« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

\(^o^)/

な、なんと突然ワタクシ明日の午後から休みになりまして、いや、お休みをいただくことができまして、ジュリーin京都会館前日に京都入りできることになりましたっ!!

明日はなぜかお客様が少なくって、従業員が余るという事態に・・・

いや、旅館的には喜べないんですがね、わかってるんですが、いやはや・・・

9月はワタクシの誕生月でして、まあありがたく30歳になってしまうということで、高級ホテルで贅沢一泊しようとは思ってたんですよね。
それがまあ、明日の午後から2日間お休みをいただける運びとなりまして、早速探して予約いたしました。かなり高額ですが(苦笑)

本当、勝手にですがなんだかジュリーという神様から贈物をいただいているようで、感謝してもしきれないんです。
6月19日のお春さんもそうでした。2日前にお休みがわかり、一応予約サイトをのぞくとスバラシイ席が残っていて、予約できて、ジュリーを間近で拝んできましたし。

今は一人で勝手に盛り上がっております。ハイ。

とにもかくも、いい2日間にしたいものです。席はあまりよくなさそーですが、ワタクシこういったコンサートは初心者に近いですから、ミナサマがどんなマナザシでジュリーをご覧になられるのかも含め、会場の雰囲気も味わいつつ、いろんなことを愉しんでこれたらと。

明日からジュリーは関西ですね。まずは神戸。
これなら行けたじゃねえか!とつっこみたくなりますが、この業界、けっこう前から休みというのはなかなか言えませんからね。
それにこんなお部屋ですから、なんだかぐっすり眠りたくて。
ハハ、だんだん近づいてまいりました。。。

| | コメント (3)

2007年8月30日 (木)

忙しくないがつまった日

今日は人間の都合で、朝やって、昼食やって、夕食やって←接客ね
さすがに昼食と夕食の間少し休みましたが。
ちょっとでも売上と、最近近場の地域に広告を出しまして、
ぽろっと地元のお客様が昼食を召し上がりに来られるわけで。

出してもいいけど、こっちの人員をちゃんとしてからしろよっていう感じですが(汗)

9月も人がいないという忙しさが続きそうです・・・
たとえヒマでも人がいないから休めないという><

本当は今日の夜に少しでもセットリストの曲を覚えたいんですけど、
そのうち眠たくなりそうですわ。

今日のジュリーのトークショー、いかがでしたでしょうか?
今までの傾向からして、目新しいことは言われないような・・・

高田さんのラジオで
「うっかり」来年のバースデーコンサートを漏らしてしまったよーですが(笑)おそらく千秋楽の渋谷で来年のスケジュール発表になるんじゃないでしょうか?

だって、今時点の情報では、ジュリーが今年に皆の前に登場する最後が千秋楽なんですから。
やっぱりご本人の口から発表しなくちゃね。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

涼しくなると睡魔が襲う

最近なぜか早起きできなくって・・・
お盆はあれほど頑張っていたんですけどね。
おそらく、過ごしやすい気温に低下したものと思われ(-_-;)
あの頃は、暑さで起こされたという部分もありましたから。。
猛暑といえども、さすがに秋の訪れがきこえてきたということでしょうか。

ともかく、一日の拘束時間が長い分、夜と朝の数時間というのは、ワタクシにとっては非常に貴重なわけで。特に朝はジュリーの音楽を聴いてから出かけるというのが日課ですので、それがなくて飛び出し状態で出かけると、その後がイカンわけですよ。

顔には出しませんが、ヒジョーに不機嫌になります。。。
今日なんて、目に布がはりついているんだろうか、と思うほど目が重たかったです><
こんな状態で送り出してしまったお客様、大変申し訳ございませんでしたっ!

今日こそは、と目覚まし二つかけて寝ますね。

このあたりはニッポン放送入りませんので、コサキンのようにWeb短縮版を期待して、RealPlayerまでダウンロードしたっていうのに、一向に更新されません(怒)
特別バージョンだったから、例外なんだろうか。人サマの情報によりますと、高田さんとお話のジュリーはいつもと口調が違うなんて・・・聴きたいじゃないですか。

ちょいとサーフィンしてみて、印象に残る言葉が。

「あの頃があって今がある。ずっと同じではいられない。変化して当たり前」

これ、どなたでも当てはまることだとは思いますが、ジュリーから言われると、こちらは何も言えなくなります。
まあ、世間からは「ちょっと太りすぎだからなんとかしろ!」という声が多いとは思いますけど、ジュリーは若い頃から太りやすい体質で、そのために随分食事には苦労されておられたとききます。そんなことを含めて頑張って来られた方に対し、今更昔のままの(近い)体型を維持して!というのは残酷なんではないかい?と。

そりゃ、○ひろみさんのように、努めて体型を維持されて、そういう自分が好きというのならば、それはそれでいいんでしょうけど、ジュリーの場合は、体型云々ではなく、健康でいて仕事を長く続けていければ、というスタンスの方ですから。そういう彼の想いを受け入れた上で見守っていくべきだと思うんですが。  ミナサマどうですか?

| | コメント (3)

2007年8月28日 (火)

HAMA BAY

長いので、省略させていただきました(^^ゞ
そう、今年のコンサート曲の一つ「YOKOHAMA BAY BLUES」
きっと神奈川県民が一番盛り上がるんではないかと思いますが、この曲。
地元ですもんね。
060828これが聴けるコンサートDVDは「ZUZU」ですが、
あまり印象が残らなくて、聴いてませんでした。前曲「HELLO」がインパクトのある曲での後のバラードですからね。

でも、これは間違っていた。聴けば聴くほどいい歌じゃないですか!
しっとりバラードってやつです。
「三年過ぎたら戻るから、それまで待っていてね」
という別れの曲です。

これは他の歌手には真似できねーだろっ!というトコロありますよね(微笑)
吐息交じりの「oh」「ah」って言うんでしょうか?

