« プライム・セレクション「君だけに愛を」 | トップページ | カサブランカ・ダンディin紅白 »

2007年6月15日 (金)

危険なふたりinレコード大賞

不定期になると思いますが、何かと関連して、ジュリーの歌を語れればよいという企画(*^_^*)
長年のファンの皆様にとっては「こんなこと、とっくに知ってるわよ」「何を今更」みたいなところがあるとは思いますが、ここは半ば自己満足の世界でもありますのでお許し下さいませ(ペコリ)

実はワタクシ、以前放送されたtbsチャンネルのレコード大賞の録画分を昭和43年~昭和51年まで持っていまして。まあナツメロ好きということでゴールデン時代を録っておきたかったわけです。
お気づきだとは思いますが、昭和52年、
な・ぜ・か録らなかったんです><。忘れていたのか、どうでもよくなっていたのか、当時の私をとても責めたいいっ!おそらく勝手に分析するには、私の中でもうこの頃は下降線じゃないか・・・みたいな。ヘンな偏見を持っていたんじゃないかと。

ということで、まあ今から考えるとたまたまジュリーが出場していたのを録れたっというのが昭和47年~昭和50年の4回分で。


(Q)じゃ、その時に、ジュリー見てなんとも思わんかったの?
(A)ハイ←素直(-_-;)

ワタクシの癖といたしまして、内面からその人を見る傾向があるので、例えばこの年、48年ですけど、一応は見るのですが、なんかナヨナヨしてるんだよなぁ・・・みたいな、あまりインパクトがなくて(大失礼) ジュリーってこんな人なんだって知らなかったから、仕方ないっしょ(自責)  

私、レコード大賞でも、なぜか昭和48年が好きで、何回か見るんですね(12月に見るのがイイですね) 新人賞で安西マリアだとか、リンダがジンジンしてるよ、とか金井克子のアレとか、歌唱賞でヒデキの「孤独なふたりーっ!恋人ーっ!」とこちらも熱くなってしまったり。
でも、なぜーか何度も見てしまうのが大賞をとった五木ひろし。この人が好きなわけじゃなく歌われた「夜空」というのが心に残る歌でしてね。大賞とった後の歌は花束贈呈とかいろいろゴチャゴチャしているので、一回目のほうをよく見てたり。
そして、最近知った、ジュリーと五木さんが同い年だという事実(笑)
今ならドッコイドッコイかなぁ・・・
オイオイてな感じですけれど、そういう頭で当時の映像見るとビックリしますハイ。とても「オレたち同じ年だぜ」と威張れません。

さて、ここでのジュリーです。歌う直前に、誠実な人柄を垣間見れたのが、一瞬目を客席に向けて少しうなずくんですよね。「よろしくお願いします」と言っているかのように。
070615_2
この歌では「アァーアァー」と言うたびに黒のファーの長いのをよく振り回されます。衣装がピンクだから、黒でも地味に見えない。
以前のブログでこの曲あまり好きではないと書きましたけれど、この当時の甘ったるい声で歌うバージョンはいいなあと思うんですよね。はじめに興味のなかった(笑)ナヨナヨさも含め。(もう
好きになっちゃうと、なんでもよくなっちゃうんです←単純)

この年は大衆賞だったので、気を張らずに歌えたんじゃないでしょうか?
毎年、大衆賞でもレコード大賞受賞の可能性はありますみたいなことを圭三さんなんか言ってましたけど、みんな心の中では
「ねえよ」って叫んでました?多分(爆)

|

« プライム・セレクション「君だけに愛を」 | トップページ | カサブランカ・ダンディin紅白 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お仕事でもご多忙の中、ジュリーに関する情熱は熱く燃えていますね(^^) いろいろ楽しく拝見させていただいております。
五木ひろし(氏)と同年代・・・!!!
驚きでした(@O@;;
でも、なんというか、私から見れば今も昔もジュリーのほうが見た目若々しく感じられます(^^; 個人の好みということなんでしょうか。(^^;A

近々CDとDVDを購入の予定です。Nasiaさんが観賞されレポートを書いていらっしゃる「ジュリーマニア」と(こちらはCDを購入の予定)、新発売のCDと、あと、ライブコレクションDVDを一枚、と考えています。『CROQUEMADAME&HOTCAKES(コンサートツアー)』にするか、他サイトでお勧めの声が高い『REALLY LOVE YA!!』を買うかで悩んでいます。本気で悩みます。どうしよう。『サーモスタットな夏』も『ROYAL STRAIGHT FLUSH』も気になるんだよう! どれも一緒に申し込む予定なので、新作アルバムを発売直後に聴く事は難しいかも知れませんが、絶対に買いますよ。
ちなみにNasiaさんおすすめのLIVEビデオ(DVD)は何ですか?

