« 意識して | トップページ | さらに歩くっ »

2007年7月12日 (木)

再び南下

そこから行ったのが、ジュリーが子供の頃学校がえりによく遊んでいたという真如堂。
白川通から東はよく行くけど、西は実は初めてというワタクシ・・・お恥ずかしい。
こういうことがきっかけじゃないと、行かなかったかもしれないなあ。
地図も持っていったのですが、私の経験上、あまりあてにならないんですね。平面と立体との差とでも申しましょうか。
こういう時は仕方ないので、山を目指して行って、周りを回って門を探すという(苦笑)
本堂にお参りというより、気になるのは「そんこん」で話されていた埋め込まれている石が数字に見えるっていう坂道。

J:見つけてみ!

私:坂道は見つけましたが、数字には見えませんでした。教えてください(結論(-_-;)

長年あるから風化したか・・・そんなことはないだろう。降りてまた上がったけれど、どこをどう見ればいいのか、ようわかりませんでした><
というか、そもそもなんでこんな坂道作ったんやろ・・・
こんなにデコボコさせる必要ないやん!
たとえていうと、中流あたりの河原を歩いているよう。普通の石畳の道って表面はほぼ平らだから歩くのに支障はないけれど、ここのは削りもなんにもしていない石をしきつめて、コンクリートで固めましたって感じ。それで急な坂道なわけだから、注意しないとコワイコワイ。
小さい頃にすでにあったというから、50年以上は確実に経過しているだろうし・・・当時の手抜き、すべり止め?
疑問を持ったらキリがない。

看板見ると、消防用の坂道って書いてある。火事などで緊急のときに乗り入れる用ということか。でもこのデコボコとは関係ないような。

同じ道を行って帰るというのは性に合わないので、違う道を歩いているうちに、墓地にきてしまい、おまけに小高い山の上にある寺だから、坂道をのぼったりして・・・この時期だし雨降ってもびっしょり汗をかいてしまいました。
小学校からだと、けっこう急な坂道をのぼってお寺に行かないといけないので、なんとなーく想像しながら、あの頃はみんなやんちゃだから、坂道が急だからとか、関係ないですわね。

|

« 意識して | トップページ | さらに歩くっ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意識して | トップページ | さらに歩くっ »