2020年9月14日 (月)

秋のつぶやき

 099909990

熱心に話しているジュリーの肩にゴミがついていたのか、そっと取ってあげてるタカユキさんの手の図(笑)

ああ私の年齢って、ジュリーのこの頃だと思いながら最近ちょこちょこ見ている「美しき時代の偶像」です。

(画像はキャプしませんでしたが、「ジュリーin紅白」を吉田健さんと見ていた黒縁眼鏡の人がジュリーだとは最初見た時気づかなかった思い出がw)



91年は映画「夢二」に出られたり、25周年記念ということで、「ジュリーマニア」を武道館でやられたり、
でもこっからさらに29年ですからね。もうどんだけ時間が経ったんやっていう(笑)
しかしまぁ、40代ていうのは、個人的には「惑い」なのかなと(笑)
30代まではまだまだ若いからなんとかなる!なんですが、
40代は老後のことを考えると、一応は考えながら生きないともうアカンなあみたいなw
ある意味「方向性を決める最後のチャンスの年齢」なのかもしれませんね。

ジュリーもこの頃は、まあ番組内では「唱歌が歌いたい」っておっしゃってましたが、
「自分はこうやるんや!」っていう着地点がまだまだ見出してないような感じも見受けられます。
世間的にも、まだまだ「若々しくて派手なジュリーでいてほしい」と言われてた頃ですからね。
その時々の「触覚的な感覚」を頼りに判断して進んでいくみたいな感じでしょうか。

私もコロナをきっかけに振り返れば、転機になるのか、ならないのか、
最近「近い将来、こうやってこうなれればいいのに」という理想を頭の中に浮かべるようになりました。
そして2カ月前には思ってもなかったことを今やっていたりしています。

それが実になれば、そうなるために日々努力し向き合いつつ・・・


ジュリーにとっても今「映画」に出演されるということは「転機」だと思うし、
私も「転機」だし、
皆さんにもそれぞれ「転機」があると思うし、
それが皆、いい方向への「転機」であれば良いと祈りつつ。

誕生日を迎えて、
秋の夜長な雰囲気でつらつらと書いてしまいました。

ではまた✋

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

再登場の松浪先生

14912

3月の末から始まった「はね駒」も来週が最終回となり、なんだかさみしい限りですが。
当時の視聴者さんからの熱烈な(想像w)ラブコールを受けて、あの松浪先生が3回だけですが帰ってきてくれました!

あれから14年、松浪先生も推定年齢50代前半となり、髪にも白いものが混じり、ソバージュになり、色黒になり・・・

ありゃ?年取ったらソバージュや色黒になるべか???

この撮りが行われたのはおそらく86年の7月末か8月前半。
ジュリーがちょうど何を思ったのか(失礼w)ソバージュヘアにしていた頃ですね。
私はてっきり「女神」を歌うからソバージュにしたのかと思ってましたが、発売日の結構前からソバージュだったから、関係ないんでしょうねw
それで、やけに色が黒いのは、どうやら7月末に石垣島でJALの撮影があった所以みたいで。
それでかーみたいなw


しかしまあ、松浪先生というのは、
もう見ているだけでこちらの顔がほころび、メロメロになってしまうという(´Д`)
罪な御方でございます・・・・

それに輪をかけたように、突然新聞社に飛び込んできた暴漢をちょいとひねって取り押さえたり、なんてシーンも作ってくださって💗

おりんは、自称「自分のダメ母ぶり」を松浪先生に声を大にしてアピールしたのは、どこかしら松浪先生に諭してもらいたかったっていう、甘えたい気持ちもあったのかな。
わずか3日で日本を去ってしまうという、そしてもうおりんも松浪先生に会うことはなかったんだろうなと思うと、
今が秋という時節柄もあって、少々寂しい気持ちがいたします。