本牧埠頭から oh 霧が立ちこめると

サヨナラは再び ah 逢うための言葉と


ワタクシまだこの94年当時のジュリーの「oh」「ah」しか聴いていないので、さて今年はっ!と、とっても気になります。行・け・た・ら・ね

八島順一さんとジュリーと二人の作詞ですが、
ささやかな疑問として、ひとつの曲を二人がお書きになるとき、
どこまで・・・どこまで・・・やってるんだろうかと。
二人で相談しながら作っているというよりも、まず八島さんが全部作詞したものをジュリーに渡して「ここはもっとこうしたい」と、歌いやすいように変えた結果、二人の共作になったんじゃあと、想像いたしますが。

じゃあ、いつ「oh」「ah」が入ったのか、どうでもいいですが、考えちゃったりします。
ホント、どうでもいいんですけどね(爆)


ナツメロ好きなワタクシとしましては、吐息といえば、青江さんの「伊勢崎町」を思い浮かべますし、横浜といえば裕次郎さんの「サヨナラ横浜」を思い出しますし。ちょっとオカシイですね・・・

いずれにせよ、雰囲気のいいバラードだと横浜が一番合うかなあ、と。
ゴロがいいんでしょう。
これを神戸にしちゃうと、イマイチなんだよ、きっと。

| | コメント (2)

2007年8月27日 (月)

万難排せるか

やっぱりコンサートまっ最中というせいか、
こんな辺鄙なサイトにアクセスしていただける方が多いような・・・
どんなきっかけにしろ、ありがとうございます。
ワタクシ、コンサート行ったわけじゃないんですけどね(汗)

あらっ、でも行きますのよ。in京都会館

なぜ、小文字?嬉しいけど、
順調に行けるとは限らない。
急に団体が入らないだろーかとか、
車で行くけど、渋滞に巻き込まれないだろーかとか、
駐車場が空いてるだろーかとか、
17:30に間に合うだろーかとか、

考えたらキリがないんです><おそらく無事に行けて観れたら、
それこそ万難排して来たちゅーことですな。

とっても遠慮がちですけど、
とーっても観たいんですっ

先日のコサキン、一部Webでアップされてましたねー
ミナサマ、「よくお笑いになっていた」とご報告されておられましたが、
ホント、よくお笑いになっておられた。。
大宮では、なんとなくカスレ声の時があったとか。
もしかしてアレって生だったんでしょうか・・・笑い過ぎ!?

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

若いファンも大勢いるよ

本日の大宮のMCでも言われていたそうですが、(最近たまに聞くような)
「若いファンが増えるとは思わないから・・・」
というくだり。
ジュリーの考え方に同調することが多い中、これだけは違うんじゃないの?と思ってしまう(笑)
半ばババくさいワタクシの視点からすると、若い頃のスーパースター・ジュリー時代の先入観がほとんどない分、とってもステキなおじさまに見える。それに未だにスターを感じるしね。
だって、間近で確かめたんですもん、本物ですよ。間違いないって!

若いファンが増える要素はたくさんある。
要は、露出の仕方かなぁ・・・と。ご本人は「自分がやりたいと思うことが当たってくれたらそれでいいんだ」みたいなことを仰られておられますが、ジュリーの信じるやり方でいいから、もっと出てきていただいてもよろしいんじゃないかと。
ジュリーのコンサートに初めて娘さんや息子さんを連れて行って、とても感動されておられる報告をちらほら目にします。

なんだか、せっかくの宝物が埋もれてしまうようで、惜しいですよ。

ささやかながら、私にできることが何かないか、考えている日々です。。

| | コメント (2)

きっかけ発見

分かりました!なぜジュリーがコサキンに出演されたのか。
もうジュリーの出番は終わっている模様ですので、コピペしてもいいですよね(秘密)

TBS放送センターの建物にさえ、数年ぶりに訪れるという沢田研二さんが、
何故か(?)コサキンに登場!

その何故か?は、水野晴郎さん主催の映画祭授賞式会場の隅で、あまりに大勢のスターを目の前に震える小堺一機に、沢田研二さんが優しく声をかけてくれたことがきっかけ。
そんな優しいジュリーが今度はラジオに来てくれます。

関根勤もジュリーとお話するなんて、ほぼ初めて
緊張するコサキンにジュリー、やっぱり優しいのか!?
タイガース時代から子供時代までさかのぼり、現在の沢田研二さんのこともたっぷり伺うコサキンを夏の終わりにお楽しみ下さい。

ウホホホ、そんなコトだったんですね。
それにしてもTBSに訪れた数年前って、どんな用事だったんでしょう(笑)

今日は大宮ですね。大きいホールだから、またまた盛り上がるんでしょうね!きっと。
そして来週は・・・まだまだ確定じゃないんです。

| | コメント (0)

実況版

早く寝りゃいいのに、唯一の情報源2ちゃんのラジオ実況版をみておりますわ♪
あんまりアテになんないけど、こういうことを喋ってるんだろうなーと想像はできる。
(この時点ではタイガースの結成時の話ぽいね)
小堺さんて確かタイガースのファンだったんですよね(違ってたらごめんなさい)それできっとジュリーのファンでもあるわけで、今回の招待になったんじゃないでしょうか?

生じゃないよね。じゃないと寝ちゃうよー今日のコンサート中に(爆)

あっ、昨日の午前中は貴重品袋を縫いながら(旅館に出すの)「お嬢さんお手上げだ」と「哀しきチェーサー」の歌詞を覚えました。
本当、阿久さんの作品はストーリーがしっかりしているから、覚えやすいです。
そしてなぜかハマってます、「色つき」(笑)

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

人生の場面

人生にはいろんなコトがある。20070725144730
ここでは「場面」というほうがいいのか。
75年12月に発売になったいくつかの場面。ジュリー27歳の頃。
今回のツアーのために、まだタイトル曲しかアルバムを聴いてないけれど。

曲を聴いていると、感極まって泣き声になっている部分が・・・
録り直しをしたが、結局泣き声交じりのテイクが採用されることに。
この時点でも、ジュリーの人生はいろんなコトがあったけれど、更に時が過ぎ、本当にいろんなコトがありましたね・・・

今年のお正月でも歌われていましたね。
やっぱり40年という締めのお年のせいかもしれませんね。
ちょっぴり目をうるませながら歌っておられました。
いつまでも歌え、心に響く歌のひとつです。

出会いの分、別れも多いけれど、
あえて挑戦しないといけないなあなんて。
これまではどちらかというと内向的で知り合いが少ない人生だったから。
ただ、こうやってブログやネットを通して、知り合いではないけれど、同じ人を共感して想うことができることがとてもシアワセに感じています。
うまく回れば、
きっとこの曲の価値がもっと分かることでしょう。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

久しぶりに向き合える日

今日はジュリー的には何もない日ですが、
これからいろいろとイベントが待っていますね♪
Iros57

動画サイトに、82年のタイガース同窓会記念として出された「色つきの女でいてくれよ」がアップされていました。

ジャケットでしか知らない曲でしたので、新鮮でしたね。
ジュリーとシローがタンバリン。あとの3人はギターかな。
阿久さんの作詞で、タローさんが作曲。のせいか、タローさんがメインボーカルのような感じになっています。
←訂正いただきました。トッポさんがメインです。
誠に申し訳ないことですが、ワタクシ完全に声と人間が一致してないんですね(苦笑)
だから、タイガース時代の曲を聴いても、「多分~の声」だろうと、あやふやなんです。
ジュリーも若い頃とソロになってからは多少声が変わっていますから。
でも二人だけ、ハッキリ分かるのが、サリーとトッポ。
諸先輩方なら何故か分かりますよね。
サリーは極端に低いし、トッポは極端に高いし・・・

