2017年4月24日 (月)

エクスキューズはしない

77年2月17日の「トップスターショー」
以前CSで再放送があったけれども、
ここで念願のきちんとした映像でこのお二人のツーショットを拝めることができました。

Wmplayer_20170424_174331442_2



ジュリーがデビュー以来、輝き続けていた姿を、
田宮さんは同郷の後輩として、嬉しく誇りに思っていたんじゃないかなあ?
そして、自分にない魅力を感じたり、ここだけの話歌唱力であったりcoldsweats01
羨ましい部分もあったんだろうと。

そんな中の膀胱事件からの謹慎は、田宮さんにとってもとても気にかけておられたに違いない。。



なのでここでツーショットになった途端w
もう一方的な田宮さんのラブアタックheart01を魅せつけられるちゅうww


もうこうやって対峙した途端、
catは強烈なheart02を感じたんやろww
その圧でテレとるしwwww

Wmplayer_20170424_180634914_3





改めて・・・今日はいろいろと話をしましょう


はい






Wmplayer_20170424_181454789


僕これからそうだな、自分の思っていることを全部話すしジュリーも僕の言ってることが違っていたら違うって言っていいし、ジュリーが思っていることを全部話してくれればいいんだけどな


はい



あの・・さっきも話に出たけれどもジュリーがたとえば・・この間ケンカしたんだっけ?



・・・・はい(笑)


駅員さん殴ったんだよね?



・・・・・




あれは駅に着いたら駅員さんが何か無礼なことを言ったんで、ジュリーが殴ったというふうに報道されている。それから汽車の中でお客様が無礼なことを言ったから殴ったということになっている。でも本当に殴ったの?





Wmplayer_20170424_182140177

まあ結果的にはそうですねえ



でもね、ジュリーね、人を殴るっていうことは今はちょっとマズイことなんだよね



・・・そうですね




殴ったっていいんだよ。殴るんだったら男同士さ「じゃやるか!」って言ってねとことんこん倒れるまでっていうやつか、ものすごい理由があって殴るかなんだよ。

でも僕はあれをね、ジュリーのこと心配だったからねいろいろ考えたの。雑誌も読んだりいろいろ新聞も読んだけれどもみんな分かってないと思うの。適当にみんな理解しているけれども、僕はこう思うんだな。

ジュリーは疲れてたんだと思うんだ。まず第一に。
それから、どこに行ってもジュリーは人に待たれてたんだな。で、駅に着いたら大勢の女の子がワーッと寄った。それが駅員さんの目にもしかしたら不愉快に映ったかもしれない。
ところがジュリーが持っている素敵なニュアンス。僕はあなたのことあることが好きだけど、



Wmplayer_20170424_182439056

例えばこんな服装、これ僕が着たって似合わないよな。



はい。似合いませんw


ジュリーしか似合わない。ハムレットできるよね?ジュリアン・ソレルできるよね?現代劇できるよね?それからけだるい男の味が出るよね?



・・・・


そういう人が、そういうことで謹慎処分をしたりされたり、それはつまらないと思う。でも僕はね、その時にもしジュリーが一生懸命やって仕事をやっているのにそれが相手に伝わっていないんだろうという哀しみが僕ら共通にあるの。




Wmplayer_20170424_182755177


表情からして、田宮さんの言うてはることに明らかに納得いってないcat


例えば会場でね、拍手をお客様みんなしてほしいと思ってねあの陰でADさんが一生懸命手を叩いて全部にこうやっているその努力なんて誰も気が付いていないわけテレビをみている方は。そういう方があるからお客様はパーッと拍手をするわけ。
それと同じように君の場合もどこ行っても我慢我慢我慢それがある時フッと無礼なこと言われて自分にもプライドがあるんだって殴ったんじゃないだろうか?







