« ジュリーマニア観賞(1) | トップページ | ジュリーマニア観賞(3) »

2007年6月 7日 (木)

ジュリーマニア観賞(2)

本来ならはじめから順に書くべきなんですが、どうしてもいち早く書きたかったのが、
大ヒット曲「勝手にしやがれ」の模様。
私はCDを先に聞いているもので、(お気に入りなので何度も(^・^)
DVDを初めに見たとき「?」と思ったんです。
070606_2ジュリーはこの曲になると1番2番の間奏で舞台右に左に走りまくるのですが、間奏の最初 に余裕を持ちすぎたせいか、2番の入りがギリギリに・・・いや間に合ってないっす。お口がマイクまでまだ距離があって音が拾えていない(-_-;)ジュリーも「しまった」という顔をしながら半笑い状態で「
バーボンのボトルを抱いてぇ(◎o◎)、夜更けの窓に立つぅ・・・」
何が「?」て、CDは普通なんですよぉ!声が笑ってないし、ちゃんと入っているもの。
そんで、よーく聞いてみると、うむなんとなく「バーボンの・・・」と「さよならというのも・・・」の声質がちがうような?つまりこれは置き換えちゅうことやな。(ハハ(-_-)zzz)
テンポやミュージックはまったく一緒なので、ジュリーの声の一部だけ入れ替えた模様。

疑問なんですがなんで最後のあのフリ「壁塗り」って言うんでしょうか?
ジュリーが言ったのかしら。歌詞とは関係なさそうだし  (出ていってくれぇ~!と言いながら壁塗ったり、ワンマンショーしながら壁塗りせんでしょう。例え壁塗り職人さんだったとしてもプライベートでそんなことせんわな)

後述になりますが、曲そのものが置き換わっているというのもありまして・・・(爆)DVDとCDを聞き比べたらホントいろんな発見があって面白いですわ。(ファンの皆様ならご存知ね。きっと)

|

« ジュリーマニア観賞(1) | トップページ | ジュリーマニア観賞(3) »

Julie」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「ジュリーマニア」DVD鑑賞、いずれ必ずうちでも、と思っております。とても面白そうですね。音と画像でぜひ観たいものです。
こちらのブログで少しずつジュリーマニア観賞(1)~読ませていただいています。

「勝手にしやがれ」の「壁塗り」といわれるアレは、あれじゃないですか? たぶん、「動きがまさしくそうだから」なのでは? 

ちなみに、壁ぬり、というのはペンキ塗りのような動作ではないと思います。たぶん、コンクリート塀を塗り上げる、あの動き。

それと動きがソックリかは分かりませんが、壁ぬりは確かにひといきで出来るものではありませんが、ジュリーのあの両手のひらパーを、グーに変えて(親指は出す)、コテを持った左官さんになった気持ちで下から斜め上へすりあげる動きを(壁を塗り上げるきもちで)やってみましょう。そのとき、手首からひじまでの内側(白い部分)は両腕ともに正面に向けられるはずです。

左官さんがパレット?コテ?を使ってコンクリ塀の素の液状のもの?(確か、硬めのドロドロ)をたっぷりすくい、壁を塗り上げていくときの動きです。右下から左斜め上へ、コンクリのペーストを厚めに塗り広げ、今度は左斜め下から右斜め上へ、壁をぬり上げてゆく感じです。それを右から、左からと繰り返せばまさにジュリーの壁塗りのあの動きに似ていますよ。

それを、高さが低い位置から高い位置までくりかえす動きを、今度はパーの手でやってみれば、「勝手にしやがれ」のあの動きの完成です。クドクなってしまいましたね。ごめんなさい。

投稿: タジリ | 2007年6月 8日 (金) 09時59分

詳しい説明ありがとうございます。なんとなくですが、イメージがつきました。
きっと「壁塗り」というネーミングはジュリーの動きを見た誰かが後でつけたものでしょうね。歌詞とは関係ないという結論に達しときましょう。
いよいよ怒涛の後半です(笑)

投稿: Nasia | 2007年6月 8日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/15339776

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリーマニア観賞(2):

« ジュリーマニア観賞(1) | トップページ | ジュリーマニア観賞(3) »