« 許し認める | トップページ | 人生の場面 »

2007年8月24日 (金)

久しぶりに向き合える日

今日はジュリー的には何もない日ですが、
これからいろいろとイベントが待っていますね♪
Iros57

動画サイトに、82年のタイガース同窓会記念として出された「色つきの女でいてくれよ」がアップされていました。

ジャケットでしか知らない曲でしたので、新鮮でしたね。
ジュリーとシローがタンバリン。あとの3人はギターかな。
阿久さんの作詞で、タローさんが作曲。のせいか、タローさんがメインボーカルのような感じになっています。
←訂正いただきました。トッポさんがメインです。
誠に申し訳ないことですが、ワタクシ完全に声と人間が一致してないんですね(苦笑)
だから、タイガース時代の曲を聴いても、「多分~の声」だろうと、あやふやなんです。
ジュリーも若い頃とソロになってからは多少声が変わっていますから。
でも二人だけ、ハッキリ分かるのが、サリーとトッポ。
諸先輩方なら何故か分かりますよね。
サリーは極端に低いし、トッポは極端に高いし・・・

ちなみに、最近までピーさんとタローさんとトッポさんの区別がつきませんでした><
←これも訂正。未だについていないようだ(爆)
まあ世代が違うので仕方ないといえば仕方ありませんけど(トホホ)

調べてみたら、昭和57年。「麗人」の直後に発売になっているんですね。
その後が「おまえにチェックイン」で、インディアンの恰好で歌ってるし(^_^.)
「我が名は、ジュリー」からの情報ですが、ジュリーの一連のジャケが載っているページがあって、この曲のジャケの順番が違うんでねえかと、一人つっこんでおります。

ジュリーのすごいところというか、逆に普通なんだよなと思う一つに、
ちゃんと自分の立ち位置を自覚されておられるところなんですね。
タイガースでもダントツで人気があるのに、決して天狗になっておられない。
動画サイトの映像を観ておりますと、ジュリーはそれほど目だってないんですよね、少しだけソロはあるけれど。
何かで観たのですが、いつかの紅白で、タイガースとしてと沢田研二単独として2回出演されたことがあって、その画像ですか。
もう全く違うんですよね。単独は例のごとく目だっておられるのに、タイガースとしては本当にメンバーの一員に染まって地味な感じで。

先日のトークショーでも、お春さんの千秋楽のくだんで、自分にしか目がいってない、他の出演者に申し訳ないと少々お怒りだったご様子だったことから、この方は常に自分がどのような状況におかれ、どう振舞うべきかというのを認識されておられる方なんだ。と。
ホント、好きです。こういうトコロ(*^_^*)

|

« 許し認める | トップページ | 人生の場面 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

Nasiaさん、こんばんは。

私もその動画見ましたし、リアルタイムでも見てました。

>声と人間が一致してないんですね(苦笑)
無理もありません。
なにせ40年分を短期間ですからね。

♪色つきの女でいてくれよ
のメインボーカルはタローではなくトッポなんですよ。
タローは公式HPがあり、現在の写真もありますから覗いてみてください。(森本タローとスーパースター)

>ちゃんと自分の立ち位置を自覚されておられるところなんですね。
そうなんです。
紅白など出演しても自分の歌の時はあれほど目だっていても、フェイナーレで出演者全員がステージに集合してもジュリーはいつも端っこか後ろです。
画面から切れちゃうこともよくあり
いつも端っこや後ろを必死に探していました。
最近友人にこのこと話したら
「全然気がつかなかったし、ジュリーは真ん中にいるイメージがあった。」と
気がついていたのはファンだけだったようです。

舞台のフィナーレやアンコールでも決して前へ出ないし
ファンにも一般の人に迷惑をかけることに対して厳しかったですからね。

でも世間は所詮芸能人は・・という目でしか見てないのが悲しいです。


投稿: greengirl | 2007年8月24日 (金) 21時28分

こんばんは
早速の訂正コメントありがとうございます!
なんだか混同気味です(苦笑)
たまに勝手な想像を膨らませて書いてしまうことがあると思うので、そんな時にはすかさず訂正していただけたら幸いです。

紅白のジュリーはまったく記憶にありません(爆)
田舎で見てたはずなんですけどねー、小さい頃は特に。
でも全員が集まった時、実際の立ち位置が端か後ろだったというのはジュリーらしいですよね。
よく人が歌っている時に応援団という形でバックに出場歌手が出てきますけど、そんな時もテレビ的にはわかりにくい場所におられたんでしょうかね(笑)

投稿: Nasia | 2007年8月24日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 許し認める | トップページ | 人生の場面 »