Wmplayer_20170424_183640101

いや、わりと正直に言いますと、僕はあんまり我慢できない性質だから、その言うときは「てめぇ何言ってんだバカヤロウ」ってことも言うし「バカヤロウ」っていうのは常々だし、その次の段階としてあの時には手が出てしまったということなんだけども、別に僕は疲れていたとかそういうことを理由にはしたくはないし。

Wmplayer_20170424_183903789

ひとことで言っちゃえば、僕の口から言うのは不謹慎かもしれないけれどもあんなことはとるにたらないことだと思う。まぁそれは僕がこれから仕事を一生懸命にやると。そんなことを忘れて、みんなに忘れてもらうだけの仕事を僕がするという前提のもとに言うんですけども、理由がどうあれ、根拠がどうあれ、正しいか正しくないかそれはどうあれ、やっぱり自分が巻き起こしたことっていうのは責任を取らないといけない。だから自分としてはできる範囲のことで大したことはやれなかったけれども、一応謹慎をするとか、賞関係などを辞退させていただくと。
ただ僕がこれでくじけてしまったら今までいろんなことを心配してくれた人、また面白おかしく言った人たちだって「ほらざまあみろ」と。また応援してくれた人は「ああやっぱりね」とそう僕は思われたくないし、やっぱりこれはいくら大変ありがたいことなんですけども、田宮さんとかファンの人たちやいろんな人たちが僕を心配してくれるということはまずいらないことだと思います。これは僕自身の問題じゃないかと思う。だから僕自身が僕自身で解決しなければならない問題だと思うんです。些細なことでもこういう具合に大変大きな話題になったっていうか騒がせるという結果になるということはやっぱり自分自身で責任を取らなきゃいかんと僕は思います。だからそのためにもこれからこそ頑張って、一生懸命仕事をしなきゃ。まあ「ざまあみろ」といつか言いたいなと思いますけど(笑)




Wmplayer_20170424_184217313

ずいぶんよく喋るね


www



でも素敵だったheart01実は僕はねいい加減にあなたのことを僕は弁護する気なんて毛頭ない。ただなんで殴るんだったらもっと殴ってやらないかというのは、男が怒る時には一回でたくさんだよ。しかもそんなことで怒ったり殴ったりしちゃだめ。その時は全部辞める時にやればいい。でもそれをやってはだめなんだ。男は我慢。
ひとつだけ感心することはあなたはエクスキューズを一切しないで沈黙を守ったことだ。英明さんがさっき言われた五社協定の時に、僕は毎日殺し屋に狙われた。毎日生命の危険があった。毎日黒い服を着た人たちが僕の周りで隙を狙っていた。だけど僕はそれですら沈黙を守った。その沈黙を守ったところが、そこが男の生き方だし、自分だけのことだと言ったことが
僕はとても好きだなheart02

Wmplayer_20170424_184601729

せっかく愛の告白してはるのにふてくされとったらアカンやんsweat01




Wmplayer_20170424_184755910


それからそういう色目で世間の人が見てあなたの持っているせっかくのエンターテイナーとしての味が色眼鏡で見られちゃあ僕は残念だ。


今日はもっと話したかったけど

Wmplayer_20170424_184808031



(急に田宮さんから手を握りしめられて握手されたもんやから、若干同様しとるcat
がんばります(笑)




ここでチャンスheart01とばかりなかなかcatの手を離さない田宮さんww
もうこっちまでテレてまうし(*´ェ`*)

Wmplayer_20170424_185118525


もっと話したいねえ、でも時間てねえ、すぐたっちゃうんだよな。
だから今度またゆっくり話そうな


Wmplayer_20170424_185540103
いつもキチッとしてはる田宮さんがここまで姿勢を崩すheart01のは珍しいし珍しいし(´ω`*)


はい

 

その時は時間をかけよう

Wmplayer_20170424_185739750


この歌好きやなあheart04





ちょうどこの頃田宮さんは「白い秘密」っていうドラマで主演してはって、
その中で自分が責められていても決してエクスキューズ(言い訳)をしない姿。そんな姿を他の登場人物が褒めているシーンがあったり、私も見習わないといけないし、カッコええなあと思ったりしたけれども。
田宮さんが言うとおり、ジュリーも当時決して疲れていたから、とかどうたらこうたらという言い訳はしなかったもんね。そういう性格は昔も今も変わってないと思う。


画面上では、若干ふてくされとる系のcatやけれども、漫談ショーで田宮さんの話題を出した時に、音楽番組とかでお会いした時に言われる言葉がとても好きだったとおっしゃられています。
だから、この時の話もどこか頭の片隅に残っておられるのかなあ・・・なんて。


