« 千秋楽から3日 | トップページ | 眠いっ>< »

2007年6月29日 (金)

きわどい季節

阿久悠さん作詞、加瀬邦彦さん作曲。阿久さんといえば、作曲は大野克夫さんで、ジュリーの黄金時代を支えて下さったんですけど、CO-CoLO時代も詞を提供されておられたんですね。加瀬さんもジュリーのプロデュースを長年やってこられましたけど、意外と曲の提供は少なかったり(私の情報量不足?)

この曲、「greenboy」DVDで初めて聞きまして、タイトルからするとロック調かなと思いきや、とんでもなく少女から大人の女性に成長する姿を静かに見守っている、キラキラとあたたかな陽射しがそそいでいるような歌なんですね。(でも、男心もちゃんと描かれてますけれど(^^ゞ)

私はどなたの曲でもメロディー優先のところがあって、それが気に入れば何回か聴くのですが、意外と歌詞を覚えていない。歌詞カードでじっくり見て、「こんなストーリーだったん?!」と思ってしまう。(時には驚いたり。「おまえにチェックイン」とか(笑)

きわどい、も今更ながら歌詞をじっくりと読みまして、「こういうストーリーだったんだ」と気づくという(スミマセン)
CO-CoLO時代って、静かな曲が多くて、それまで派手派手ジュリーを楽しんできた方々か離れてしまった感じがあるのですが、考えてみると、ジュリーとしてはこういう曲が歌いたかったんだろうなあと。イメージとしては、光を受けて静かにキラキラと光り輝く海面(川面)のイメージですかね。全体的に。
またこの頃について私論を勝手に(笑)語りたいと思いますが、ジュリーだからこそ歌える 歌かもしれませんね。こういう少女をあたたかく見つめるような歌。(けっこうこういう感じの歌が多いのもそのゆえんかもしれませんね)070629

画像はgreenboyコンサートできわどい季節を歌っているジュリーです。遠目ですが、歌い続けておられるので、額に汗が光っていて、ますます「きわどく」させてます(*^_^*)←ヘンな意味じゃなくて

|

« 千秋楽から3日 | トップページ | 眠いっ>< »

Julie」カテゴリの記事

コメント

加瀬さんは、ジュリーにたくさんの曲を提供してますよ。
加瀬さんの曲だけで、コンサートができるくらい。(笑)
タイガースの「シー・シー・シー」に始まり、大野さん以前、いわゆる第2期黄金時代はほとんど加瀬さんです。
「許されない愛」「死んでもいい」「あなたへの愛」「危険なふたり」「恋は邪魔もの」「追憶」「白い部屋」「TOKlO」「おまえがパラダイス」そして「きわどい季節」。
その他、B面やアリバムにたくさん提供してますよ。
そのどれもが、名曲です。
ぜひ、探して聴いてみて下さい。
ジュリーの一番の理解者で、心の許せる人は、加瀬さんかもしれません。

投稿: choco-j | 2007年7月 1日 (日) 15時45分

情報アリガトウゴザイマス!!
ワイルドワンズに所属されながらも、「シー・シー・シー」の曲を提供されておられたんですねえ。
やはり私の情報不足でした><
ジュリーと加瀬さんは、本当に深い絆で結ばれておられるんですね。現在は仕事を共にされることはなくなりましたが、きっとお互いに気遣っておられることでしょう。
来年、加瀬さんがらみで何かイベントをされないかとちょっぴり期待しています(*^_^*)

投稿: Nasia | 2007年7月 2日 (月) 00時04分

ジュリーのお誕生日を過ぎて、ただ「嬉しいなぁ、おめでたいなぁ」と思っていました。でも(当然ながら)「59歳」を迎えられたのでしたね。あまり考えきれていませんでした。

私は加瀬邦彦さんの「ワイルドワンズ」については詳しく知らない世代です。ジュリーの「GS. I Love You」(でしたか?)もまだ聴いていないので、聴きたいと思っています。
GSというと、「ブルー シャトー」やタイガースくらいしかわかりません。私が生まれたころにはジュリーはソロ歌手として活躍しており、それ以前にGS時代を活動していたということにはまだ目を向けきれてはいませんでした。私が生まれてから先のジュリーにしか目がむいていませんでした。

また、ジュリーの子ども時代に聴いた音楽というのもきっとジュリーを形成する素になっていることでしょう。ジュリーが生まれ育った時代を知ってみないといけないなと自分の中で思いました。ジュリーを形成した時代背景。団塊の世代、とよく言われていますね。団塊ということばについては調べてみたのですが、そのこと以外についての1948年以降の日本や世界の動向、気が遠くなるほどいろんなことが起きていったことでしょうけれど、時間の合間をみて気長にいろいろ読んでみたいと思っています。

投稿: タジリ | 2007年7月 2日 (月) 08時58分

私もGSはあまり詳しくないですね。(当たり前といえば当たり前なんですが)なので、ジュリーが愛しているビートルズやローリングストーンズの曲もほとんど聴いたことがないんですよ。(ジュリーに怒られそうだ(>_<)

ジュリーは団塊というコトバ、あまり好きではないそうです。ひとくくりにしないで、個人個人が尊重されるべきだっていうのをどこかで読みました。でも私たちから見れば、みんなで一つのことに燃えることができた時代(学生運動や安保闘争やGSブームで熱狂した女性たちなど)ってうらやましいなあと思いますね。生涯にわたって付き合える仲間がたくさんできそうですから。今の時代は、いろんな面があまりに軽くなりすぎて、物足りないですね。

投稿: Nasia | 2007年7月 2日 (月) 21時59分

>今の時代は、いろんな面があまりに軽くなりすぎて、物足りないですね。

私もそう思います。経済的に豊かになったからでしょうか。機械技術が次々に導入され、より合理化・簡略化されてゆくなかで、人間の心の通い合うつながりまで薄れてしまったのでしょうか。また、日本古来の旧い風習(嫁、姑、地域住民やご近所との付き合い、ムラ社会等等)(年長者を敬う、先輩後輩というつながりその他)や習俗(冠婚葬祭での地域や親戚との付き合い等)を、面倒なしがらみと受け取り、排除してきた多くの日本人。
面倒で非合理的なものの中には、実は反面良い部分もたくさんあったはずです。それら(優れた技術や良い思想)は、年長者から若い人たちに代々受け継がれてきたものもたくさんあったことでしょう。
高度成長期に多くの日本の人たちが手放してきたそれらの中には、実際には目にすることが出来ない価値あるものが、非常に多くあったのだと思います。
それらがなくなり、人間関係が希薄化し、徐々に「軽さ」は度合いを増してゆくように感じています。
本当に良いものは、再度採用され、合理化ばかりを重要視しない覚悟が必要だったと感じた人々によって、(子育てという場面においては)子育て支援センター等が今、各地で設置されています。老齢者用の支援施設、若い人たちと地域の住人(中・壮年層)とが隔絶しないための付き合い方、挨拶をしあえるような関係(顔見知り)を作り、地域住民間での「関係の希薄」を生まない工夫、よい意味、ひろい意味での交流が、もっと活発になされる世の中になってほしいものだと思います。

国の行く末を決める鍵を握る国会議員また総理大臣には、私利私欲に走らず、もっとよく考えて、国民・国家の安全のために全力を尽くしてがんばって欲しいです。長くなっちゃってごめんなさい(^^;)


投稿: タジリ | 2007年7月 3日 (火) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/15592414

この記事へのトラックバック一覧です: きわどい季節:

« 千秋楽から3日 | トップページ | 眠いっ>< »