投稿: タジリ | 2007年6月18日 (月) 08時59分

ごめんなさい。つい五木ひろし(氏)のことと自分の話に終始してしまいました。

レコ大の録画映像は貴重ですね。S47~50年の頃のジュリーといえば、「危険なふたり」とか「時の過ぎゆくままに」とか「勝手にしやがれ」とかの頃でしょうか。違っていたらごめんなさい。
これから後あたりから男っぽさ(変ないいかたですが)が徐々に加えられていく気がします。

「危険なふたり」の頃あるいは「あなたに今夜はワインをふりかけ」の頃のジュリーからは、見る者の勝手な捉え方ですが少女マンガ的「美」がテレビの画面いっぱいに作りあげられ、完成されていて、こちらのジュリーも大好きです。
でも今の年齢に(自分が)なってから観ると、「サムライ」や「ダーリング」「にくみきれないろくでなし」の頃のジュリーが、とくに魅力的(動画でみて)に感じられて良いです。「六番目のユ・ウ・ウ・ツ」「女神」も美しいですね。「麗人」も怪しいかんじです。

ただ、それ以降については知ろうとせずに過ごしてきたので(「灰とダイヤモンド」までです)。これから、その後20年ほどの間の良い曲や演奏をDVDやCDで聴きたいと思います。知らずに来た事はひとえに残念で悲しいけれど、当時の活動についてを積極的に知ろうとはしなかった期間を思ってもどうにもならないですものね。と自分に言い聞かせています(^ ^;

投稿: タジリ | 2007年6月18日 (月) 09時34分

DVDどれもオススメかもしれませんね。きっと。
それぞれ、違ったジュリーを楽しめますからね。
澤会さんの500セットですか、限定で十数作品のライブDVDが発売されていたようですね。こちらも市販されていない近年のライブDVDのようでもう出回ることはないんでしょうが。
買い方として、ジュリーマニアからワイルドボアの期間で一期間に集中しないほうがよいのでは・・・と思います。
ちなみに私はジュリーマニア、ZUZU、愛まで待てない、グリーンボーイを購入しました。ちょっとずつ間があるので、これで十分楽しめてますよ!

私なんて、後悔したらキリがないですね(苦笑)ヒット曲連発時さえもほとんど記憶にないわけですから。
お互い、過去を振り返る形ではありますが、いろんなジュリーを発見できたらいいですね。

投稿: Nasia | 2007年6月18日 (月) 11時43分

そうですね。
いろんなジュリーを発見したいです。
今日郵便局へ行く機会があり、我慢できずに(?)
アルバム「生きてたらシアワセ」の」申し込みのみ、他の払い込みと一緒に済ませてきました。
『ジュリーマニア』とDVD1本は、まだ申し込んでいません。今後もう市販の予定がないライブDVDというのも、あるのですね(**;)

> 一期間に集中しない
> どれもオススメ

なるほど。そうですね。今度新しいアルバムが聴けることですし、ジュリーマニアで以前を聴けるしで、今回何を買うかで迷いましたが、10年前のライブDVD『サーモスタットな夏』を、購入したいと思います。アドバイスありがとうございます。

投稿: タジリ | 2007年6月18日 (月) 14時14分

「サーモ」も気になりますね。タイトル聴いただけでドキドキしてしまうような(笑)
25日まであと1週間!

投稿: Nasia | 2007年6月18日 (月) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/15443827

この記事へのトラックバック一覧です: 危険なふたりinレコード大賞:

« プライム・セレクション「君だけに愛を」 | トップページ | カサブランカ・ダンディin紅白 »