貴重な映像、ありがとうございますhappy01


| | コメント (1)

2017年4月21日 (金)

同窓生対談

今日ふとジブンの過去のブログを読んでいると2014年5月10日の大阪漫談で、catが少し田宮さんのことについてお話しされていたことがあったんやけど、そうそう、対談のことも話していたなあと。

多分この時のやね。

私はcatの雑誌記事に関してはとっても膨大になるので、集めたりはせずに先輩ファンの皆様が出していただいた記事を保存させてもろて、ジブンで作っているcat史の中に入れ込ませてもろてるんやけど、田宮さんに熱心やった頃はwオークションで関連の雑誌は集めていて、引っ越しするたびに多すぎて持っていけれへんからw今は実家に置いてあって(厳重に包装はしとるけどカビ生えてるかもしれない><)代わりにデジカメとか画像だけとっておいて、記事は書き起こして、みたいに保存しとるんやけど。
これはそういう中でオークションで落としたもの。









Logo

Logo2

同じ校舎で勉強した同窓生というのはいつ会ってもなつかしいもの。田宮さんとジュリーも、京都の名門、鴨沂高校の同窓生なんだ。キミ知ってた?

1_2

空手とバスケットの対決!

  ――場所は、NETテレビ局のそば・・・・。
 二人とも、仕事があとにひかえた忙しい対談だ――。

ジュリー 田宮さんは鴨沂を何年に卒業したんですか?

田宮 ぼくが卒業したとき、君は二年生だったろう。(笑)

ジュリー それじゃあ、虫がよすぎますよ。(笑)

田宮 正直にいうと三十年卒。君は何期生だい?

ジュリー ぼくは中退なんですよ、優等生と劣等生の顔合わせ。(笑)

田宮 芸能界にも、鴨沂の同窓生が意外といるんだねえ。

ジュリー 山本富士子さん、団令子さん・・・・。ぼくは末席をけがすふつつかもの。(笑)

田宮 沢田くんは学生時代はモテたろうねえ。

ジュリー 田宮さんほどじゃないですよ。(笑)伝説ですよ、田宮さんがモテた話は。

田宮 ぼくはバスケット部に籍をおいていたんだが、スポーツはなんでも強かったよね、あの学校は。

ジュリー 水球は国体の常連だったし。ぼくは空手をやりましたが、あまり部員はいませんでした。みんな女のコにモテるスポーツばかりやるから。(笑)

田宮 ぼくがいたころはそんな部なかったぞ。

ジュリーのハートに挑戦!

田宮 このまえ『ハーイ!ロンドン』みたよ。なかなかよかったじゃないか。2

ジュリー ありがとうございます。そういえば、田宮さんは、もう映画には出られないんですか?

田宮 いろいろありましてね。(笑)日本の映画界ではちょっと無理かもしれないな。

ジュリー でも外国との合作映画の話が、たくさんあるとききましたけど。

田宮 ウン。でも、外国では一度クランクインすると、六ヵ月はむこうにいったきりになってしまうからねえ。かわいい息子にもあえなくなるし。

ジュリー “かわいい奥さん”にじゃないんですか?(笑)ところで、『タイム・ショック』おもしろいですねえ。

田宮 こんどタイガース全員で、挑戦してみないか?

ジュリー ええ。でも答えられなくて、椅子がグルグルまわるのは、ショックですからねえ。(笑)

田宮 あなたのハートに挑戦しますハート・ショックだ!(笑)でも、沢田くんがショツクだと、沢田ファンに相当な大ショックをあたえる。これはやめたほうがいいかな。(笑)

(平凡69年10月号)

漫談ショーで、多分この時の話が出た時、catは田宮さんが「悪名」をやっていた頃、とか言うてたと思うけれども、この頃は前年に大映の上層部とモメて退社を余儀なくされ、その影響でどの映画会社にも出られなかった厳しい頃で。だから「いろいろありましてね」とcoldsweats01



