« この子の三十のお祝いに | トップページ | 美しき映像Ⅱ »

2007年9月13日 (木)

美しき映像Ⅰ

昨日のお客様は、たまたま若いカップルばかりで、
当館のオイシイ料理を、「ヤバイっ!!」と言いながら召し上がっていただきましたが、
ワタクシもその後、「ヤバイ」を連発することになろうとはっ(爆)

昨夜は、見た直後、ためらわず、ジュリーのシーンのみに編集を終えて、興奮冷めやらぬ中の悪文、失礼いたしました。

当然、どこのジュリーファンサイトも盛り上がっているわけですが、これで確実にファンが増えただろーと、増えないはずないじゃないすか(笑)

明日の盛岡だって、このテレビ観て、「行かなくちゃ」とチケットゲットしてる人多いですよ。
空席が目立つということは決してないので、ご安心下さいジュリー(^^♪

もう何度も繰り返し観てますが、感想をば。

「カサブランカ・ダンディ」
ヒネクレているワタクシなら、こういうセットなら歌っている人よりも、バックの建物の動きを見て「どうやって動かしてるんだろ・・・」とか、どうでもいいようなコトばかり考えてしまうけど、ようやく今みたさ。
ということは、これまで何度も観てジュリーしか観てへんかったってこと。

はじめ、このカメラのアングルイイんじゃないすか?
ジュリーをちと右に置いて、バックの建物を見せるような感じ。
そんでもって、張り倒しで一つ張り、二つの手は振り切りじゃなく、こちらにパッと開いて留めておとしている。
ニクラシすぎます、この演出♪余韻を持たせて、実際張り倒されているわけじゃないんだけども、ノックアウトさせられちゃいそう。
大画面(32型以上)オススメです

ただね、ジュリーだから許せちゃうというか、もうなんだってイイ!なんですけど、
2回目の「男がピカピカの気障でいられたーっ」
というトコロのしぐさ、ワタクシにはどうしても○○○みつおのあのギャグ?に見えてしまい一方では、「なんて失礼なやっちゃ、ジュリーよっ」と、悪魔と天使が心の中で格闘しちゃってる(-_-;)
確かあのギャグ、これより前にできていたハズ・・・
「ストリッパー」の最後の握りこぶしも実は五木サンを意識してというコト聞いたことがあるから、ありえねえことではないけど・・・
お願い、「自分で考えたものですよ」って言ってね。

「色つきの女でいてくれよ」
予想どおり!タイガース同窓会、出てきてくれましたっ!
ニコ動には鮮明さに限界があるし。
長年のタイガースファンのミナサマ、以前は失礼な発言をしてしまいゴメンナサイ。
しっかり、「トッポ」と「タロー」を確認いたしました(爆)
岸部兄弟は今更確かめなくてもいいかと・・・・
やっぱりジュリー。みんなと一緒の時はでしゃばることなく、一員として地味に染まってますわ。

「LOVE(抱きしめたい)」
昨日拝観した中では、一番「ヤバイ」映像でした。
でもね、限ってなぜか画質が悪いほうの時間帯に突入していた模様(電波のせいで、夜の4ちゃん(TBS系列ね)悪いのね)
はじまってしばらくは、キレイなんですけどねえ・・・ったくもう
でもね、同じ時間帯の別の歌手のところは悪いんだけど、やっぱり後光よ!さしちゃってるから、ナンカすごく幻想的になって、ジュリーも白いっしょ。光がさしていて!
とにかく、画質の悪さが難儀にならないの。
これって、スゴクないですか?
これを観たら、しばらくゴハンいりませんね。
ホント、大好きなモノ観ると、食べたつもりになっちゃうんですよ。
コンサートの時も、朝の7時にホテルで食べて、それから何も食べずにコンサート挑んで帰りましたから(苦笑)

続きはのちほど。
ああ、スッキリした!

|

« この子の三十のお祝いに | トップページ | 美しき映像Ⅱ »

Julie」カテゴリの記事

コメント

祝30年!
お誕生日おめでとうございます。
お誕生日にジュリー三昧、いいですねぇ~。
昨日のジュリーはヤバ過ぎましたね。
誰かさんが「ダーリング」でやられたように(笑)、きっと新しいファンが増えたことでしょう。
いや、確実に増えてますって。
私は「LOVE抱きしめたい」の頃が一番綺麗だったと思います。
だから、レコード大賞で2曲も流れないだろうと諦めていただけに、思わず叫んでしまいましたよ。(笑)
TBSはえらい!

投稿: choco-j | 2007年9月13日 (木) 23時01分

ありがとうございます。
仕事ではバタバタした一日でしたが、大きなプレゼントをくれたジュリーや阿久さんに感謝しどおしです。
ジュリーの取り上げられ方は、やはり特別でしたね。「LOVE」のジュリーはもうぅぅっ「神」!
今度はフジテレビに期待しましょう!

投稿: Nasia | 2007年9月13日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この子の三十のお祝いに | トップページ | 美しき映像Ⅱ »