« 片目で | トップページ | 余韻にひたりながら »

2007年6月 2日 (土)

そして終焉

いつかは終わってしまうというのは分かりながらも、やはり終幕になると「もっと観たい」という願望が出てくるものです。最後は春さん死んでおしまいなので、ちょっとでもこの目に焼き付けようと必死に見つめましたよ。

あの世からのお迎えの人力車に乗って旅立つ春さん。

一人ぽつんと残されたおときさん(直美さん)

あえて具体的な筋は書きませんけれど、泣き笑いの人情劇。でした。

拍手の中幕が降りて、場内が明るくなるんですけど、やっぱり皆さんご存知だったんですね。期待しておられたんですね。止みかけた拍手が改めて大きくなり、私も祈りながら・・・

そうしたら、幕が上がってきました。直美さんが立っておられ、ご挨拶。そして最初に戻るのですが、「星の王子様」と紹介してジュリー登場。拍手でよく聞き取れなかったです。博多座では二人とも膝をついて手をヒラヒラさせながらお互いを立てておられたそうですが、それももちろん、その前にジュリーは私たちに向かって両手で手振りをしてくださいましたよ。まるでコンサートの最後にジュリーがやってくださるように。

終わっちまったなあ。舞台。。。

そして、ますますジュリーに惚れちゃいました"^_^"
ワタクシごとき若造が言うのもなんですが、いい歳のとり方をされたなあって。0706012
ありがとうございました。本当に・・・    

記念にパチリ→(ライトの加減で春さんのお鼻がーっ!スミマセン)                                

|

« 片目で | トップページ | 余韻にひたりながら »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/15284040

この記事へのトラックバック一覧です: そして終焉:

« 片目で | トップページ | 余韻にひたりながら »