ちなみに、最近までピーさんとタローさんとトッポさんの区別がつきませんでした><
←これも訂正。未だについていないようだ(爆)
まあ世代が違うので仕方ないといえば仕方ありませんけど(トホホ)

調べてみたら、昭和57年。「麗人」の直後に発売になっているんですね。
その後が「おまえにチェックイン」で、インディアンの恰好で歌ってるし(^_^.)
「我が名は、ジュリー」からの情報ですが、ジュリーの一連のジャケが載っているページがあって、この曲のジャケの順番が違うんでねえかと、一人つっこんでおります。

ジュリーのすごいところというか、逆に普通なんだよなと思う一つに、
ちゃんと自分の立ち位置を自覚されておられるところなんですね。
タイガースでもダントツで人気があるのに、決して天狗になっておられない。
動画サイトの映像を観ておりますと、ジュリーはそれほど目だってないんですよね、少しだけソロはあるけれど。
何かで観たのですが、いつかの紅白で、タイガースとしてと沢田研二単独として2回出演されたことがあって、その画像ですか。
もう全く違うんですよね。単独は例のごとく目だっておられるのに、タイガースとしては本当にメンバーの一員に染まって地味な感じで。

先日のトークショーでも、お春さんの千秋楽のくだんで、自分にしか目がいってない、他の出演者に申し訳ないと少々お怒りだったご様子だったことから、この方は常に自分がどのような状況におかれ、どう振舞うべきかというのを認識されておられる方なんだ。と。
ホント、好きです。こういうトコロ(*^_^*)

| | コメント (2)

2007年8月23日 (木)

許し認める

昨日の高校野球は劇的な幕切れとなりました。
とはいっても、納得がいかず悔し涙を流された方もおり。

世間でなくても、私たちの身の回りにはたくさん、腑に落ちないことってありますよね。
今日もありましたけど。私がやった失敗ではないのに、いつの間にか私のことにされて責められたり。
まあそんな時は「誰が」ではなくて、みんなが今度から気をつけたらええやん!と思ったりしています。これは逃げではないと思うんですよね。情報共有してそれぞれのレベルで自覚すればいいことなんです。

なんだかよく分からないこと書いてしまってますが・・・
最近とみに思うことは
「互いに互いを許し合い、認め合える存在でありたい」
ということ。
今日も仕事の最後の食事時間に、今の私に足りていないことをたんと並べていただいた(30分)ありがたい先輩社員がおりましたが、私は普段フリートーク面で無口なので聞く一方。さすがに最後は心の中で「もうちょっとかいつまんで、何が言いたいのか言って欲しいなあ」って思ってしまいました。こういうことって、人からどう思われているのか分かるのでいいことはいいんですが、仕事の最後で疲れている時に一方的に喋る。何も言葉を発しない相手はどう思うのか、もうちょっと聞いてほしかったなあと。私も別に反発して口をつぐんでいたわけではないので(苦笑)
ただ、ここで「話が長いヤツめ」と怒りに変わらないのが、さっき掲げた自分なりの言葉。
これで随分気が大きくなったような気がします。まずだれかさんのように短気でなくなると思います(笑)

かといって、仕事にこの言葉を応用しまくったら、けっこうダラシナイ仕事場になってしまう危険性もありますけどね。とにかく少しでも楽に生きられる手段の一つではないでしょうか?

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

哀しきチェイサー

初日の渋谷でこの曲が流れた時、きっと長年のファンの方なら感動を抑えきれなかったはず。
今回歌われておられる、そして阿久さんも「売れなかったけど作詞に関してはトップランクで好きな作品」と生前語っておられた曲(詳しくはこちら)。ずっと気になっていた。

ゾクッときました。皆さんがこれを含めたアルバムを何度聴いたことか・・・と仰っておられるのも納得です。
もっと短調的な曲だと思っていました。バックはピアノがメイン、歌声が前面に出ているどちらかといえば明るめな曲なんですね。あまりバンドでバンバンというのは似合いません。

人の内面をえぐる仕事なんですよね。探偵っていうのは。
みんなきれいごとに片付けようとしているけれど、それじゃあ仕事にならない。
都会の片隅でやりきれない想いでベッドにころがり込み、酒をあおっている。
そんな悲哀に満ちた男を阿久さんは見事に描いておられます。

ジュリーは阿久さんのこの曲に対する文章を読まれておられたのだろうか。
ネット用ではなくて、以前にお書きになっていたものらしいから。
この曲や「お嬢さんお手上げだ」と阿久さんとの全盛時のアルバム曲。もしお亡くなりになる前にすでにこの2曲を入れるというセットリストが決まっていたとすれば、大変な偶然です。

仙台のコンサートでは、大勢の所に行って追悼するのもどうか・・・と言っておられたので、9月10日(阿久さんのお別れの会)には出席されないかもしれませんね。

| | コメント (4)

2007年8月21日 (火)

華麗な宴に

購入しました。「今度は、華麗な宴にどうぞ」
事前に知っていましたけど、全曲作詞が阿久さんで、作曲が大野さんなんですね。
やはり気になるのが、今回のコンサートで歌われている曲。

の一つ、「お嬢さんお手上げだ」
イメージとは違い、バリバリの歌謡曲なんですね。。
メロディーラインがしっかりしているので、数回聴いただけですけど、覚えてしまいました。
イントロも印象的ですしね。

なので、コンサートでどんなミュージックにしてきているのかが想像できないです。
使う楽器も随分違うでしょうから、きっと違う感じの仕上がりなんでしょうね。
(この曲メインがピアノですよね)
なんだか最近はジュリーのここ10年の曲を聴くことが多いので、久しぶりにこんなベタを聞くような気がして新鮮に思ったりしてね。

曲を覚えたり、歌詞を覚えたり、通常の時間では取れないので、朝早く起きたり、夜遅く寝たりしたいんですけど、一度ぐっすり寝てしまうと、体が「もっと寝させて!」と弱体化するみたい。けっこう早く寝てしまったし、おまけに起きるのが遅くなってしまった。
今日は平日なのにちょっと忙し目。朝しか時間がないの。

| | コメント (0)

2007年8月20日 (月)

ありんこ

今日は念願の8時間近くぐっすり眠ることができまして、少し目が腫れぼったいのですが(苦笑)
さっき寮に帰ってきましたら、ありんこの行列が部屋に!!
とっさにその目指している先を見ると、食べ残していたビスケットに・・・
鬼のいぬ間にむらがっていたのね(-_-;)

ごめんねごめんねと思いながら、殺虫剤をまいてしまいました。
罪深きことをやってしまい、少し気持ちは↓です

まだネット環境がよい実家でやってきたことは、ジュリーの動画をゆっくり見てたこと。
あそこは月額払制なのね・・・でも無料時間帯ってたいてい仕事だから仕方ないの。

もうヤバイっしょ・・・の連続ですね(謎)
ここを観たお話もちょこちょこ書いていこうかなと。

あっ、今のジュリー「も」大好きですよ!現に今は「ワイルドボア」観てますもん♪
暑い部屋で本当に癒されてます。

なんか意識しちゃうなぁ・・・2週間後

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

寝るんじゃないの?

