懐かしいソロ初期の歌ですね。
でも、キーを変えて歌わないことを身上にしているハズなのに、キーが低い。
これもちょい

多分単純に原曲のキーが高すぎたからかも。
他にも当時とキーを変えて歌われるコトってあるんでしょうか?

マニアックですが、間奏の間にシャツの隙間から除く、白い肌にドキッ!
汗でキラキラ輝いてるの。
今年も6月と今月の初めにこのお肌にドキッとさせられちゃいましたわ><
(今度も「双」眼鏡でシッカリ見てやるぅ!)

ナゼナゼやめよう・・・いずれにせよ、ジュリーの歌は理屈で観ちゃダメ。
と、言い聞かせて終わり!

|

« ヤマ越え | トップページ | yellowJulie »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマ越え | トップページ | yellowJulie »