でも、田宮さん「ハーイ!ロンドン」観てどう思ったんやろcoldsweats01
僕ならこうやって撮るのに・・・とか観ながらプランしてそうw

catも鴨沂の後輩ということに対しては今でもそうだろうけど、卒業したわけではないから複雑やろね。漫談ショーでもいまだに「同窓会来てくれだす~heart01」という誘いに対して応じたことない言うてたからw

| | コメント (2)

2017年4月20日 (木)

全然やすらげないしw

2

たまには昼寝もせんとアカンと思うけど、
今にも椅子からズリ落ちそうな状態やと、やすらいでへんやろww



ワタクシめは、普段は朝夜の仕事をしているので、
帯ドラマは見ないようにしているんやけど、
最近はじまった「やすらぎの郷」が異様に面白いのでw
ちょうど昼寝の時間なんやけれども、昼寝している場合は、一日遅れであがるネットで見たりしております。


なんちゅうか、最近のドラマは
展開が早くってついていけないの。
ワタクシ、そういう感覚は完全に老人世代ww


だから、ちょうど画面に出てくる俳優さんて、
小さい頃から慣れ親しんでいる方々ばかりだし、
スローペースながらも、これでもかっちゅうストーリーの展開が展開(ぶっちゃけすぎ多数ww)なので、入り込む・・・というより、半ば感心しながら観ている感じやね。


とにかく、やすらぎを求めて施設に入った主役の兵ちゃんがタイトルに反して入所後全然やすらいでいないのがツボですわヒヒヒpig

ホンマはサリーさんにも出てもらいたいけれども、
〇本さん的に言えば、「今の人」なのかもしれないなあ、
今旬のテレビドラマで活躍してはるさかい。。
ワタクシ的には藤さんが「寡黙な任侠スター」ちゅう設定らしいのでw早く出てきてほしいけど、、


ジブンが小さい頃観ていたあの頃は皆さん40代とか50代やったんやけどなあ、
もう70代とか80代やからなあ。。
ホンマ時が過ぎるのは早いですわ><



| | コメント (2)

2017年4月17日 (月)

「大悪名」を前に

ここ数日、世界情勢的にどこか緊張感が、
ひとりでびくびくしとるだけなのかもしれないけどcoldsweats01
でも、そんな時にまず考えてしまうことは、せっかくの50周年の企画がパーになってしまうやん。そんなの絶対アカンアカンsweat01って、
ジブンの命がどうたらこうたら以前に考えてしまうわけ。
もちろんまだまだ気は許されないけれども、
戦闘ではなく対話の方向に向かってほしいと切に願っております。

デビュー以来、ジュリーが役者として「演じる」ということの集大成として選んだ
「悪名」
今回は、「大悪名」という全くのオリジナルの脚本だけれども、
運命というか縁がつながってつながって今に至っているんだなあと、
ワタクシなりに勝手に思っておりますので、
そういう思いを記念として書いておこうと思います。

まずは、初演(2014年)当時のインタビュー記事

201404092

別の記事には

「子供の頃、勝さんの演じる朝吉を見て憧れた記憶がある」と。

まさか若い頃から、朝吉をいつかは演じたい、とは思ってなかったとは思うけれども、
私がファンになった当時かなあ、
2007年頃のトークショーだと思うけれども、
「悪名」の映画化の話があると。
そんなことを言っていたという記憶があって、
きっと予算とかの関係でポシャったんやと思うけど、
その頃からじゃあ自分のところで演ってみたいと思われたんやないやろか?

画像記事の中のジュリーのコメントで
「人を殺したり、血が出たりするのはいやなんですよ」とあるけれども、
「悪名」はシリーズ全体、まず朝吉と清次がピストルやドスを使って人を殺しているシーンはほとんどなく、(一部あった作品があったかもしれませんが)、基本はゲンコツだけにもかかわらずなぜか異様に強くってw敵を成敗して終わりというスタイルでした。

私も最初はこのシリーズ、ヤクザものということで抵抗はあったけれども、きっとこういう無慈悲な殺人をしないという内容で、気持ちよく観れたのかもしれません。だから、東映のヤクザものは苦手でほとんど観たことがないなあ。




ま、ここでぶっちゃけると、
私はジュリーのファンになる前、
田宮二郎さんに興味を持っていた時期があって、
そういう中で「悪名」の全シリーズを持っていたり、当時のエピソードを知っていたりするんやけどw

改めて、「悪名」のDVDで当作品の監督である田中徳三監督のエピソードを聞きなおしたりしてみて。

というのは、副音声機能があって、田中監督とインタビューアのやりとりが映画を観ながら聞けるんですよね。


「悪名」ウィキには、田中監督の実兄が連載していた「週刊朝日」の編集長だったから・・っみたいになっているけれども、これは単に偶然だったようで、やりとりからまとめると。

撮られるきっかけは?