本来なら爆睡していそうなこの休日。
でも、最近一日一日がとっても勿体無く思うんだわ。

ものすごく食べたいということではなかったけれど、一応この10日間のお疲れ様ということで、母を誘って焼肉を食べに行った。もちろんワタクシの自腹で(苦笑)

行きはアルバム「彼は眠れない」をかけ、どういうふうにその焼肉屋に行ったらいいか、父親に聞こうと携帯を渡したのにもかかわらず(待受は98年のジュリー。ホラ、1万アクセス突破時の)全く気づかず。一応、タイガース世代(S25)なんだけどね。
ま、私が一旦停止違反で警察に捕まったとき横に乗っていて、ガンガン「RSF」かけていたのに、曲について何も言わなかったから、その時点でジュリーに興味がないと確信していたけどね。
でも、コンサートに親子で行ったりされておられる方をひそかにうらやましく思っていたりして・・・

その焼肉屋、けっこう高級店で、女性二人だからそんなに食べたわけで070819はないのに9000円。そのかわり、いいお肉で、(全国的にも高級ブランド牛)余は満足いたしたぞ(^^)

シメに食べたテールラーメン、(牛の背骨の肉?を使ってスープを作ったという)とってもお いしかった!少々辛かったけど。ラーメン好きな人なら、クセになるスープなんじゃないかな。

明日から、ちょっとは余裕ができて、ジュリーと向き合える時間も増えるかなぁ・・・と思っているところです。そうだ、休み希望、出さなくちゃね。(早く出しすぎると忘れられてしまいそうだから、様子をうかがっているトコロなの)

| | コメント (0)

寝させてくれっ

とりあえず、今日の午前で忙しさもひと段落・・・
けれど、今月末まではダラダラ続きますが。
約10日間、酷使し続けた身体も昨日はそこらじゅう痛いと悲鳴をあげておりました。
きっと暑さのための寝不足で、身体への負担が大きかったんでしょう。
いつもは5、6時間は寝ているワタクシですが、
この10日間は0時半ごろに寝て4時に起きる生活。
3時間半の睡眠時間が10日間という!こんなことしたの人生で初めてですよ(苦笑)
まぁ、起きたというより暑さで
起こされたというのが当たっていますが・・・

今日はちょっくら実家に帰って、「寝させて」もらおうと思っています。
ええ、今の欲望といえば「寝たい!」んです。

ジュリーの昨日の仙台のコンサートもよかったよう♪
今度は笹かまぼこ~すか(笑)
やっぱ一度パターンをやり出したら、止められなくなっちゃうんですね(汗)
植木さんの葬儀の時、お春さんの舞台の疲れで急遽欠席と表には出ておりましたが、実は喪服を忘れてしまったということで、「これは行くなといわれているのかな」と思われたそうで。亡くなられた方を想うのは、葬儀に行かなくてもどこでも冥福を祈ることができるのではないかと。ジュリーもお世話になった方だから、出席はされなかったけれど、自分の中で祈りを捧げられたんだと思います。

あと、半日がんばろう・・・

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

余裕がなくなってくると

忙しい日々が一週間以上続くと、ヘンに慣れるもんですねー。
満室でも大変というより、「へぇ・・・」という感じになり、
かといって惰性で仕事をしていては、せっかく来てくださっている人に申し訳ない。
ただ、従業員がどちらかというとイラついちゃうんですよね。この暑さも手伝って・・・
ワタクシも、掃除で早く済ませる一番良い方法なのではとやっていたやり方を違う、と否定されたり。
いきなり変えるっていろいろムズカシイ。お伺いをたててから・・・というけれど、あーだこーだと話し合っているヒマがあれば体を動かして少しでも早く終わらせたいじゃない。なので、掃除時間はあまり心の余裕がなかったりする。

いかん、いかんけれどね。↑のようなのは。団体行動の考え方じゃないから。

一方で、お互いがお互いを許すというか、よっぽどハズれた行動をしない限りは「いいんじゃない」と認めてあげるというのも必要でないかと。頑固な人ほど難しいんだけどね(苦笑)

ダラダラ書いているだけなので読み飛ばしてください(上記)、あっ、今日のお泊りのお客様でお休みがもらえるので、ゴールは近づいているのですよ。

さて、今日はジュリーの仙台のコンサート。イズミティ21。新しそうな会場ですね。1400席程度だから、どこからでもハズれなく観れそうな。
施設使用料なんて見て、思ったより安いのでビックリ。アットホームな感じを想像します。
東北のファンの人、楽しんでくださいね。

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

行けるんかいな(謎)

写真はジュリーの京都のコンサートチケット・・・070817

実は忙しくなる前に、ひそかに予約しておいたのだ(といっても最近だからいい 席じゃないが)

9月2日は日曜日の夜、ということは、行けないことないんでないかい?と(笑)

お昼の掃除が終わって、13時出発でマイカーとばせば、なんとかなるんでないかと・・・

その前に、「休みをもらわなくちゃ!」そして休みが認められなくちゃ意味ないんだなぁ・・・

休みの申請これから出すけれど、願わくば行きたい・・・

ということで、予定は未定です(苦笑)

だから、この場であまり喜べないの><

忙しいのももうすぐ終わります(ペコリ)

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

お元気ですか?

