« 時計/夏がいく | トップページ | 29年前 »

2007年7月19日 (木)

夏とストリッパー

衝撃の松竹座から一ヵ月。早いっ・・・と思いながら過ごしてきた今日。
梅雨が明けたわけでもないけれど、おそらく30度を越える猛暑になりました。

そんな中、お子様用のふりかけを求めに車を走らせる(笑)
二度走らせた。
一度目は郵便局寄って、帰りのスーパーでふりかけを買う予定だったが、人に頼まれたものと、賄い材料ですっかりふりかけを忘れてしまう・・・と気づいたのは帰ってからだった。

私は何かを注文したり買わないといけないと分かった時は、すかさずホワイトボードや自分の手なんかに書いてしまう(苦笑)天才まではいかないが、忘却の達人だ><
その書いていったホワイトボードの「ふりかけ」という字を見て愕然となってしもた・・・
ああっ、ガソリン代がーっ!(また値上がりするんだってね(*_*)

ああ、なんでふりかけの話でこんなに書いちまったんだろ(-_-;)

つまり、その二度の車中で外は猛暑だーの中で聞いたのが、先日購入したアルバム
070719_2 
旅館~店約6分の間だから、そんなに聞けたわけじゃないけど、
おおっ、夏の曲だっ!!と。
ちなみに昨年はサザンの曲を社用車の中でかけてたっけ。
ということで、まだまだ聞き込みが足りていないアルバム。
世間的には(ファンの間では)評価が高いですよね。このアルバム。

重くないロック調といいますか、曲によっては50年代を漂わせるものもありますね。
そこには他のアルバムであまりおめにかかれない部類のロックジュリーを窺い知ることができます。
そもそもロックの定義というのがはっきりとは分からないのですが、このアルバム曲はちょっと特殊な感じが、つまり「歌謡曲一等賞狙いのジュリーではない」んですね。
全体通しては一度しか聞いてないですが、また一つジュリーがやってこられたことを知れたわけで、とってもうれしいわけで。

これからの季節、特によくかけるだろうアルバムになりそうです♪

|

« 時計/夏がいく | トップページ | 29年前 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時計/夏がいく | トップページ | 29年前 »