« ジュリーマニア(1) | トップページ | タイミングよくTV出演 »

2007年5月31日 (木)

ジュリーマニア(2)

当CDの内容は、また追々書けたらとは思いますが、武道館におられた皆様と共に盛り上がってしまった私は、とにかく沢田研二さんのことを知りたいと。

私はそろそろ年季がはいってきたせいか?人を見るときはあまり外見上で見ないようになってきました。勿論、ジュリーはカッコいいけど、それはウロ覚えでもなんでも見てきたことだから関係ない。どういう考え方を持って生きてこられた方なのかって。

調べましたら、ジュリーの自叙伝「我が名は、ジュリー」という本があるのを知り、早速某サイトから購入。

読みましたとも、読みましたとも。


インタビュー形式ですが、生まれてからのことを、ジュリーは実に率直に語っておられます。
充電期間を置くという直前の時期ということで、ジュリーも最後の方はこれからの自分について、どうなるんだろうか・・・・惑いを感じるところで終わっています。

そして、その後の彼の行き先、後悔しない選択。

一連に言えること、彼は実に素直に生きてこられたんだなあと。
簡単そうですけど、実に煩雑な世界、なかなかできませんって。。

それにしても、幼少時やタイガース(ファニーズ)時代の写真など昔の写真が使われるというのは一般的ですけど、戸籍抄本や、胸部のレントゲン写真や診断書等まで載せるとは!私が手にしたのは文庫本ですけど、大判のはもっとお宝写真があったのでしょうか(^^)

実は私自身、節目の年ということもあってか、単なる気のせいか、どうすればよいのか、どういう考えでこれから歩んでいこうか。考えてしまうことが多くなりました。今の職業は満足しているのですが、その範囲内でどう進歩していくべきか。ジュリーとの出会いは、そんな私に一つの指標を与えてくれたような気がします。

|

« ジュリーマニア(1) | トップページ | タイミングよくTV出演 »

Julie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/15267020

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリーマニア(2):

« ジュリーマニア(1) | トップページ | タイミングよくTV出演 »