« しばし忙しく | トップページ | 日々削り取られてく←体力 »

2007年8月10日 (金)

光の威力

今年のコンサートもジュリーの歌声がスバラシイと。あちこちで感激の声が聞こえてきますが、
それに加えてサウンドが最高だと思ったのが「RSF」のコンサート。
現在一般に出回っているものが全てでないので、これが最高かどうかは断言できませんけどね(「ジュリーマニア」は別格だからおいときましょう)

特に「ストリッパー」と「UNDER MY THUMB」あたりは驚愕です!!070810
ストリッパー演奏前に、アルバム同名の前奏曲「オーバチュア」が入ってます(生演奏ではなく用意されていたものですが)その間にバンドのメンバーが各々楽器を持ち替えてジュリーを取り囲むように並んでいます。
イメージとしては小さなライブハウスっていう感じ。ポン太さんは簡易なドラムセット。ベースはコントラバス、ギターは一番純な音っていうんですか、アコースティックな。(詳しくないので間違っていたらゴメンナサイ)
こうすることで、臨場感が増しているような気がします。照明も人物だけをあてたものになって、これってもしかしてACTぽいのかなぁなんて思ってしまいます。

実に心憎い演出です。こういうの観ている限りではないものだから。

ACTぽいといえば、今年は「黒いピエロと黒いマリア」がそうであったようで、照明などどのようなものだったのか気になります。ジュリーの声だけで、雰囲気が作り上げられていたというのも素晴らしいですが、照明によってよりインパクトを与えるものになるハズ。って思うんですよね。「照明」大事です。

しばらくは、じっくり映像や音楽を聴いてジュリーのことが書けないかもと思うとちょっと悲しいですが、例えワタクシが仕事上でグチをこぼそうとも、なんかあったとしても、聴き続けたり、考え続けたりはしてると思いますので、よろしくお願いします(なんだそりゃ)

ジュリーは今日は熊本明日は福岡。九州のミナサマに「生きてたらシアワセ」を伝えてくださいねっ!

|

« しばし忙しく | トップページ | 日々削り取られてく←体力 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばし忙しく | トップページ | 日々削り取られてく←体力 »