自分で自分に問いかけてどうするつもりだ。。ですけど、
昨日の朝は朝食準備中に気分が悪くなって人のいないところで、ちょっと横になりながらやってました(苦笑)
いつも頑張ってくれているあるばいとの仲間も偶然にも気分が悪いようで・・・・
これは明らかに「疲労」ですな。

ただ、私の場合、ずっとそんな状態が続くことは滅多になく、一過性のことが多く、掃除の時には信じられないくらい、体が軽くなり動き回っていたという・・・そしてまたヘタったっていう・・・どうも波があるようです。

寝ているところも、環境的に窓を開けて風通しよく・・・とできないので、朝など外と10度近くは違うんじゃないかと。今は5時前ですが、目覚ましよりも暑さで2度目を覚ましてしまいましたよ。こんなんじゃ、日々体力が削り取られていくわけですね。

一応日曜日の夜にはお休みがもらえそうなので、どこかちゃんと睡眠がとれるところで眠りたいとヒソかに思っているわけ・・・アワワ・・・今日も人がいなくて忙しくなりそうだ><

| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

まだまだ続くけれど

まだまだ知らない曲がたくさんあるし、もっともっと聴きたいけれど、
今は聴く時間がないのです。
一番気になるのは、今回のツアーの阿久さん曲かなぁ。
「哀しきチェーサー」なんてとっても聴いてみたい。
阿久さんがあのようなことにならなければ、ジュリーの黄金時代(ワタクシの生まれた年)前後のアルバムはけっこう後回しになってたんじゃあないかと。
ジュリー当時はこういう曲キライって言ってたから。
でも約30年たった今、キラキラオーラを輝かせて歌っている(想像ね)
そういうとこから、きっとジュリーは阿久さんに尊敬の念を込めて歌われておられるんだろうなと分かる。

もう少ししたら、ちょっとホッとできるから待ってくださいね。

疲労のせいか日々記憶力が低下しているような・・・今日もミスったし・・・><
自分の時間を作ろうとするにはどうしても遅寝早起きしかないの(笑)

追記
お正月のコンサート日程が会員のミナサマには送られてきたらしい・・・
いつもよりとっても早いんだって。
来年は記念年だけれど、まずは例年通りということかしら。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

清流のごとく

いっぱいいっぱいのトコロに、まだお客様が増える時、うれしいことなんだけれど、なんだかツライ。
チェックアウトが済むと、すぐにお掃除。部屋数も多いので、チェックインぎりになっちゃう。今日もお昼ご飯ちゃんと食べれなかったなあ(苦笑)

日付が変わり、また今日も満室なんだけれど、ふと今回のコンサートリストの一つ「アマポーラ」を聴きたくなり、今聴いている。

体内になんかしらん清らかな液体が流れる気分。分かります?当時のジュリーの声も澄み渡っていてとっても心に響く。でも、今のジュリーの声質にとっても似合っているんじゃないかって思います。生で聴きたいなぁ(笑) これでホッといたしました。今日も一眠りして、頑張れそうです。ありがとうジュリー♪

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

そして今夜も私は足袋を洗う

帰ってきて、早速「生きシア」を聴く。
「ひかり」でウトウト・・・・やっぱりね。。
今のところ消耗の被害は足先かな。
足袋でいることが多いでしょう。座る時間もないでしょう。

そんなこんなでこーゆーことが、あと一週間続くわけだな。
あっ、仙台じゃん(笑)

なかなかうまくいかないこともある、叱責も受ける。
でもそれがすべていい方向へつなげられるような・・・ジュリーの歌声を聴いていたらそんな気がしてくる。

毎日洗濯できないけれど、汚れの激しい足袋は洗わざるを得ない・・・・
タワシ、歯ブラシ、今夜も私は足袋を洗う。

| | コメント (2)

2007年8月12日 (日)

思い通りには

イカンなあと溜息の連続だった昨日の最後の最後に、ウレシク裏切っていただきましたっ!
アリガトウ、ミュージックフェア!
そのー、ジュリーが過去に歌っている映像をほとんど見ていない人間としては、どの時代であろうとも、ドキドキしてしまうわけです(*^。^*)

今更コラーって思われるでしょうが、ジュリーってあんなにまつげ長かったんですねぇ・・・
番組の「時過ぎ」(1985年12月8日放送)を観て思いました。おかしいなあ、今まで短期間さんざんコンサートDVD観てるっていうのに・・・
光の具合でしょうかね。ちょうど毛先に光が当たっているような。なので先端が白く見えるんです。
この頃は、まだまだ「御髪伸びておられますよ途中」ですよね。この後に、「アリフ」があり、「女神」がありー、そして人生の新しい出発?と共にバッサリと・・・・><

2001年はテレビに出まくられた年でしたね。1月14日だから、前の年に収録されたのかしら。コンサートの影響か、ちょっとお声が苦しそうな気がいたしました。

最初に戻ると、午前中は原因不明の腹痛に苦しめられ(以前手術した傷跡が痛んだ?)、ちょっと休んだりして仕事が大幅にずれこんで、みなさんにご迷惑をおかけいたしました。ただ、この暑さでしょう。なんだかボーッとしてるんでしょうねえ。
サービス業とは、段取りを立てても、その通りにはいかず、遠回り遠回り、、結局やりたい仕事が遅くなる。でもお客様も大事に対応しなければならない。しょっ中ですね。
でも、今日は特にそんなんが多かったなあ。満室のせいかしら・・・

何もなければ「しんどい、寝る」なんでしょうが、ちょっとコンフー状態で早く寝たいけど眠たくないっ!

「福岡ボート」(byジュリーの掛声)って、なんなんでしょう・・・

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

日々削り取られてく←体力

日本中そうなんでしょうが、こちらもかなりヤバイくらいの猛暑でした。
ご案内の時にお客様が口々に「暑いっ」と言っておられました。

昨日はちょっと私の感覚からスジ違いのことをされて人知れず怒っておりましたが、冷静に考えてみると、私も悪い部分があると、つまり連休以外でなんとなくダラーッとした日々でしたので、何かいつもと違うことがパッと起こったときに対処できない。けっこう鈍感になってたんだって。
それに、微々たるもんですが、ボーナスも頂き、こりゃイカンな。気を引き締めんと・・・としばらく続くロードに誓いを立てているわけです(笑)

ジュリーはコンサート前日に熊本に入り(大阪から直で行ったのね)炎天下の中歩いてたらしいし。
一日では痩せれませんね、きっと(笑)

今はまだ大丈夫。着物なんで、特に接客中は暑さとの闘いです。。

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

光の威力

今年のコンサートもジュリーの歌声がスバラシイと。あちこちで感激の声が聞こえてきますが、
それに加えてサウンドが最高だと思ったのが「RSF」のコンサート。
現在一般に出回っているものが全てでないので、これが最高かどうかは断言できませんけどね(「ジュリーマニア」は別格だからおいときましょう)