当時大映で契約している専属監督で、自ら出した企画ではなく、会社のほうから「次これやれ」と言われてやることになった。田中監督自身も、当時『週刊朝日』で連載していたものを飛び飛びで読んでいた程度。勝さんも原作は読んでいないと思う。

当時の週刊朝日の編集長が(田中監督の)お兄さんで、それとは関係あるのか?

(原作者の)今東光さんに『悪名』を撮る時に撮影所で会った。その時、今さん曰く「この『悪名』という小説を書かせたのはお前の兄貴だ」 そんなことはその時初めて聞いた。「それどういうことなんですか?」と聞いたら、ある時今さんが兄に会った時に、「今さん何か一本『週刊朝日』に書いてくれ」と言われて「よっしゃ、そんなら何か一本書くわ」と言って書いたのがこの『悪名』だった。
 又、これも今さんから初めて聞かされたことだが、連載がはじまって、当時硬派な『週刊朝日』としては、内容からして猥雑性が高いものであったことから、こんなものを載せるとは何事かと投書がたくさん来た。あまりにも投書がたくさん来てしまったため、連載を続けるのかどうか編集会議が持たれたが、「これはこれから面白くなる」と兄が強引にw連載を続けさせた。
「これを書かせたのはお前の兄貴で、これを弟が撮るというのは何か因縁があるんだな」と。僕は兄貴から全然こんな話は聞いていなかった。今さんにしても、河内をテーマにした作品は他にも書いておられるが、この作品は代表作だと思う。



ということで、もしかしたら、大映の上層部が田中の兄が編集長をやっているところだから、ということで企画を大映のものにしたのかもしれないけれども、監督や勝さんにしてみたら、サラリーマンと同じで、上から「お前次これやれ」と言われてやった。という流れだったみたいですね。


勝さんも、もちろんちゃきちゃきの江戸っ子やから、関西弁のセリフを覚えるにあたり、俳優部にいた、河内出身の役者さんがマンツーマンでついてもらってこなしたそう。
普通なら、東京の人が関西弁の役をしてしまうとどうしても不自然さが出てしまうんやけどcoldsweats01勝さんならなんかごまかしが利くというか、よく聞くと・・レレ??的に受け止めなくもないけれどもwもうそれが許されてしまうというか、そういうもんやなと思ってまうという魅力があります。


勝さんにとってもこの作品が当たったことにより、スターとしての地位を築いたターニングポイント的な作品で、きっと当時中学生くらいやったジュリーが映画館で観てたんかなあと。


田宮さんにしても、この作品の少し前に『女の勲章』という映画で注目され、田中監督もこれを観ての強烈な関西弁の印象が頭にあって、田宮さんを貞に使ってみたいと思われたんやけど、その後来る仕事が主役の二番煎じ的な役ばかりで、実は田宮さん、もう役者を辞めて他の仕事に就きたいと思っていた。だから、田中監督から、お声がかかった時、すぐには京都に行かず(おそらくかなりお考えになられたのでしょう)、クランクイン5日前くらいにやっと京都に来てしかも「電話では失礼だと思い直接会ってお断りしようとして来た」と。

慌てた田中監督coldsweats01一晩かけてなんとか田宮さんを説得して、映画出演にこぎつけた・・・というエピソードもあります。


なので、勝さんにとっても田宮さんにとっても自らがスターの地位を確立するきっかけになった作品、そして育った地域的にも田宮さんとジュリーはつながりがあり(田宮さんは高校途中まで岡崎中学の側に家がありました)おふたりのファンとして私は14年の初演当時から感慨深いものがありましたweep

そんな作品を生涯おそらく最後になるであろう舞台にしてもらってありがとう、ジュリーhappy01

| | コメント (2)

2017年4月14日 (金)

アカンww

て、グレ姐さんがFBで悶えとったさかいww
もちろんグレ姐さんお脳内では瞬間cat妄想しただすやろ、妄想しただすやろ( *´艸`)

Sisyo


Sisyo2

ソックリwww

FB見れる方はこちらどーぞ

https://www.facebook.com/nature.dews/videos/1127598654035812/






青空の中、念願の桜も撮れてcherryblossom

Image_2

こうやって日々何気ない日常が続くことを

ホンママジで有事はやめてほしい・・

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

ヅラじゃだめなんですか?