ワタクシ的に言えば、本当に松浪先生には、コロナ渦の中ドキドキ💗を与えてくださって、感謝です。



話は変わりますが、今朝の朝日新聞に「キネマの神様」のことが載っていたようで、
その中から目に留まった部分を

「元々、志村さんを配役する前にも、沢田さんの名前は挙がっていました」
だから、代役・・・となった時に沢田さんにすぐに話がいったわけですね。

「スタッフが撮影機材のセッティングをし、いったん別室に引き揚げてから、俳優たちが入ってきてリハーサルを始める」
今までは同時進行であろう作業ですが、密を防ぐため、言い換えると「遠回り」なことをしないといけないことだらけだったんでしょう。

「準備時間は(ジュリーたちは)車中で待機、スタッフはもちろん、役者もマスクを着けてリハーサルをする。監督やスタッフにも、相手役にもマスクで表情が見えない」
監督も役者さんも、これじゃあ随分とやりにくかったでしょうね。監督にとっては、おそらくもっとも重要なのは役者さんの表情だと思うから。


そして、シーンの一部が少し書かれていました。

「キネマの神様」の現代パートでは、主要人物の一人であるゴウの親友が小さな映画館を経営している。ここがコロナで休館せざるをえなくなる。「絶望している館主を、マスクを着けた仲間たちが『補償金をもらえるように政府に働きかけよう』とか『クラウドファンディングを立ち上げよう』とか、みんなで励ますシーンを作りました」

そうなんですね、てっきり「コロナ後」から描くと思ってたんですが、まさにリアルタイムに視点を置いて脚本を書き換えられておられたとは。
それよりも、「リアルタイム」ということは、みんな「マスクを着けてる」ってことで、ジュリーの顔も大体は「マスクをしている」状態ということなんでしょうか・・・・
それだけは、仕方ないにしても残念だなあ。
でも結末は、コロナ後で、あの時は大変だったけど、今はハッピーみたいな展開だったらいいなあ。




| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

NHK DVDBOX発売!

0901

こんなことがあったかどうかはさておきw

昨年から「出すかもにゃ」と言うてた、NHKの過去映像のDVD-BOXが発売されることとなりました!

https://www.nhk-ep.com/products/detail/h24672AA

まあこれはコロナ関係ないですからね。
予定どおりということで(見方を違えば、途中でヘソを曲げなかったともいえる( *´艸`))

ラインナップを見てみましたが、
あーら、意外に観たことのない映像が多そう・・・
レッツゴーヤングなんて観たことがないほうが多いなあ。

考え方として、「番組まるごと1本を詰め合わせる」という方法もありやったとは思うけど、
他の人の肖像権的なものもあるでしょうしね、歌ばかりの詰め合わせ、でやったみたいですね。


なんてったって

沢田研二監修

ですからね、
そういう気持ちで見るともう感慨もひとしお・・・ウッウッ

ウソ泣きするにゃ


見たことがあるものも、キレイな画像で見れますし、
とにかくまだ3ヵ月先ではありますが、ひとあし早いクリスマスプレゼントということで捉えさせていただきます。


ここだけの話、NHKのよりもベストテンの集大成的なのがほしかったりするワタクシではありますが、

あれ、TBSも同じように出るかもって言ってなかったっけ???

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

5年ぶりにデザインを変えてみました

本当に本当にご無沙汰しております😅
しばらく放置も申し訳ないので(誰にw)
調べたら5年ぶりに、デザインをいじってみました。
そのきっかけは・・・とあるご連絡がありまして、いつかは分かりませんが紹介されるというので
トップバナーの絵がファン以外の人から見ると明らかにアヤシイ画像ですのでww
最近描いて我ながらお気に入りのダーリングに変えさせていただきました。
(しかし過去に描いた数々のが見たらオコの産物はどうしようもない・・・・)

私の方は仕事が減って収入も半減しwWEBデザインなんぞ勉強するべかー
ということで、40過ぎの手習いをはじめておりますが、まあこれも楽し。ということで🎵
やっぱりイラスト描いたり、デザインしたり、こういうほうが性に合ってるわーなんぞ思っているわけで、
この場を借りて宣伝なんてできたら良いなーなんて甘い夢を見ているわけですがw