特に「ストリッパー」と「UNDER MY THUMB」あたりは驚愕です!!070810
ストリッパー演奏前に、アルバム同名の前奏曲「オーバチュア」が入ってます(生演奏ではなく用意されていたものですが)その間にバンドのメンバーが各々楽器を持ち替えてジュリーを取り囲むように並んでいます。
イメージとしては小さなライブハウスっていう感じ。ポン太さんは簡易なドラムセット。ベースはコントラバス、ギターは一番純な音っていうんですか、アコースティックな。(詳しくないので間違っていたらゴメンナサイ)
こうすることで、臨場感が増しているような気がします。照明も人物だけをあてたものになって、これってもしかしてACTぽいのかなぁなんて思ってしまいます。

実に心憎い演出です。こういうの観ている限りではないものだから。

ACTぽいといえば、今年は「黒いピエロと黒いマリア」がそうであったようで、照明などどのようなものだったのか気になります。ジュリーの声だけで、雰囲気が作り上げられていたというのも素晴らしいですが、照明によってよりインパクトを与えるものになるハズ。って思うんですよね。「照明」大事です。

しばらくは、じっくり映像や音楽を聴いてジュリーのことが書けないかもと思うとちょっと悲しいですが、例えワタクシが仕事上でグチをこぼそうとも、なんかあったとしても、聴き続けたり、考え続けたりはしてると思いますので、よろしくお願いします(なんだそりゃ)

ジュリーは今日は熊本明日は福岡。九州のミナサマに「生きてたらシアワセ」を伝えてくださいねっ!

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

しばし忙しく

明日からしばらく忙しくなるので、今日は店の買い物ついでに地元ショッピングセンターの飲食コーナーでしばし避暑ってました(笑)
世間は夏休み。なので子連れが圧倒的(汗)あちゃこちゃで騒ぎ声や泣き声や・・・
ワタクシにとっては未知の世界ですわ。こんな時自分はどんなコト思うんだろうと。
あまりボーッとしていても時間がないので、食べるものだけ食べてすぐ席をあとにしました。
でも帰ってきてみて気づいたのが、Tシャツの真ん中にボールペンがささったまま(-_-;)
ズボンにポケットがないもので、客室の掃除をしてそのまま外出して全く気づかんかった・・・水色Tにピンクボールペン。目立つやろ><

忙しいときでもプライベートな時間は少なからずありますので、その時間を大事にしてジュリーの歌をたくさん聴けたらと思います。まあ「明日もガンバロー」って思うじゃないですか。
いずれにせよ、私にとっては20代最後の一ヵ月なわけですから、大切に過ごそうと思ってます。

| | コメント (0)

ちょっとずつね

今日「も」猛暑らしい。
数日後来るあわただしさを前に、相変わらずなまぬるい部屋で過ごしています。

トークショーもつつがなく終了したよう。
ほとんど、野球の話だったとか。まあ今は阪神上昇中だから予想はしていたけれど。(ケータイ取り出して、実況中継?してたとか)
ちょっと気になっていた阿久さんのお話はなかったようで、コンサート初日にちゃんと追悼したでしょう。というところだったんでしょうか。
来年のお話はきっと今はつめている最中で、口に出せない状態なんでしょうね。千秋楽近くなるとさすがに話しはじめるのではと。
「春団治」の千秋楽は9割がファンだったちゃうかと(その通り(爆)
やっぱりわかるんですねー
やっぱり、自分のワンマンショーでない限りは、確かに肩身狭いですよね。他の人の面白いところでも笑わないし、最後を意識して(お祝いしたいっていう雰囲気)芝居を観てくれてないと。周囲はそんなに思っていないだろうけど、当人が一番あれやこれやと考えてしまうんですよね(苦笑)そこが決して天狗になっていないジュリーらしいなあと思ってしまいます。

TBSのラジオ番組「コサキンDEワオ!」にご出演されるようですし、(とはいいつつ関西では聴けないけど)ちょっとずつ外側へ向けて始動してくださいね。←希望

ちょっと時間がないので、パーッと書いちゃいました。

| | コメント (3)

2007年8月 8日 (水)

純な気持ちで

暑さのためか、身体から水分が蒸発してしまうせいか、二日連続ヘンな時間(4時前)に目が覚めてしまいます(苦笑)

「天国からの手紙」を観て、いつも純な気持ちにならせていただいているのですが(今回も号泣><)
こうやって再び目が覚めたことに感謝し、コンサートDVD
「ROYAL STRAIGHT FLASH」を観ています。

中でも愛の出帆。今のすっきりした気分にずっしりと飛び込んでくる歌ですね。
ジュリーが歌い出すと、会場からはあたたかい拍手が。こういうの「君をのせて」を歌われた時にもありましたね。
長年のファンの方々には思い入れのある曲の一つなんでしょう。

星座に導かれて 二人は今光の海へと
果てない夢を胸に 涙捨てて旅立つ今こそ

あなたの愛が私を包む 嵐さえもおそれない
さかまく波が 二人の行く手 さえぎろうと負けはしない・・・

それこそ「君をのせて」に雰囲気が似ているんですよね。
もともと外国曲を竜真知子さんという方が訳詞をされてジュリーが歌われている。77年のライブ版の一曲として以前発売されたようですが、何かのアルバム曲にはなさそう。

このコンサートは往年のA面ヒット曲もたくさん入っていますが、時々メジャーじゃないけれど、こういうドキッとするお宝モノの曲も入っているという、普通~コアなファンまでも満足できるような内容なんじゃないかと思います。今回のコンサートも長年のファンの方々には特に感激ものの内容だそうで。私も新参者ではありますが、少しずつ宝物をいただいて「倖せ」に思うのです。

そんなことを書いていると、郷ひろみさんが「お嫁サンバ」の男性バージョンを着うたで配信という話題が・・・
ちょっとだけ流れていたけど、野口五郎さんに続いて、ジュリーが取り上げられていて、

恋するジュリーはきれいさ・・・って(-_-;)

バックが「春団治」の会見写真ってどうなのよっ!って思いつつ、朝っぱらから爆笑しちゃったよ。

| | コメント (1)

2007年8月 7日 (火)

ちょっと休憩

仕事から帰ってテレビをつけてみると、なんと安倍さんが同党議員から批判を受けているではないか!と。
なんだか狂っているよないろんなトコロのネジが・・・と思ってしまいました。

今夜はジュリーは少し休憩して、録画しておいた「天国からの手紙」を観ています。
不思議と何の雑念もなく素直に観てしまう。

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

雑感

最近物忘れが激しい・・・
それに人の名前(主にお客様の)が覚えられない・・・
確かに一日限りの出会いではあるけれど、それほど大きくないし。
前はちゃんと覚えるようにしてたんだけれど、潜在的に手を抜いているんだろうな。私の頭の中。。