Photo


某加納さんのwつぶやきによると、昨日は「鬘(かつら)合わせ」やったようで


か、、かつら???


とメチャ違和感のワタクシvirgo




だって、そりゃ全く設定は分からへんで、
でもひとつ言えることは、時代は昭和50年代から60年代やろ?

ちゅうことは、
出演者さんたちもんな、鬘被るような姿か???っていうね。
(そらま、仁義なき戦いみたくメチャ剃り込み!!!やったら別やけどww)



だから、これは


まさか・・


まさか・・・の




みんな坊主的な?????






朝吉は長年の刑期を終えて出所し、
かねてから志願していた仏門に身を入ることとなり、
身を清め、剃髪もし、晩年は仏の道に専心することにした。


舞台は大阪のとある山奥にひっそりと佇む某寺

そこで繰り広げられる僧侶たちと、
その寺の麓近辺に住む民との色恋溢れるheart04人情模様・・・




アカン・・・ヘンな妄想がぁぁぁぁ









ストーリーはどうであれ、
みんなのヅラ姿に心を動かしてくれたらエエんやけど、
ヅラなんてそら、つける時はちと手間やろけど、
取るのは一瞬やから
ズボッて取ってすぐに帰れるやろ

絶対届かないw
この場からの

ヅラでエエやん


のススメ|ω・)

| | コメント (2)

2017年4月 9日 (日)

桜も盛り




Img_7921_2



今日はロームあたりにまいりましたが、フライヤーは残念ながらなかったっす





振り込め作業も無事に作業完了してw
他のことに関しては、わりとケチな性質やけれども、

catに関しては金額ホンマ気にせーへんから、ジブンw
残額見て、あっ、以外と食わなかったな的なもうどんぶり勘定で
いつもそうやけれども、ツアーにどんだけかかったとかまったく計算しておりませんww




あとは、大悪名の楽がホンマ当たってるのか、待つばかりやねcoldsweats01

Img_7936_2


京都市内の桜は今日が一番の盛りやないでしょうか?
去年は中国人がとっても多い印象があったけれども、
今年は西洋人が多い印象。

団体のバスで移動される姿も目立ちます。



桜を観る、みんなのシアワセそうな顔がエエですねhappy01
最近特にキナクサクなっておりますので、
こういう日常が当たり前に続きますようにとふと思うのです・・・

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

It's so cool !!

お天気は悪いですが、京都の桜はこの土日から来週までが一番エエ頃やろうねcherryblossom
ワタクシも休みの合間にちょこちょこお出かけして写真を撮りまくっておりますw


さて
各地のイベンターさんのフライヤーがアップされてきておりますが、
ロームやならを手掛けてくださるotonowaさんのつい最近まで見れなかったcatのフライヤーが見ることができるようになっとって

Image1


So Cool!!やね!!



明後日の午後は休みをとっているさかい、
ローム近辺に行けたらフライヤーあるかどうか見に行ってみたいと思います

| | コメント (2)

気になって気になって

Photo_2

catの頭を綺麗に剃るべく、日々切れ味に磨きをかけるぷにww




ホンマ、いつ剃るんやろ
(そればっかり気がかりでvirgo

後半の請求も届き・・・
約一週間で振り込めちゅうw
行先は全部を知った時に2日くらい唸って考えたから、あとは書きこむだけやけど、
三田が第二希望書けとなshock

他は広いからどうにでもなりそうやけど、
ここ抽選で落ちたらキツいなあ。。とか思いながら


あっ、他の地方の方はきっと三田を(みた)と読みがちやけれども
さんだ、やからさんだ

ちなみに、ワタクシ生まれが宝塚でして、
当時父親が三田にある会社に通勤してたっけ

どうでもエエってsweat01



NHK、と町田の落選ハガキも届いているようです。
町田は行きたいと思ったけれども、他の日程のバランス上、申し込みませんでした。


じゃ、NHKはあと数日したら来るかもしれへんのか?