そういうことはさておき、
「キネマの神様」の撮影が先日クランク・アップされたそうで、
もうそれだけで安心材料ですよ。
ファンにとりましたら、ちょい大げさですが生きる希望✨

こんな情報もどんどん書けるように、明るい未来になっていってほしいですね。

ではまた✋

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

今日は七夕

0707

ということで、かつての「ドリフ大爆笑」の"七夕コント"を参考に志村さんとジュリーの💓を描いてみましたw
そしてちょうど朝、雑誌に撮影がはじまったとの記事があると知りまして、早速確認。
雨だし出るのが面倒だと、ネットマガジンん登録して見ましたが、その後買いにいったので、お金無駄になっちゃいましたね😅
やっぱり写真誌やから、女性なんとかとかと違い、実物のほうが写りがエエですわw

撮影は7月くらいから始められるのかと想像しておりましたが、緊急事態宣言解除後(6月19日)すぐにはじまっていたんですね。
そして7月2日は、埼玉のとある映画館でのロケということで、その映画館から待機場所の旅館に戻る姿が。
(もう検索すれば一発で分かりましたが、とりあえずナイショということでw)

そこで📷されているという意識があったせいもあるのでしょうが、まったく無視して前を向く厳しい表情はジュリーそのもの。
脂っぽい食べ物やお酒を控えているそうです。きっと外食なんてまったくなされてないんでしょうね。
髪型も5月の半ばに撮られてしまった髪型を少しだけ短くした程度?もちろんお髭もバッチリで、自然体の風体で演じておられるみたいです。
「カメラの前で目を閉じ、意を決したように役に入る姿が印象的です。きっと志村さんと2人で演じているという気持ちなのでしょう」
きっとこの仕事を引き受けられて以来、ずっと志村さんのことが頭におありなんでしょうね。
そして志村さんも見守っておられるような、そんな気がします。

とにもかくにも、また緊急事態宣言が出て撮影中止とかならないように、このまま静かに撮影が終了されますことを願うばかりです。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

ジュリーお誕生日おめでとうございます!

0625

今年は記念にこんなポストカード風に作成。
「キネマの神様」なので、もう自体を神様にしてしまいましたww
(もうひとつのブログのほうでは真面目に描いておりますので、よろしければご覧ください)

72歳ですよ、72歳・・・年男・・・はやっ
60歳還暦の頃がつい先日のようです・・・
年男だぞー!とたくさん歌いたかったでしょう、ジュリーもファンの皆さんもたくさんワクワクしたかったでしょう
しかしそれはかなわない、ジュリーほどの規模のレベルでコンサートがいつできるようになるかは全くわからない
しかしそれを悲しんでばかりいてもいけない。現実は現実としてしっかりと受け止め、
生きおられるだけで大丈夫、また絶対逢える!
そうやって信じてジュリーの歌を聴きながら日々を過ごしていこうと思います。

皆さまも今年の夏は例年以上に暑くなるとのことですから、お体ご自愛下さって、ジュリーとともに健康でまいりましょう!

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

LINEスタンプ発売

こちらではご無沙汰しておりますw

どうなるかは分かりませんが、今のところは勤務先が6月末まで休みゆえ最近は絵ばっかり描いておりますが、
このたび約5年ぶりにLINEスタンプを作成いたしました~
タイトルは「Jネコの日常」

https://line.me/S/sticker/12087818

Photo_20200606122101

 

ご覧になっていただければわかるかと思いますが、はい、Jさんを(=^・^=)化して少々パロディも入っておりますw
「ぷに」もありがたいことに未だに使っていただいておりますが、〇〇モンに似ているのかw第4弾をあげようとした時承認されなかったので、作成を断念して今に至っております。
なので今回もリジェクト(この件でいえば、Jさんだろう!と推察されるかもしれない)の恐れもあったので😅
試しに・・・という部分もありました。この描写でOKならば、さらに作成してもっと楽しんでいただけるものが作れたらと思っております。

なので、購入関係なく
この曲のこの部分をパロッて作って~
というものがございましたら、コメントにてみなさんのアイデアをお待ちしております!