せめてジュリーの曲だけは覚える努力をしないとね。
ただ正直追いついてない状態(汗)
どうしてもメロディーを先に覚えて歌詞がおきざりになってしまいがち。

なのに、阿久さんガラミの曲はそうじゃないの。
なんだか不思議と歌詞も出てくるという。
ジュリー以外の曲もそう、そんなのって他にはない。

ジュリー以外の阿久さんの曲で新たにお気に入りは岩崎宏美さんのデビュー曲「ロマンス」
こんな大人びた曲は歌えません、と当初は断っていたそうだが、阿久さんが是非とも岩崎さんに歌ってほしいとお願いした曲。彼女は当時から大人っぽい声色をされていたので、それを計算してのことだったんですよね。

そういうエピソードを聞くと、スポーツ紙連載が途中で終わってしまい、幻となってしまった「時の過ぎゆくままに」を作詞された経緯を知りたかったなあと。

亡くなられてから、いろいろ知ろうとしちゃうのは本当に申し訳ない思いですが、
NHKだけじゃないよね、他の民放局の皆様、特番よろしくお願いします(ペコリ)

| | コメント (0)

部屋で一日

朝新聞を買いに走った後は部屋でのびておりました。暑くて(笑)
避暑すればいいという話なのですが、しばらく休みがないと思うと、こうボーッとしながらジュリーの曲を聴きたい。という欲望もございます。そうなると暑さは我慢するしかないじゃないすか(T_T)

でもこういう生活もしばらく続けると慣れるもんですね<暑さ
なんだか逆に健全な生活をしているように思えてきます。

夜はプライム10にて紅白の「時の過ぎゆくままに」を観たということで、比べて「レコード大賞」の「時過ぎ」を観ておりました。(動画サイトにもありますね)。この年は候補曲10曲からさらに5曲を大賞候補として選ぶという形で、残念ながら5曲の中には入らず。しかしながら、大賞をとれるに十分な大きな曲ですよ。ご存知のとおりねっ。070806

紅白もレコ大も当然のことながら「井上尭之バンド」の演奏で歌われておられたのですが、紅白の方を観ていると途中でパッと斜め後ろを振り向いて、バンドの方を見て微笑むんですよね。いいじゃないですか、「僕たち一緒だよ」というのが伝わってきて。微笑ましい光景です。

まずは渋谷でのコンサート終わりましたね。
二日目は明るくご登場であったそうで。初日の追悼歌は初日のみの限定歌でしたね。後に引きずることなくさっぱりしておられるところ、ジュリーらしいなって思います。たとえ歌われなかったとはいえ、ジュリーはこれからの歌手活動でもって阿久さんの歌を大事に歌い続けていかれるのですから。

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

天国に届け

070805_4

喪章で「時の過ぎゆくままに」ジュリー涙唱鎮魂歌

天国の阿久さんに捧ぐ「時の過ぎゆくままに」ジュリー号泣唱

ファン2000人起立促し「時の過ぎゆくままに」捧げる

朝、スポーツ紙を買いにコンビニに走りました。
ジュリーの占める割合が大きいこと。各社の情熱が感じられます(*^_^*)
Web紙面でもジュリーの写真を拝見しておりまして、肌ツヤも良くお元気そうで安心いたしました。

ファンの皆様の感動されたコメントもたくさん読ませていただきました。
ワタクシもなんちゃって心は渋谷に飛んでおります(笑)

セットリストはおそらく特に長年ファンをされて来られた方々には感慨深いものばかりだったのではないでしょうか。
内田裕也さんも会場にいらっしゃったそう。きっと会場のあたたかい雰囲気の中で目を細めながらジュリーをごらんになっておられたことでしょう。

今日はお休みをいただきまして、これでお盆がすぎるまで休みがありませんので、じっくりとジュリーの曲をなまぬるい部屋で聴こうと思います。

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

感動を想像

ジュリーも歌詞カード片手に観ていたそう、昨夜の追悼番組。
今一度録画したものを見直しています。

東京の空は今夜どうでしたでしょうか?
私共の所はちょうど雷雨でものすごいことになっていました(汗)フッと暗くなって停電しかかったり・・・
雨漏りしなかっただけでもよかったです。

日刊スポーツに速報が載っていましたね。冒頭、ジュリーが「みなさんでご唱和お願いします」と「時の過ぎゆくままに」を全員で合唱!!昨夜の番組でラストが「時の過ぎゆくままに」だっただけに、大勢のファンの方々は当然同番組を観ておられたでしょう。それを引きずった状態で今日のコンサートでしょう、絶対号泣ですよ!私がもしその場に居たら、涙で声が出なかったんじゃないでしょうか。

阿久さんの曲を沢山歌ってくださって、とってもステキなコンサートだったようですね。

明日の朝はスポーツ紙買いに走りますよっ!

| | コメント (1)

2007年8月 3日 (金)

追悼番組にて

阿久さん追悼のNHKの番組を先ほど見させていただきました。

感激しました\(^o^)/
Katte_2
だってジュリーの77年紅白の映像が観れたんですもの。

新聞で「勝手にしやがれ」が取り上げられるようだとは分かっていましたが、歌っている映像までは正直期待したなかったんですよね(苦笑)まあ、ジュリーは昔の映像の解禁はとっくにしておられるわけですが。

この映像、ワタクシが一番観たかったもので、以前も書いたように77年レコード大賞を奇しくも録っていなかったということもあり、動画サイトの紅白ジュリーでとどまっておりました。その動画も見れなくなってあきらめていたんですけれど、望みはかなうものですね。

朝やお昼のワイドショーもちょこっと見ておりましたが、二日にわたって故人を偲ぶ、偲ばれる方はそうはいらっしゃいません。改めて阿久先生が日本人に与えてくれたモノの大きさが分かりますね。
私自身ももっと言葉というものを大切にできたら、口下手なので生涯かけての難関でしょうが、そう思っています。

最後に「時の過ぎゆくままに」を流してくださいました、NHKさん、ありがとう!