いやいやなんかジブンが作業しているわけではないけど、忙しい気がしてきたし



6日の千住の新幹線予約して、ああもうあと1カ月やん!


| | コメント (3)

2017年4月 4日 (火)

ふりかえり月間3

今日でcatに出逢ってから10年

すべては2008年に遭った逢ったことからだと思っているから、
ふりかえりもこれで〆にするけど


自分の事故のことを

2008年のツアーもはじまり、9月にSONGSが2週にわたって放送された後の9月26日。
当時車で近くに住むパートさんを迎えに行ったんやけど、
踏切のない線路に列車が来ているのにもかかわらず侵入してしまって、その線路向こうにいたパートさんの目の前で車ごと吹っ飛ばされてもたちゅう・・・
(後で現場検証した結果20m飛ばされていたそうです)

私の脳裏には目の前で慌てているパートさんの姿とすぐ横に列車の正面があった瞬間で記憶がなくなっております。


車内で目が醒めてどうやって外に出たか覚えていないし、
目の横を切って血が出たくらいは不調に感じるところがなく。
頭を打っているかもということで、救急車で病院に搬送されて・・・


とにかく、自分のことより大勢の人々にご迷惑をかけてしまったことが何より申し訳なく。
ベッドに横たわりながら悶々としておりました。


ここでいろんな「奇跡」が起きていて今自分はこうして元気で生きていると思うけれど



・線路と県道が平行して走っていて、飛ばされた先が県道であれば、確実に通っている車と接触していた
おそらく車は最初県道方向に飛ばされたんだけれども、目の前の電柱か柱かにぶつかって線路脇に落下した(現場検証より)



・事故時に飛んだ破片で走行していた車がいて傷がついたけれども、運転手さんに怪我はなし。列車の方にも車体以外、お客さんにはケガ人なし



・車も原型をとどめてないほど潰れ、死んでもおかしくない事故で、CTを撮った結果、「外傷性くも膜下出血」と診断されたが、その後後遺症はなし。ケガも右目横を数針縫った程度だった

・勤務中にパートさんを迎えに行ったということで、治療にかかった費用がすべてが「労災」扱いになった


・保険会社から保険金を受け取ったが、頭など障害が残る可能性のあるケガを負った時には通常以上にもらえる様になっていて、その額が偶然にも自分が新車を購入した費用とほぼ同額だった。


なので、日頃大事にしていた車も命を落としてまで自分を護ってくれたんだと思っている。

もちろん犯してしまったことは大きいけれども、何か大きな力で護られていたのかなあと。そんな出来事

私にとっては人生のターニングポイント・・・
あの時があって、「今はおまけの人生」という気持ちで、ある種達観して生きていられるから。

そして、そういう時にもちゃんとジュリーが支えになってくれたから。。


そして10月16日。
事故後初めてのLIVEで倉敷へ
右目横はもう取ってもいいんだけれどもなんだか不安でガーゼを張り付けた状態で行ったっけ。


その時、7列から観た「君をのせて」が忘れられない
途中、自分を見ながら歌ってくれている???と思う時があって、
本当に生きていて良かったと思ったこと。。





そして、12月3日
こうやって生きて、「ジュリー祭り」に行くことができて。
J友さんに取っていただいた席は端ではあったけれどもアリーナの一番前の席で、
たまにサイドに来て歌うジュリーを目にして感無量・・・




もう何から何まで「奇跡」という言葉で表現しても過言ではない、

2008年は、本当にジュリーにとっても、私にとっても
忘れられない年になりました。




そうやって、もうこの人は恩人や!と思って
ずーっと一日とも想い忘れることなく生きているから、
今があるのかな?




もうすぐ後半の振り込み用紙もくるし、
また明るいモードに戻って、
つらつら書いていけたらと思います。

| | コメント (10)

«マルガリータまで何分?