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

キネマの神様の主演に

朝7時ごろに目が覚めて、ネット見たら大変なことになっていました。

Eyfvayiu0ae6mhv

https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/



今日はちょうど志村けんさんの49日で、それに合わしての発表だったんでしょう。
お亡くなりになられ、私たちも喪失感が半端なかったですが、山田監督はじめ、最初はどうすればよいのかただただ茫然しかなかったはず・・・
しかし、志村さんの意志をしっかり引き継がないといけない、その白羽の矢に沢田研二さんを立ててくださった。
一見意外かもしれないが、実は一番の適役であると、特にジュリーファンなら納得がいくでしょう。
私もまだ混乱中ですが(笑)とっても嬉しいです。山田監督、ありがとうございます。

志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です。

ジュリーのお言葉です。 

こういう時代だからこそ、
ジュリーの力はより輝きを放つことでしょう。
それは誰よりも、LIVEを観て来たファンのみんなが知っていることだから。
こうやって書いていて涙が出てきました・・・

だから、みんな
今は苦しいかもしれないけれど、
これが公開される頃には元気で、笑顔で
またそれぞれが一回り大きくなった自分でいられるよう、
日々がんばりましょう!

| | コメント (3)

2020年4月28日 (火)

公演中止のお知らせ

皆さんが葉書が届いたの翌日にワタクシのところにも届きました。

0428

昨日は悲しいというよりもなんか受け止めきれずにボーッとしてたなあという感じで、
今日も実感がわかない感じ。
多分、世の中がどーなるかわからへん感じだから、その先が見えないイメージがわかないんやろね。
したがって、ジュリーのツアー中止ということも実感がいかない感じで。
きっと季節が進むにつれて虚しさが増すのではないかと思っています。

というわけで、こちらの方の更新はさらに少なくなるとは思いますが、
もうひとつのブログでは、それなりに記事は重ねていこうと思いますので、よろしければご覧くださいませ。
明るく行かねば!(*^^*)

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

二人のビッグショー視聴

というわけで、志村さんとのビッグショー。
この時間は笑って過ごさないとね(結局は志村さんの歌で泣いてしまいましたが😿)
Screenshot000
Screenshot001

普通は最初二人で出てくるところを志村さんだけ出て来てコケッとなりましたが、そのままコントやったんですね😅
というわけで付き人コント

Screenshot003

Screenshot004


やればできるww
Screenshot005


当時のバックバンド(カズさん下山さん依知川さんGRACEさん)をバックにキャッチボールコントも貴重
(カズさんの笑顔が眩しい)
Screenshot011
Screenshot010


「勝手にしやがれ」「サムライ」「ストリッパー」「あなたに今夜はワインをふりかけ」「あの日は雨」を歌唱

Screenshot006

志村さん出てきた途端歌が終わってしまうパターンねw

Screenshot007

Screenshot021


Screenshot018

Screenshot017

Screenshot043


カラスの勝手でしょ~とロックで歌うジュリーw

Screenshot019

カアアーーーッ!!

Screenshot028


ヘンなおじさんからの
Screenshot022
志村さんの「TOKIO」・・・やっぱりw
Screenshot023  


「東村山音頭」ひととおり歌って最後もう一度四丁目を全員で歌って🎵
Screenshot027

Screenshot026



いろいろ萌えるw「探検隊コント」

Screenshot034

Screenshot037
 
Screenshot038


志村さんの歌唱。やっぱり泣いてしまいました・・・
Screenshot041

最後は「婆様と爺様のセレナーデ」で
Screenshot046

Screenshot042

約20年前の楽しそうなお二人の姿を見ることができました。
こんなきれいな映像で見れることもなかなかないので満足!
放送していただきありがとうございました。

で、やっぱり思うこと


ジュリーに逢いたいよぉぉぉぉ!!!!

| | コメント (1)

«ふたりのビッグショー再放送