そして明日はいよいよコンサート初日、今日も買い物の途中の車内で「生きてたらシアワセ」を聴いていました。だいぶ口ずさめるようになりました♪

もうすぐジュリーの生の歌声が聴けますね!コンサート初日無事に遂げられますように。遠くながら応援しています。

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

一日が過ぎて

昨夜は阿久さん作詞のジュリーの曲を聴いていました。

今朝の新聞にはたくさん阿久さんへの言葉がありましたね。みなさんがどれだけ感謝と尊敬の念を抱いておられたかということが分かります。

ジュリーもおそらくFAXでしょう。コメントを寄せてましたね。
私がファンでなければ、なぜジュリーが「七転八倒」されていたのかということを知らないところでした。

ジュリーはもともと阿久さんのような言い切り系の詞は好きではなく、かといってナベプロや人気のため、無視することはできない。じゃあ、せめて直下型で来る詞に対抗したろうやないか・・・ということで、特に「勝手にしやがれ」以降、ハデハデ路線に転向して(戦いに挑んで)いったわけです。その際に、陰ながら大変苦労されたんだと思います。周りのスタッフ含めて「如何にしたら注目されるだろう」ということで。

一方、阿久さんも決して受身型の方ではなかったんだと、今日のワイドショーなどの生前のコメントを聞いて知りました。望むモノ「詞」は違えど、なんだかジュリーに似ているなあって。
お二人とも世の中にアンテナはって、「何か面白いことができないか」って思っていらした。人と違うモノを創ってみたいと。
そんな二人が出会って、組まれた・・・というより戦っていた、その姿を大衆が見ていたという構図なんじゃないかと思いました。

阿久さんが「これでもくらえ」と投げたものをジュリーは受け止めつつ更に増幅させ大衆に放つ・・・

私は「ドラゴンボール」や「星闘士星矢」を熱心に見ていた世代なので、こんなことを書きながらふと当時のこれらの戦闘ものアニメが脳裏に浮かんできます(苦笑)

朝のワイドショーの新聞紹介で、スポーツ報知にジュリーらしき写真が載っていたので、コンビニに買いに走ると、ピンボケのように写っていて、ジュリーなんだけれど、(レコード大賞受賞時)どう見てもジュリーじゃない顔になっていて、ちょっとヘコみました><(ひょっとして私が買ったのだけそうなってたんだろうか・・・)

「勝手にしやがれ」も当然ながら曲紹介されてましたけど、ほとんどがあのレコードジャケットを映したのみでしたね。関西ローカルですが、ジュリーのコメントのバックに「春団治」制作発表時のジュリーを使っていたところもありましたけど。やはり突然のことで、いきなり「夜ヒット」など歌番組のジュリーの映像は難しかったんでしょうね。

そうして、夜帰ってみると頼んでいた98年正月コンサート「ROYAL STRAIGHT FLUSH」が来ていました。
驚いたことに、曲のラインナップに「危険なふたり」「勝手にしやがれ」「きわどい季節」「時の過ぎゆくままに」「LOVE」が並んでいるではありませんか!!
自分だけの事ですが、この偶然に驚かされ、今はコンサートDVD観ながらです。やはり阿久さんの曲になると特に見入ってしまいます。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

訃報

驚きました。
そして大変ショックです。
阿久悠さんが逝去されました。

ナツメロ好きな私にとっては、彼の関わった曲は知っているものばかり・・・
特に、ジュリーファンになっての今では、深く哀しみが襲ってきます。

先日のスポーツ紙の連載中止は、おそらく阿久さん側から「今週は連載できない」という連絡があったんでしょうね。新聞社もまさかそこまで悪くなっておられるとは知らず、皆さんには後日連載を再開します、と載せて。

「時の過ぎゆくままに」「立ちどまるなふりむくな」「さよならをいう気もない」「勝手にしやがれ」「憎みきれないろくでなし」「サムライ」「あなたに今夜はワインをふりかけ」「ダーリング」「ヤマトより愛をこめて」「LOVE(抱きしめたい)」「カサブランカ・ダンディ」「Oh!ギャル」「酒場でDABADA」「麗人」「女神」「きわどい季節」ほか多数・・・

おかげさまで全部歌える曲になっています。ジュリーのファンになってまずシングルA面を聴きまくりましたから。今夜はこの曲を部屋でかけて追悼しようと思います。

昨年は久世さんと宮川さんが相次いで亡くなられた後のコンサートで、ジュリーも大変おつらい中、ゆかりのある曲を織り交ぜてお歌いになられておられましたが、今年もまた・・・・と思うと、こちらもつらくなってしまいます。ファン共通の願いかもしれませんが、阿久さんには今のジュリーに宛てて曲を書いてほしかった、そして来年のアルバムの一曲として聴きたかったですよね。

大切な人がまた一人逝かれてしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

何になるでもなく

今日はなんか論文ぽくなってしまいそうな雰囲気ですが・・・
やっぱりどうでもよさそうなことが気になってしまうのが世の常、いえ、ワタクシの常でございまして(^^ゞ

先日神戸にて購入いたしました、「今僕は倖せです」について。
今は毎年のようにジュリーが総指揮をとり、CD制作をされておられるのですが、1972年にすでにおやりになっていたとはっ!と知ったときは大変驚きました。しかも歌詞や、その他の字すべてジュリーが手書きで書いているという・・・
エンピツで書いたのかしら、ペンだよね~~? というのは、間違って修正した跡がないから(笑)
ジュリーのご性格からか、定規をちゃんとおあてになったのか、普通横書きで白い紙にダーッと書いていくと右上がりになったりしていがんでしまうものなのですが、見事にいがんでないんですよね。070801

装丁もそういうわけで、非常に凝ったものになっているんですが、次にワタクシ目につけた のが何で「倖せです」という表記にされたのかということ。

普通に打っても「しあわせ」は「幸せ」か「仕合せ」(の似通った部類)しか出てきません。それで「さち」にすると一応出てくるんですがね。
調べてみると「倖」だけの単独の意味は現代ではないようで、「僥倖(ぎょうこう)」という表記では使うことがあるらしい。
1.思いがけない幸い。偶然に得る幸運。
2.幸運を願い待つこと。

おそらくジュリーの環境から1の意味で使われておられるものと。気取ってあえてこの字を使ったというよりも、意識して使われたんじゃないかしら。

もっと別のところで調べてみると、

「幸」は手枷の象形文字で、初めは「恩赦」を表してゐました。訓読みは「こぼれざいはひ」、即ち「瓢箪から駒」「棚からぼた餅」位の意味です。しかし「幸」を「さいはひ」の意にも拡げて用ゐるやうになり、「こぼれざいはひ」の意には「倖」の字を作って区別する様になりました。
(古今字-「幸」と「倖」-倍空文庫)

これで納得ですね。

確かにジュリーはこの時点では、自分がどうこうして得た名声じゃなく、みんなに担がれ、気がつけば前を歩かされていたような状態で、かといって、歌うことは大好きなので、こうやって好意ある人々に囲まれて歌うことができるのは「倖せ」。だったんでしょう。

このアルバム曲の中の「不良時代」は「greenboy」DVDで聴くことができます。
当時は、10代の頃を思い出しながら、そして現在は当時のことをひっくるめて「若い日」と歌っておられるのではないかと。
信じたい。。。うーん、でもエンディング「TOKIO」を残しての状態だから、もしかしたら終わってからの!(^^)!ことを考えてたりして←失礼

| | コメント (6)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »